つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

NYC

December 01, 2016

師走朔日

BlogPaint

NYで湧いていた

ほぼひと月前...10月の望みと

ほぼ1年前...1月の望みが・・・

芽を出して、


BlogPaint

次の春....3月までに

花を咲かせます.....ように。


2016年師走朔日






*************写真転載、及、複製(コピー)は固くおことわり申し上げます。**************


mak5 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 03, 2015

Scenary art..pop

なんとなく居心地が良い.......決して趣味ではないけれど。

Fort Green....

今回の滞在地の印象である。

これまで、この街での滞在地はマンハッタンの中心部。

これぞNYC本家本元の街、
のイメージとは異なる空気のあるブルックリンのこのエリアには

ビルの、アパートの、建設中の建物の壁に、ちょっとした看板に、
ポップアートがあふれていた。
鮮やかな色使いとちょっとした遊び心があるイラストに。


150628_151257 ...@ Park Slope


さすがに画家&ミュージシャンであるバスキアが生まれ育った街である。

名も知らない芸術家達の作品は、グリーンポイントという屋外美術館の
展示作品のようであり、バスキア作品を彷彿させる。


好きだから描いている、わたしにとっての想いの表現方法だから描いている....

アメリカンドリームを狙って...の印象はない。
ただ描きたいから描いて、それで生きている..

という描き手達がNY中に自然に集まり、そここに居る、という感じである。



image image



















image

なにをかいわんや・・・^^;;。



image...@ Chelcee




広告用のフラッグは以外とシックなまとまり。
街の色と調和しながら、一方で、きちんと自己主張つまり宣伝しているデザイン。

image



image...@ Williamsburg



image ...@ Tibeca



はじけるも、大人しいも、どちらもNYCらしい
街を彩るアート達。

”意外にシックなおしゃれ”な雰囲気とセンスは趣味だな....

この街を好きな理由のひとつ同様に。


さて...この数日後
Yoko Onoさんの作品に触れるチャンスがやってきたのです。
すべては予兆と次の現実につながっている。。


あ、これは
うちのご近所の駅にて。

映画ポスターとはいえ
こんな遊び心...も
好きだな....IMG_0462

mak5 at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 21, 2015

Sceanary ... full of nature.


”呼吸しやすい街だ”.....

なぜこの街を選ぶのか、訪れるのか?

ふと問われた質問への、ふと口に出た答えでした。


tree 1

日本の初夏のような陽気のもとで

実る樹もあれば....



tree 2




tree3

花咲きだす木々もあり。。。



tree 4

じっとそこに佇みたくなる

ほのかに香る花咲くものもあり。。。



collage


にぎやかな通り沿い(avenue)に垂直に配置するストリート沿いにならぶ住宅群、

小さな公園にも大きな公園にも水辺にも。。。。。

無数に生きている緑達。。。。



みずき



あたりまえの緑は、24時間軽い喧騒に包まれるこの街に

光合成効果をもたらしているのかも。。。。

気分落ち着く高さの天井をもつ建築物に囲まれて
見上げるほどの緑に気分もすきっとさせられるのかも・・・



なんてどれもあとづけの理由。。。。

IMG_0651



「....なんだか呼吸しやすいのよね。。。」

まだ深くは知らない街だけれどそう思う。

目に青葉、豊潤な自然と無数の民族達のエネルギーが集まる街に・・・・



さて、あなたの「呼吸しやすい場所」はどこですか?

母国以外にもそんなめぐり合いがあるかもよ。。。



(NYC旅編。。。。続く)



mak5 at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 08, 2015

Scenary #10 ... wish

つれづれなるままにのNYC、最終日も徒然に時を過ごす。

が、気になっていたベーカリーに出掛ける。

地図で場所を調べたところ、googleにしてやられた模様。

しばし行っては戻りとさ迷い、いつものように道を尋ねつつ

勘に頼ってようやく辿り着く。


FullSizeRender1



名前の通りで見つけるには少し難しい…ARCADE bakery。

ビルの1階のアーケードにつましく店を構えている。

ランチタイムの時間にやっと到着。

うわさ通りに人が絶えない店先は、ほど良い間隔でさざ波が立つように集まる人。



IMG_0658


迷いつつ食欲が求めるがままの甘いパンを選ぶ。

北欧出身のオーナーの柔らかなイントネーションにほっとする。

スムースにやり取りしてちょっとまた良い気分のところで一口。


ふむ、美味い!

細やかさのある甘さは、日本人の味覚によく合うかもしれない。

レトロ×メルヘンチックな色彩のテイクアウト用袋にも心はくすぐられ

...............再訪決まり!




気の向くままに北上、賑わう五番街へ。THE Manhattanの中を闊歩しながら、

此処に居る事が自然な感覚。錯覚なのか、妄想なのかそれとも願望なのか。


IMG_0683




天気予報通りに起こった俄雨の雨宿りをする間、NY滞在最後の場所として、こころの指令に従う。

向かうのはBrooklyn bridge。

すっきりと晴れるのは昼間だけが夏場の特徴。、と観たNew Yorkらしい夕宵の空の締め。

FullSizeRender


そういえば、日本では今宵は七夕。

まだ明るい薄曇りの宵に願う、イーストリバー上の空中で.....

”see you soon!, and let me live here...."



FullSizeRender



..... as one of my hometwon.






****
 暮らす人々を観ていると、一見なんでもありの無秩序にも見える中にある
 気遣いや弱さや繊細さが、この街の多様性を創り出し、古き良き米国のイメージそのままに
 暮らさなくても良いというその魅力を創り出している気がした、あらためて。
 だからこの街を好きと思っていたのかもしれない、と再度確認。
 
 まだまだ続く、NYCの旅のお話。。。。。^^)


mak5 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 03, 2015

Scenary #6... Space

ちょっと時空を超える場所にエクスカーション。


image


Woman in the Moon....




image






image image















時間は遡る、けれど、永遠の意識に触れる。

それぞれの国のインディアン、アブオリジナル達の歴史をじっくり観ながら、魂に触れながら。



image


image



遡り過ぎ?! image











楽しみにしていたRose center for earth ad spaceのプラネタリウムは、
ブラックホールの謎に迫る洗練された映像とナレーション。

ふーむ。仕事目線でみるとはなんとも勿体無かったかも。
エンタメの性格が強い英語MC の参考になりました!

公も私も、私に帰る空間、アメリカ自然史博物館。。。。長居しましたが、次なる空間に移動するエネルギーを補給。

そこでは想像外に、Japanと出逢うことになっていたのです。
それはまたのちほど。



❇︎上野の国立博物館の英語音声ガイドを利用された方はおいででしょうか?音声と翻訳のチェック担当は私でございます。。。





mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)