つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

講演

November 18, 2016

大切なこと。。。防災講演より


さわやかな日でした。

よく晴れた秋日和の空のもと、
茨城県ひたちなか市にて開催された防災講演・講和のいくつかのシーンをどうぞ。

BlogPaint
「シンプルに知る,シンプルに守る〜天気&地震の基本と自他を守る防災〜」
@ひたちなか市防災講演(主催:ひたちなか市防火安全協会、共催:東海村危険別安全協会)



時には、笑いも・・・


BlogPaint



BlogPaint



”毎日テレビやラジオで天気予報をお伝えして....

そうしている内に20年ほど気象業務にかかわるようになり、

その間に大災害にも遭遇し.....



気象業務にかかわっていますとどうしても大災害に目がいってしまいますし、

濃度高い情報ですとか学術的な知識がどんどん蓄積されていて、

難しい話ばかりに目がいってしまいます。


.....それよりも大災害に繋がる前の本当に簡単な天気予報ですとか、

気象とか地震について基本中の基本の知識を皆さんに持って頂き、

それを活用していただくのが一番ではないか


と思っています。。。。”



聴講頂いた自主防災組織、消防隊員、自衛隊員、その他
日常的に自主防災活動に関心の高い方々、
そして、主催・共催のひたちなか市ひたちなか市防火安全協会、東海村危険別安全協会
の関係者のみなさま、

天の気を司る、それを伝える者の1人として、

シンプルに、私の核にある一番大切なことを

お話させていただいたことに深く感謝します。


20161018 01 (1)市長

締めは、ひたちなか市長はじめ関係者のみなさまと。



2016年10月18日晴天の日にて


***********

  気象業務、そして、しゃべり手としての役目を授かって以来、
  大切にしてきたこと、携わるほどに深まっているこの想いに
  興味をお持ち頂いた、共感するものがある....ともにこの大切なことを
  お伝えできればと思っています。



講演のご依頼(実績)
詳細とお問い合わせは→こちらへqo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960
 





mak5 at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 17, 2014

きりたんぽ発祥の地にて..... 講演

P7100015

 台風の湿った空気に煽られて降る

 つゆの大雨の日。

 秋田県鹿角市にある十和田小学校に、

 まさに「大雨」そして、「雷、竜巻」

 についての防災講演で

 お邪魔しました。



 ご参加の年齢層は6歳〜40代と幅広いだけに、大人対象の講演では味わえない、

 ちょっとした緊張と高揚感を覚えます。

 始まりは、天気予報番組ライブ、そして、途中もワークを幾つも入れつつの

 パフォーマンス形式の1時間はあっと言う間に流れます。



 BlogPaintそんな中でも天気急変災害の対策の基本のキは、

 児童の頭の中にしっかり残ることが出来た様子。

 児童代表者のお礼の言葉から、

 確かな知識の吸収が伺え、感動するほどでした。


 訪問した地域は、昨夏の集中豪雨による浸水被害に

 見舞われた場所。

 当日は、講演中の雨の降り方、近隣の河川の増水の状況を気にしつつの時間でしたが、

 何事もなく無事終了。帰路は危険水位到達による列車の運行休止という交通障害に

 遭遇したものの、この禍も転じてラッキー!と成すの締め。


 久しぶりの山々の中腹に霧たなびく緑深い時空に浸ったり、

 故郷弘前にほど近いことで、北東北同士のほっとする訛りに囲まれて過ごせたことで、

 心の中心に戻る”癒し”の時間にもなりました。


 梅雨蒸しの中にいつもよりひんやり感が強い陽気だったものの、

 心はじわり温まる一日。数日経ったいまもぬくもりの余韻を感じています。


 対応して下さった主催のPTAの役員の方々、学校の先生方のフランクさの中にある

 柔らかなお気使い、そして、会場で御会いした児童、親御さんのみなさまの言葉として

 聴こえた体温あふれる500名の拍手にあらためて感謝して.....


 どうもありがとうございました。




 (次回は...ご近所の重要文化財のココも訪問してみたく...)

 *写真撮影:鹿角市立十和田小学校

  記事:米代新報社

P7150040


 


 
 


 



mak5 at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 04, 2012

はじめまして・・

21
 はじめてかもしれません..

 講義風景の写真というものは。

 先月に講演した
「伊豆市商工会・気象防災講演」
 からの1枚です。

(元々被写体になるのは大の苦手、
 長らく人前で話す仕事をしながら
 仕事現場の写真も
 殆ど残していない・・^^;)



続きを読む

mak5 at 12:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

September 22, 2012

満ちる...秋旅 1

不思議なものです..

箱根の山を境にして

東西では「流れる時間」の速度が変わります。

ゆっくり....より西の東海地方に入った途端、

数ヶ月暮らした静岡時間を思い出しました。。。


DSCN4289 旅とはいえ、
  
 大切な仕事のため。

 満を持しての
 仕事の前に

 神前で手を合わせ

 気を整えます、

 招いて頂いた
 感謝とともに。



続きを読む

mak5 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 01, 2001

講演依頼

ひたちなか べすと  
  私達の生活にぴたりと寄り沿う.....
  
  気象情報はまさに”空気”のような情報です。

  一人ひとりの命、心と体、社会全体の
  あらゆる物事に影響する天気。
  
  その天気を切り口に、
  天気予報の使命の”防災”から生活・文化・
  環境・産業・ビジネス・科学技術等の
  広い分野、また、”話す・読む・書く”と
  マスメディアで培ったコミュニケーション
  について多様にお話します。



 *講演、セミナー実績  * 詳細はこちらへ→
 ・気象防災:ひたちなか市、中央電設、有機栽培の会、伊豆市商工会、
       港南台ロータリークラブなど
 ・地球温暖化講演:三原市公衆衛生協議会
 ・気象と健康:ワンズライフ(建設・安全衛生)、安藤ハザマ(建設・安全衛生)
 ・気象情報と美容:ライズ(職業訓練学校)
 ・小学校・理科授業:川崎市・横浜市(神奈川)、鹿角市(秋田)など 

<主な講演テーマ>
内容の詳細はこちらへ→

● 気象・防災
 「シンプルに知る、シンプルに守る」 - 生活・自他のため日々是防災(天気,地震津波)
 「”快適”に過ごすほど省エネに!」〜生活温度計を使って毎日CO2削減
 「防災・危機管理に伴う放送と責務」
 「熱中症予防」

● 経済・産業
 「ウェザーマーケティング 天候と産業の関連」- 気象情報を活かしたビジネス

● 心理、社会
 「空を読む、心を読む 」〜 気象キャスターから観える社会、人の心
 「観天望気、感天臨気(かんてんぼうき)」〜季節のうつろいを通して、感性を磨く

● コミュニケーション
 「伝える・伝わる話し方、その心 」〜TPOと言語を越えても伝わる言葉と心
 「自分の声を聴くワークショップ」 〜本来の自分の声で話す、気持ちを伝える

● 女性、教育
 「お天気お姉さんから気象予報士キャスターへ、そして、育成へ」
 〜女性が働くと言うこと、気象・専門職に就くひとりの女性としての半生〜




紹介したテーマ以外でもお気軽にお問い合わせください。団体・企業、教育機関、また、多様な業界業種、幅広い年齢層のニーズにお応えしつつ、全国でお伝えできる機会を頂戴できれば幸いです。

依頼メール

出演、司会、講演、執筆などのご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...




□■□■□■□■□□■□■□■□■□

本ブログサイトの画像、文章、その他のデータを作者の許可なく使用、複製、配布などをすることはできません。また、それらに関し無断で修正、変更、改変することを禁じます。All rights reserved@2003-2018 by miura mayumi

mak5 at 10:30|Permalink