つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

芸術

April 30, 2019

meet the Girl...myself



どれだけ好きなのだろう、いったい。

出会って以来心の中に住み込んでいる少女に会いに行った。


"meet the collection" at Yokohamaへ。



IMG_4125




なん年ぶりでの再会なのか....思い出せるような、思い出せないような。

出会いは2012年、ちょうど作品が生み出された年。場所はこの美術館だった。


奈良美智展『君や 僕に ちょっと似ている.』”


この眼差しと色彩が伝える雰囲気と感情が、記憶に残る幼い頃の自分の姿に重なった。

そして、今もなお、大人になった自分のキャラクターとも重なるからなのだろう。

愛おしさが湧いてやまない ” 春少女 (Spring Girl) ” by Nara Yoshitomo


離れがたい。

前髪ぱっつんにカットされていた幼女たる自分がそこにいるようで。


何度も正面から斜めから見つめて、立ち位置や距離で変わる表情や色彩の変化を

心もようの変化と照らしせ合わせながら好きのわけを確かめる。



IMG_4128




『meet the collection - アートと人と、美術館』

平成元年に開館した横浜美術館の30周年を記念する大コレクション展である。

幾度となく展示され愛され続ける所蔵品と現代の新たな才能であるアーティストらの作品とが

コラボされた空間には400点余りが展示され、

「LIFE:生命のいとなみ」「WORLD:世界のかたち」のテーマの下に全7章で構成されている。

テーマごとに変わる展示室の壁の色も居心地の良い空間を創造し、

作品達の魅力をさらに引き立てている。



もう一つ長居した作品と部屋は、メインに紅色と黄金色を配した「いのちの木 (the tree of life)」。



IMG_4096




展示室全体を一つの作品として創造した淺井裕介さんの世界は圧巻である。


巨大な”いのちの木”の枝に幹に、そして、木が植え込まれる大地たる床に散りばめられた

長谷川潔、シャガール、駒井哲郎等の油彩、版画、彫像が

一つ一つの身体と全く異なるそれぞれの個性を持ちながら息づいている。


じっと佇んでいると呼吸が深くなる。わたしのお気に入りの空間になる。



IMG_4098

IMG_4100 IMG_4104

IMG_4105 IMG_4108

IMG_4110



時代やジャンル、表現素材の異なる作品と向き合うのはいつも以上に身体エネルギーが消耗する。

半分ほど観賞するうちに疲れを感じて小休憩。

観終わった作品達から得た感動というエネルギーを身体用に変換して充電する。



IMG_4114



ピカソも許してくれるだろう。

作品に写り込む非常口サインは、写真撮影OKのご愛嬌。



IMG_4131




IMG_4133




IMG_4134




きっかけは ”少女”に会いたくてだったけれど、

30歳を迎えた美術館が持つ性格と個性にも会えた大所蔵品展"meet the collection"。

会えたものの中には、多種多様な表現と才能に触れるうちに見つける

自分の中にあるいくつものよく似た個性や感情もそこに有った、確かに。



”meet the collection”は”meet my own qualities”。


平成最後のうちにできた彼女との再会、そして、

自らという人を振り返るわが平成反省会の時空間にて。



IMG_4139





***
横浜美術館
『meet the collection ー アートと人と、美術館』
2019年4月13日(土)〜6月23日(日)

:サブタイトルは「アートと人と、美術館」。芸術品を通して作家と鑑賞者を結び、

 両者つまり万人にある個別の才能を引き出し結ぶ空間としての美術館....
 タイトルからはそれぞれの翻訳が生まれることでしょう。
 いくつかある私なりの翻訳のひとつです。










mak5 at 12:42|PermalinkComments(0)

April 26, 2019

春花

IMG_4128



ぱらぱらと

春雨

降っては止む日に

会いに行く...

春色の

風景に

佇む

少女に

会いに行く...

灰色の

空と空気に

負けそうな

こころ、

ほんのり紅色

春花色に

ぽっと

明るくなる日。






*春花:春咲く花。春の花。しゅんか。花といえば一般に桜のこと。春の季語。





☆つぶやき...
 平成のうちに再会できて嬉しかった。この絵が大きなきっかけとなり
 奈良美智さんの大ファン(同郷というのも大きいけれど)になった。
 meet the " Spring girl" at "meet the collection" in Yokohama Museum of Art...
 平成最後の喜びの一つ^^)










もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 










mak5 at 20:13|PermalinkComments(0)

February 17, 2019

音浴… 「ピアニスト」向井山朋子展



曇り空、陽が落ちきる前の夕暮れ時。

瓶底のぶ厚いガラス張りのメゾンの中は、

街を彩る夜の灯りが放つ色で照らされていました。



どんな音が待っているのだろう…”初体験”のときめきでやって来た展覧会

「ピアニスト」向井山朋子展。



IMG_3160




会場に到着するとすでに

鍵盤が持つ音をひとつひとつ確かめるように、のんびり叩く音が鳴り響いている。



開演前の練習というその調べは、調律でもするかのように単調

であるけれど、彼女の身体に流れている音なのでしょうか、

一音一音にこもる体温が静かな場にも伝わります。



アップライト、グランドと、展示された様々なフォルムのピアノ達の隙間に、

三々五々で集まる鑑賞者もそれぞれのポジションに佇みながらじっと耳を傾ける。




楽屋に戻ったピアニスト、今宵の美しきパフォーマーが再び

明るいフクシア色のイブニングドレスで現れると、

さあ、本番の始まりです。



IMG_3155





かすかに低くゆるやかに、時にコンマ数秒途切れる鍵盤の音...

主旋律に低い不協和音も時折混じる。

はじまりの数分は

音符のひとつがどこかにポンと跳ねたり、行方不明になったりでどこか凸凹している。

荒さも味になった旋律は、徐々に加速しながら研磨され滑らかになる。

弾くほどに、音は和して共鳴して

まるい和音に変わる....成長する...感じ。



澄み切った、整った一つのモノに生まれ変わった主旋律と伴奏は

攻めようのない完璧な音楽となって

滔々と流れながらこの空間の時を紡ぐ。



ピアノの奏でに混じりながら、

途中途中で混じる聴き慣れた音達。

コートに鞄が擦れる音、柔らかなゴム底のスニーカーが立てる足音...

会場カメラマンが切る消音シャッターの音....

メインストリートを走る救急車のサイレン...

日常の生活音も演奏の一部になる。




息切れしないどころか、演奏の終わりも見えないほどに

増していく奏者のエネルギー。

やわらかく、力強く、朗々と…なみなみとこの場を満たしていくように

途切れないスタミナで弾ききる60分を超える一曲。



IMG_3152 IMG_3150




どっぷり浸った自由な音の海の底から聴こえたのは

「脱ぎ捨てる...脱ぎ捨てよう」

のメッセージ。



その言葉を受け取ったのは私だけなのだろうか。。。

アートギャラリーの床に腰を下ろしてピアノ演奏を聴く。

少々特殊な状況に置かれた空間では、

聞こえないはずの声も素直に受け取ってしてしまう。




ひとりで、ふたりで...

集まるのはそれぞれまったくの見知らぬもの同士。

これからもすれ違っても記憶にないだろう同士で埋め尽くされた会場の

共通項はただひとつ、

この演奏を聴くということ。



それぞれが纏うそれぞれの空気は、

彼女の全身を通して伝えられる旋律を浴びて

ゆるやかに一つになる...完全な輪になる...

まるで一人の人の個々の細胞が息づいて

それぞれ自由自在にそれぞれの機能のを自然に働かせながら呼吸しているような

ただ一人ヒトになる...奏者も聴衆も共にで一人の人に。




IMG_3154





余韻

というものを指の触感をもって掴みとる、というのはこのことだろうか。

終わりが見えない、いや、このまま終わらないでとさえ

心の片隅に湧いていた想いも自然に終わらせてくれるように

最後の音が作る波動が滑らかにそれぞれの者達の内奥に消えていく、しんと。



照明はピアノ前のスタンドだけ。

まだ薄暗い部屋が微笑みで満ちる…のが見えた気がした。

スタンディングオベーションで、万雷のだけれど耳心地良い上品な拍手がギャラリーを満たす。

奏者である向井山さんの麗しい、ちょっとはにかんだ笑顔が

溢れる笑顔達の中で可憐な華を咲かせる。



立春の日から始まり、1日に1度だけ時計の針を進めるように

毎日1時間ずつの時差で1日に一度だけの演奏が行われる。

最終日の2月28日の演奏が終わるのはちょうどお昼頃。

これから南中を迎えようとする太陽の明るさの中では、

宵には決して出会えない音を浴びることになる...の期待は否めない。





余韻といえば、あれから8年...

隣室に展示されるのは東日本大震災の津波被害から残った2台のグランドピアノ。

鍵盤は何か所も歪んで不揃いのまま、流されただろう脚は真新しい白木に生まれ変わり、

かろうじて残ったフレームを覆う白布が照明のない部屋で白く浮き上がる。





きょうの新しき余韻と、過去から半永久的に向けても続く古き余韻。

清々しさとどこか重さを伴う余韻を胸の底に記憶しながら

初体験の時空間を去る.....


音に浴して

この長い冬の寒さから心を癒す、遠からじの春に向かう心立つ宵にて。



IMG_3165








:::::::::::::::::


時間と空間の変化を音で観察する、感受する。
これが一つの実験であるならば、その結果を知りたいとも思う展覧会です。

『ピアニスト 向井山朋子展』
  @銀座メゾンエルメス フォーラム

 プロフィール(展覧会HPより抜粋)
 向井山朋子 Tomoko Mukaiyama:
 ピアニスト/美術家。オランダ、アムステルダム在住。
 1991年、ガウデアムス国際現代音楽演奏コンクール優勝。
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(オランダ)、ニューヨーク・フィルハーモニック
(米国)をはじめ、世界の楽団にソリストとして招聘され、新作の初演に携わっている。
 近年は従来の形式にとらわれない舞台芸術やインスタレーション作品を発表。













mak5 at 17:02|PermalinkComments(0)

February 02, 2019

触れる... 雅楽


毎朝、神社にお参りしていた頃、ときどき遭遇していた朝の神事。

巫女の舞と雅楽が心にも染み込んだ、おごそかな気持ちで始まる一日が好きでした。


IMG_3031



本格的な鑑賞は初めての雅楽。

通りすがりでしかご縁のなかったこの日本の伝統芸能の一つを

じっくり堪能する時間は、

古きを訪ね、新しい心と目の扉を開くものでした。



IMG_3033




心の深いところにもアクセスするようなゆるい旋律と空気の流れに従うような緩やかな舞。

鑑賞中はきっと眠ってしまうに違いない、

そんな先入観と初体験だからの緊張感をもって席に着くうちに、まずはトークで幕が上がります。



雅楽初心者にも理解し易い楽長による解説は、

クラシックコンサートでもおなじみのトークを挟んだスタイルです。

ソフトで軽妙洒脱な語りゆえに

緊張感はよりほぐれ、知識を得られた安心感とともに鑑賞へとすんなり導かれます。



演奏の変化や衣装、舞の様式が表現するそれぞれの意味合い

...いずれもきょうの演目のための説明なのですが、咀嚼しながら聞いているうちに、

雅楽が受け継がれ育まれてきた歴史の長さとこの表現の深さに思いが至ります。

この未知なる伝統芸能に、こころの中で深く敬意を表しながら。






世界最古のオーケーストラとも称される雅楽は、

中国や朝鮮半島などアジア大陸の諸国からもたらされた音楽や舞に、

上代以前から伝わる音楽や舞が融合されて日本化した芸術です。

日本の雅楽の元は奈良時代まで遡り、概ねの形式を10世紀頃に整えられて以来

現在にも伝承されている....とのこと。



東京楽所(がくそ)の皆さんによる「奉祝の雅楽」と題した定期公演は、

管弦(楽器演奏のみの雅楽)と舞楽(舞いを伴う雅楽)の二部構成。



舞台がはじまると、トークの時間とは一転、厳かさな時空に変わります。

穏やかな高音と緩やかな旋律、そして舞の動きにはやはりまどろみさえ覚えましたが、

予想に反して眠ることはありません。



まぶたを閉じながら聴く音は強く柔らかに右脳、そして、細胞に染み渡り、

重厚、かつ、和と東洋混合の彩りの重ね衣を纏う呼吸するような舞に

からだのこわばりが解きほぐされるよう。

華やかさを伴う美は、高揚と鎮静という両極に触れがちな心を中和させ癒しの力を持つのか...

そんな体感が内奥に生まれます。




「奉祝の雅楽」のタイトルの通り、演奏と舞には

まもなく退位をお迎えになる平成天皇、そして、皇位を継承され次の時代を担う新天皇の

おふたりに贈るお祝いも込められているといいます。




「祝福の氣」が込められた時空間で、

聴衆者それぞれも祝氣の恩恵を受け取る。


宇宙遊泳はこんな感覚なのだろうか...

無重力中かはたまた水上に浮かんでいるように、

五感はひたすら心地よさに満たされる。




舞人が舞台を去り、そして、楽人が舞台から去り、雅楽の時間そのものが終わる。

残るのは気配、温もりと薄い重量感を持った清らかな気配でした。

はるか彼方の昔、雅楽の持つ歴史の中では戦国時代の武将達にも

”調え”の力あるこの音や舞は、心の薬となっていたのでしょうか。




触れるには入り口は狭く特別な芸能に見える雅楽ですものの、

「黒田節」の原曲は雅楽の中で最もポピュラーである『越天楽(えてんらく)』、

また、縁の深い大相撲では、行事は楽人、千秋楽は舞楽の舞の名前、

櫓太鼓は鞨鼓(かっこ)の音と

現代人でも馴染みある形で私たちの目に耳に触れることができています。




ともすれば美というものを忘れ、姿も心もかき乱して働き、

時間や他人が作り出した価値を追いかけ過ぎる現代人にこそ必要な芸能かもしれないな...。

余韻に浸りながら帰る道すがらに浮かんだ心のつぶやきです。


雅楽に限らず、ひとつの国に脈々と受け継がれている芸能には、

そこで生まれ育った現代人が、現代の個々人が忘却しがちである

活きるための源泉の力に帰還させてくれるエネルギーを持つものなのかもしれません。




ひょんなことから頂戴した伝統という古きを訪ねる有難き時間。

冬眠しがちだった私の心と目の次の扉を開いてくれた

春とおからじ...春までカウントダウン午後にて。








*東京楽所:
 1977年宮内庁式部職楽部のメンバーを主体に創設され、
 芸術音楽としての高い芸術性を備える国内最大の雅楽団体。
 78年以来、国内の数多くの雅楽公演に参加、高い評価を得る。

mak5 at 13:29|PermalinkComments(0)

November 03, 2018

秋の遊び

IMG_1858


色づき

始める

季節に

色彩と

戯れ

心動かす...

街路樹と

美術館....

外に

内に

それぞれの

彩りと

遊び

心の色

塗り替える、

文化の日。








*秋の遊び:心を動かされる秋の風情のこと。紅葉山や澄み渡る山河、浜辺や
      夜空など、秋には心に染みるような趣が多い。秋の季語。






☆つぶやき...
 文化の日恒例の文化関連の施設のフリー・デー。
 今年は横浜にて銅版画家・駒井哲郎さんの作品に触れる。
 白黒の世界に長らく拘り住んだのち、ほぼ晩年から選んだ
 多様な色彩で表現する世界を、「追い続けた夢を叶えたよう」と彼は例えます。
 モノトーンを”あらゆるものを削ぎ落とした”ゼロの姿とするのなら、
 そこに足された色達は”真に必要(好きな)なもので彩られた”フルの姿。
 全てを遠ざける・捨ててみる...そして、在るべく色を持つ姿=自分に戻る...
 言葉の受け取り方は十人十色、いったんそれを徹底してみること、
 やはりそんな時期なのかな...と受けとめる文化の日にて。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 









 

mak5 at 21:04|PermalinkComments(0)