つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

芸術

November 03, 2018

秋の遊び

IMG_1858


色づき

始める

季節に

色彩と

戯れ

心動かす...

街路樹と

美術館....

外に

内に

それぞれの

彩りと

遊び

心の色

塗り替える、

文化の日。








*秋の遊び:心を動かされる秋の風情のこと。紅葉山や澄み渡る山河、浜辺や
      夜空など、秋には心に染みるような趣が多い。秋の季語。






☆つぶやき...
 文化の日恒例の文化関連の施設のフリー・デー。
 今年は横浜にて銅版画家・駒井哲郎さんの作品に触れる。
 白黒の世界に長らく拘り住んだのち、ほぼ晩年から選んだ
 多様な色彩で表現する世界を、「追い続けた夢を叶えたよう」と彼は例えます。
 モノトーンを”あらゆるものを削ぎ落とした”ゼロの姿とするのなら、
 そこに足された色達は”真に必要(好きな)なもので彩られた”フルの姿。
 全てを遠ざける・捨ててみる...そして、在るべく色を持つ姿=自分に戻る...
 言葉の受け取り方は十人十色、いったんそれを徹底してみること、
 やはりそんな時期なのかな...と受けとめる文化の日にて。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 









 

mak5 at 21:04|PermalinkComments(0)

August 22, 2018

意外性



....意外だわ!....と言われ、向かう先には、



IMG_9455









観たい!と軽く思いながら口にしたところの友人のこのひと声に、

こちらも「意外だわ!」になる表情。

そう言われるなんて...とつぶやく心の中。




IMG_9462



   IMG_9463






IMG_9465






どこかで見たことがあるぞ、と心が反応するアイコンたちに湧くのは

親しみ以外のものはない。


地面も壁も、紙も布も、二次元である平面すべてがカンバスとなって描かれる

極太線キャラ達が遊ぶ世界、展覧会というその空間には、

キースヘ・リングの頭と心の中の世界で満ち満ちている...。


上手な落書きなんだけれど....

跳んで、転んで、笑って、泣いて...

様々な姿態の表情のないアイコン達は

強烈なメッセージを観る者の気持ちに打ち込んでくる。


直球ばかりの球は、世の中に数多の疑問を抱くわが心にも

バシバシとジャストミートする連続。

その痛さが心地よいくらいに。




IMG_9466





IMG_9467




ストリートアートの先駆者とも言われる彼である。

もちろん描き手ではあるのだけれど、

描いている、動いている彼自身が、作品に現れる数多のアイコン達以上に

動く絵画、メッセンジャーだ...。


彼が好んだというTOKYO・表参道で繰り広げた路上パフォーマンスのスナップやビデオから、

描きまくる彼、見物人と対話する彼、

そこで見せる彼の姿そのものが鮮やかなメッセージを飛ばしてくる。




著名画家である一方で、自らがAIDS罹患者になったことをきっかけにスタートした

社会慈善事業の事業家でもある。

AIDS撲滅活動や恵まれないこども達への支援を惜しまなかったキース。

人心に不変に存在する偏見や差別、戦闘心の

先にあるものでもあり源でもある「和」に還るための活動にも専心していたらしい。


”意外”...と言われても当然なほどにポップアートはさほど好みではない

古典好みのわたし、である。


けれど、社会に対する目線とその中の優先事項、の共通性は意外でもなんでもない

彼とわたしは一緒の”気持ち”を確かに共有していた。。。。
(”こども達の今と未来”を想う目線については、特に同じ...)




IMG_9459





























IMG_9460






























”意外だ”と映るもの。

そこには、対極でもある同一性の種も、まま存在する。

私の中にある「POP」、はちゃめちゃなまでのそれが再び目覚めたがために

この展覧会に向かわせたのか...?


観賞者の気分をもすっかりキース・カラーに染め上げる会場をあとにして数日、

お転婆とおとなしいお嬢ちゃんが見事に共存していた幼い頃の自分が

きょうもここに居る。


意外性...おとなになってからのキャラクターが反転すれば、

元々の自分になる....。

どこまでも自身に素直だったキースのエネルギーに触発されて

今となっては意外な存在になった「素のわたし」が、

その日、そこに居た。

今か今かと全開になる時間を虎視眈々としながら

静かにきょうも私の中で「意外な私」は、その瞬間を伺っている。



次に彼の作品に会うのはまたNYになるのか。

どこで再会しても

共通項の想いは同じである。


願わくは、「意外な私」の顔がいつもの顔である、

その時に会っていられますように。






**掲載写真はすべて展覧会内にて撮影許可されたものを使用しています。


*************

拠点として主に活躍したニューヨークのイメージが強いキース・へリングですが、
日本にも彼の美術館があるようですね。
山梨県の自然豊かな森の中に佇む近代洋式の建築物の美術館で
彼の頭と心の中に存分に浸ることができそうです。

『中村キース・へリング美術館』
〒408-0044
山梨県北杜市小淵沢町10249-7









mak5 at 14:00|PermalinkComments(0)

June 27, 2018

軽やかであること...( ABT )


IMG_8759



躍動する華、に触れたくて選んだ…”Don Quixote(ドン・キホーテ)”。


幕が開くまでの間に聴こえるオーケストラの練習の音の響きからして期待が高まる…



IMG_8763



IMG_8770



IMG_8765



....軽い、無音の軽さだ。

プリマドンナの足元から聞こえるはずのトゥシューズの音は

空(くう)に消えて、空気音ほどに静かである。




IMG_8772



Swan Lakeがおとなの恋なら、少し若々しいのがDon Quixoteの恋物語。


場内で声を上げてしまうほどの笑いを振りまく振り付けに笑い、

馴染みのものよりはかなりラブリーな衣装には、心も華やぐ。



コメディタッチのストレートプレイを見ているような気軽さだけれど、

キトリ、本演目のプリマドンナ、のピルエットは

回転回数が増すほどに、圧巻を超える圧倒的な感動をじんわり胸に巻き起こす。


幾度となく見せ場となる彼女のピルエット、ダブルピルエットには

“ブラボー‼︎“と声を出して伝えずにいられない、sの軽さと完璧さ。


ミクロ単位でも軸足がずれない、

スリムでも強靭な体幹の真っ直ぐさが作る垂直 X 水平回転の美は、

観客席でくつろぐわが背中も真っ直ぐになるようなエネルギーを伝えてくる。




1幕、2幕、3幕と進むうちにプリマ級も群舞も、

それぞれのダンサーは完璧なまでに一つになりつつも、

舞台上も観客席もどちらにも緊張はない。

劇場全体が穏やかな一つの輪になっていく。


オケの乱れることない滑らかな旋律を自然なBGMにしながら。



IMG_8776



万雷の拍手とアンコールの盛り上がりで締める数分間。

ダンサーもオケ代表の指揮者も、観客もそれぞれが200%の出来、の満面の笑み。

その笑みをもたらしてくれた舞台スタッフ、そして劇場スタッフ全てあっての

感動である。



”Enjoy your show!” と笑顔で送り出してくれたチケットブースの彼の言葉に、

“Absolutely, it made me overwhelming “ と答えたい。




IMG_8778



期待以上の感動を与えてくれたABT・American Ballet Theater”

村娘達の一人、唯一の日本人ダンサーにも心からの拍手をそっと送り

爽やかな美を満喫する日。




***

IMG_8779
 *アメリカン・バレエ・シアター
   American Ballet Theatre)
 :ニューヨークに本拠をおく
  世界最高峰のバレエ団の一つ。
  アメリカ最大のバレエ団として
  ニューヨーク・シティ・バレエ団と並ぶ。

















***
バレエには、MCとしてアナウンスの仕事で関わったことがあります。
ジュニア選抜であると同時に世界的なコンクールにも繋がる場でありましたが、
ジゼル、ドンキホーテを課題曲にする方が圧倒的に多かった記憶があります。
そのせいかドンキホーテの主演キトリには、どちらかというと
もっと気が強いアグレッシブな女性の印象を持っていましたが
ABTの本公演では、キュートで愛らしいキャラクターとそれに合わせた衣装に仕上がっています。
主演の彼女の素晴らしさと同じく、フラワーガール役の二人のうちの一人にも
将来のプリマドンナを見つけたような。才能とは群舞の中でも光を放ちます。
そんなこんなの楽しみ方も多様な、満足の時間でした。
ABT の公演本拠劇場は、周囲には名門ジュリアード音楽学院もある一角に建つ
メトロポリタンオペラシアター。
学術の香りも混じるエリアをあとにして、用事で降り立ったのはブロードウェイ。
パルファンの匂い立つような舞台と人の汗が匂う舞台、
異なる香りの舞台芸術のエリアをたまたま歩きながら湧く思いがありました。
どちらも同じ舞台芸術ながら、音楽&踊り、そして、芝居のいずれも
経験してきた身として思うのは、
音楽と踊りは観る側の者、芝居は観せる側の者である、私には。
芝居制作により感覚が近い放送メディアにこだわるのは、その感覚があるから
とも思えます。
とはいえ、踊りも歌も大好き。
クラシックバレエってやっぱりあこがれる....
ダンスのウォーミングアップで少しだけかじったクラシックを
少し本格的に習ってみよう...かしらね。

mak5 at 21:32|PermalinkComments(0)

June 24, 2018

らせん…(Guggenheim)


ついに入る事が出来た。。。

Guggenheim museum。


D7FB258E-5965-4D1D-8BF3-A923022CC044


迎えてくれた特別展のスーパースリムな彫像達。

影絵のような細身は少し神経質そうだけれど

私達の体内を観るようで体温を感じる。


8A489CFF-61B5-4405-872B-90F97D71350C



リアル人間と並ぶ姿に違和感はない 笑。



87E317F8-338E-4999-A455-08AF2F6BFCAB


この美術館の独特な螺旋状の建築方式が作る回廊を歩き

ゆっくりと螺旋を描きながら壁面に並ぶ展示を鑑賞する。



F0586203-E7E3-48E5-A69F-38A766A096D1



EBDCD2EC-7D14-40B7-ADB0-770409077BE1



78FE2C50-5F6F-4F5A-8DB1-C9B2FE45EE77



IMG_8691
(彫刻作成のためのデッサン)



40年以上人体を見つめ、創作のテーマとしたAlberto Giacometti。

どこかで見たようで、初めて知る彼の一連の作品は、このグッゲンハイムによく似合う。

まるで彼のための美術館であるようだと思えてしまうほど、

前衛的な設計と、誇張はあれど人体の本質を見せる彫刻は見事な調和をなす。



DDDBC4F7-4FE9-4259-BD74-905C6FCFC52F



回廊の一角にはいくつかの個室の展示室が備えられ

一室には、美術館が所蔵する油彩画達が待つ。




4470C052-EE89-4D04-8CC7-DE7FEFF3DD93


ピカソ画伯 にしてはわかりやすい構図。



3F423860-31FB-47CD-A6F4-10722A366AF9



672DAE50-E02F-4E6F-B1CE-EBA3907B9A02



惹かれた青い帽子の女。

赤の塔には東京タワーを思い出す。




IMG_8693



ゆるりぐるりの芸術観賞のエクスカーション。

気づけば1時間以上が経っていた。


少し急ぎ足の旅だったけれど、満足という気持ちが心を満たす。

入館前からすでに美術館含めたワンブロックを囲む長蛇の列から始まったぐるり旅。。。


行きはそこそこヨイヨイ、帰りは良い。

ぐるりぐるりと歩むうち、溜まっていた心労の絡まりはほどかれる...

グッヘンハイム美術館入館ついに達成!の日にて。





**
毎週土曜日はpay for what you wish。観光客を中心に度激しく混むのも名物であり、
ご近所の高級アパートメントのドアマン達もその都度の列の増減の変化を楽しみにしている様子。
出かけるごとにあまりの人の多さに撤退、が続きましたが今回は割とすんなり。
出かけるなら日没が遅い夏のほうがよろしいようで...
.外で日長を楽しみたい方が多いですからね。



71C66FD5-0939-4E93-A5B6-B1664529CD8E **Alberto Giacometti:
 スイス出身の20世紀の彫刻家。
 彫刻家(細長い人物彫像が特徴的)として
 知られるが、絵画や版画の作品も多い。
 日本国内の所蔵として:
 裸婦立像(富山県立近代美術館)
 女性立像(徳島県立近代美術館)
 腕のない細い女(箱根彫刻の森美術館)
 









42000D87-6D48-45DC-B0A4-2A637CBD7400** Solomon R. Guggenheim Museum
    1071 5th Ave, New York,
    NY 10128

mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)

June 23, 2018

童心...(LEGO)


IMG_8263



懐かしい...の思いで足を運んだ。

会場に入った途端、圧倒と笑顔が全身を包み込んだ...。笑みがこぼれて瞳孔が輝く感じ。




IMG_8262



こまやかな表情に含まれる母とこども達それぞれの優しさを

プラスチックのブロックで表現していることに驚かずにはいられない。


少女の肖像画も、もはや油絵の具の艶やかさでレゴであるとは思えない。

緻密な点描の油彩のよう。




IMG_8264 2




かもの親子達にもまたまた癒される....

ひなどり未満の子まで居るとは、芸が細かい 笑。



IMG_8265



IMG_8266



IMG_8267



次の部屋では、大人の心にジャストミートするオブジェが並ぶ。




IMG_8269



IMG_8270



IMG_8272



IMG_8273



球場の内外を一周じっくり見学の旅には、

1時間ほど費やせそうな細かさと遊び心が散りばめられている。




IMG_8275


おなじみのクライスラービル。

威厳とともにゴージャスさ漂う外見も、レゴで建設するとキュートな姿に変身する。




IMG_8277



IMG_8278



レゴを片手に遊んだのはいくつまでだったのだろう。

特に何かを作ろうとしなくても、何かを創り上げていた西洋からきた積み木は

こころの中にある”嬉しい、愉しい”を形にする遊び道具だったのだろう。



大人の本気の遊びが作る芸術に、心だけ童(わらしべ)に帰る....

LEGOに誘われ、ふと出かけた先で、

微笑みの温度上がる日にて。



...守衛のお兄さんの眠そうな表情がとても素直で、それも微笑ましかったわ。
 久々長くつ下のPippiとも再会できましたし。





***
IMG_8280
*SCANDINAVIA HOUSE
 LEGOR BRICKS A CELEBRATION
 現在の形のレゴブロックが発売から60周年。
 レゴ社認定芸術家Sean Kenney氏の作品を展示。
 5th Av.の旗艦店も大掛かりで素晴らしいけれど
 彼の細やかさあふれる作品も機会があれば是非。
         [期間] 〜SAT—August 4, 2018
 SCANDINAVIA HOUSE
 58 PARK AVENUE
 NEW YORK, NY 10016
 









mak5 at 22:30|PermalinkComments(0)