つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

空の写真

May 26, 2018

空み日和



真夏日、空み日和。


IMG_7773



IMG_7774



IMG_7775


笑いと賑わいの集いで、愉し。




IMG_7800




IMG_7793



IMG_7799




IMG_7795


ゆっくりの再会でたっぷりのおしゃべりも、楽し。




空み日和は、愉快(たの)し日和。





...雲を観て天気予報?....

できるわよ、「基本のキ」を抑えていれば。”しっかり”とね。






at Williamsburg, Brooklyn,NY






**
IMG_7789  IMG_7791


  きょうのカフェは...
  今回は一杯点ての一杯に合格点...
  珍しく濃いめに仕上がり。
  評判のSweetChikのフライドチキン
 (これは念願の..で、動物性タンパク一時解禁)
  後には、ちょうど良い濃さでした。

 *Blue bottle coffee (Williamsburg)
  76 N. 4th Street, Store A
  Brooklyn, NY 11249


IMG_7779 2
  クリスピーとしっとり感。
  チキンは、
  内外の歯ざわりの絶妙な差が
  美味しさを増している。
  ワッフルがまた美味しい。
 
 *Sweetchik (Williamsburg)
  164 Bedford Ave,
   Brooklyn, NY
 







mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)

May 10, 2018

花人... hanato


思い立ったが吉日。


IMG_7423



小雨上がりで風がまた少し入れ替わった空気は一段と清々しい。

ロングウォーキングには絶好の午後。

きのうの繚乱の赤いポピーの壁画が記憶に残っていたのか?

思い浮かぶは、そうだ、彼女のお店に出かけよう...!

このところのNY旅が縁で出会えたフローリストのお城に。



IMG_7408 2



モノトーンのビルの一角にある、小さな花屋である。

ガラス越しに広がるのは濃い緑と暖色系の淡い天然色。

それは実際に会う前に幾度となくやりとりしたメールを通して感じていた

彼女の印象そのまま。

店内に一歩入ると

ふんわり温和な球体の中心に凛とした一筋の力が柔らかに息づいている。

生花やドライフラワー達からの吐息も聞こえそうな空間が広がっていた。

....長居してしまいそう....

この居心地の良さは...何?





IMG_7406



IMG_7407



奇しくも、彼女にはNYで久方ぶりに会う別の客人を迎えてたようで

出直し後のつかの間のご挨拶だったけれど、これまた幸い。

次の訪問はゆっくりのランチを約束する。



IMG_7404



webを通して見ていたお店の印象以上に、私好みだった。

控えめな華やかさは、彼女のアレンジを求める人々にも同じものが備わっているのだろう...

なんて想像しながら、和とちょっぴり英国テイストの織り込まれてた


”HANATO”

をあとにする。




アーティスト達が集まるのと同時に、

住宅街としての人気も高まるせいか高層アパートの建設ラッシュのこのエリアは

魅力的なレストラン、ショップもやはり集まる。

芸術と美と美味は人を永遠に魅せるものなのだろう...。

Williamsburg。

あらためて歩いてみると、気になっていたカフェやレストランを次々と発見。

地図や雑誌とにらめっこして空想するよりも、

歩いて確かめるそれぞれは、立体感に匂いをプラスして記憶に刻まれる。



IMG_7411


きょうもまだまぶしい、夕刻のはずの空を仰ぎながらの街歩きは

同じ道でも、往路で見落としていた何かを帰路で発見する。

人も同じかもしれない。

同じ人の中にある色や香りには、会うたびに微妙微差であらたな気づきがある。

他人だけじゃない、自分という人にも...である。


この数年の間の、この街への何度かの旅。

わたしの中にあるカラフルな自分をこの度の旅でできうる限り

確かめて抱きしめてあげよう..

爽快な陽気の中で軽く濃く想う、

思い立ったが吉日の気づきの日にて。




**HANATO
  240 Kent Ave#1
  Brooklyn, NY 11211



IMG_7417
 *出直し待ちのカフェは....
  DEPANNEUR (WILLIAMSBURG)
  仏語のDepanneur(困難から救う)=
  コーナーストア/コンビニ由来の店名とか。
  通りすがりの飛び込みで入った店でしたが、
  サンドイッチが評判らしい...
  コーヒーは酸味の強いアメリカンでした
  ...mmm。


  242 Wythe Ave (corner of North 3rd St)
  Brooklyn, New York 11249
  OEPN Everyday - 7am - 8:30pm

mak5 at 22:30|PermalinkComments(0)

May 03, 2018

ようず

IMG_7274


少し手荒な

春雨

行き過ぎて

少し手荒な

南風

地面を

乾かす...

潤い

含む

風に

梅雨の

匂い

ほのかに含む..

5月、

春と次の季節

交差する

時間

一歩進む日。






*ようず:近畿、中国、四国、瀬戸内海地方で昔からいわれている
     雨もよいの生ぬるい南寄りの風。春の季語。





☆つぶやき...
 日常的なささやかなことも、非日常的な少しばかりの大事も、
 たくさんの方々に支えられ、わたくしごとは展開している。
 じわり当たり前のように感じる瞬間のこの頃。
 全ては繋がっているわね...。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 







 
 

mak5 at 20:42|PermalinkComments(0)

May 02, 2018

春暮るる

IMG_7262

いつのまにか...

早い

今季の

桜の頃には

緑葉も

やっと繁っていただけなのに

いつのまにか

たわわの

美麗さで

咲く

薔薇の花々...

花から華へ...

初夏の

姿見る、

春の暮れを思う日。







*春暮るる:春の終る頃という意味と春の日の夕暮れの二つの意味がある。春の季語。





⭐︎つぶやき...
 オディロン・ルドンの展覧会に出かける。
 印象派と同時代の画家の割には木炭などを使用したモノクロの作品が多い。
 後半の色彩はカラフルなものに転じたけれど、
 「光を描くために、黒を使う、多彩な色を使う」画家と感じた。
 光は影があってこそ存在する。
 視点の軸を光側に置くか、影側に置くかの違いだけなのかもしれないものの..。
 いまの自分にはそう思えるのです。









もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 







 
 

mak5 at 21:58|PermalinkComments(0)

May 01, 2018

皐月

IMG_7160


降る

陽射し

冴えるほどに

きらきら...

吹く

南風

澄むほどに

さらさら...

清浄な

五月の風光

受ける

素肌

通り抜け

わが心も

清く澄む日。




*皐月:さつき。5月の異称。



☆つぶやき...
 この月は、ちょっとした実験を始めてみようかと思います。
 “don't think! Just feel....”プラス”just do it"の先に何があるのか...
 先月から少しずつ始まっている小さいながらの新たな体験からして
 すでに愉しい。...楽しみです。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 







 



mak5 at 21:07|PermalinkComments(0)