つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

December 21, 2020

一陽の嘉節


AABBAFD3-90CB-4F67-BB7D-C86E4D659AE3


日の出に

見送られて

始まる朝…

冬晴れの

冷たさ

追いかけ

まぶしき

白銀の昼に

遊ぶ…

われを取り戻して

過ぎゆく

冬至、

極まる陰の陽(ひ)の

きらめき

満遍なく

受け取る日。






✴︎一陽の嘉節:冬至のこと。冬の季語。一年の内で一番昼が短い日






☆つぶやき…
 さあ、前だけを見て進みましょう。後ろの道は幻想だったのかもしれませんし。
 自分の軸を体感する空気の清浄さの中で過ごす冬至2020。



09303EDD-5090-4C33-8143-1E46BD2AD8A8



023639D1-1996-42A8-9230-CB53B7F1ADFD



C7771386-2016-4A4A-A0FB-D0BF694FD889



8C458ADD-8389-482E-8493-61112DDE5E8C




mak5 at 21:26|PermalinkComments(0)

September 01, 2020

彩月朔日

52B59C58-A631-4411-95FC-FA386FEEE8FF


蒼々とした

空と

爽爽とした

風に

包まれながら

歩く

真昼に

心と体

颯爽とした

人になる…

先取りする秋に

浸る一日、

長月朔日

清々とした私で

始まる月。




*彩月:いろどりづき。9月の異称。秋の季語。




☆つぶやき…
 旅をする、会いたい人に会う、自分基準のすべきことをする/成す月、9月とする。
 この秋旅は会いたい人と会えた、そして、今月の助走の旅だった。








qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960メディア出演、アナウンス、講演、執筆、コンサル等の
ご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...





mak5 at 20:15|PermalinkComments(0)

August 30, 2020

秋旅


BBACCB9E-F5EA-4016-9113-D6B61DB7F265



微かに透ける白に包まれる一帯に、ぽつんと強烈に輝く太陽が作る日暈。

Halo ...上空500hpa付近。

露として結ばれた水達が層を成した、厚い柔らかな白い壁に浮かぶ

淡い虹色の円。


高度5500mで出遭うハロは初めての体験。

良い予感にときめく。



7A937FE9-6480-4A0E-8A0B-F9A8C152F91F




さらに上空に向かうと、圏界面付近の見慣れた青い空海。

上空200haを機上で見上げる。

足下を突き抜けて、機外の下方には積乱雲の海。

地上では雨粒が舞っている。



BA0BCC3A-ACB3-4DAB-B775-677E88972409




到着地はアナウンス通り、予想通りの雨がちょうどピークを越えようとしていた。

秋雨…と、もう呼ばれる季節の雨なんだなぁ。。。

猛暑の地から一気に秋の地の地上は、涼し過ぎるくらい。

呼吸はすんなり、楽々。

スーッとした心地よいひんやり感。



季節の区切りがほとんど感じられなかったままのこの一年の半ばの

ささやかなブレイク。

いつもと違う世界で、遊ぶ日、のはじまり。






ちなみに、出発前は、抜けるような残暑ブルー。早朝から汗ばむ暑さ。。。


4DA3698A-36DC-44BF-9683-D7FB3B0AD30B




CA6C0241-3F02-458F-AC13-4356838BDDFD



次の新しい世界へ……翔ぶ、かなっ。



mak5 at 21:53|PermalinkComments(0)

November 15, 2019

美しい日...2019.11.10




目に入るものがすべて美しい....という日がある。


それは、爽快な晴天、という陽気のせいだけじゃない。



IMG_6690



橋を渡ってはじまる小さな小さな旅。





IMG_6692



暖かな秋を越えたせいなのでしょうか、時忘れの数輪の桜。





IMG_6700 2



あと1時間後には潮が満ち満ちるという浜辺で日向ぼこ。

海原に浮かぶ日向を見つめながら、少し勢いのある波と戯れながら。





IMG_6708




IMG_6710





うるわしい....シルエットとの遭遇。



IMG_6711




急な坂を登り降りしながら、ほんのり汗を滲ませながら、身の澱みを浄化。


光と空気と人々の微笑み.....


あらゆる美しいものたちにも心洗われる....。




IMG_6716



島を出る頃には、青い薄墨色で描かれる富士山の遠景に見送られて....



なんて美しい旅時間....麗しさに満ちる日....


11月10日・佳き日にて。





************************:



IMG_6719
 筋肉痛を気にしながらも心地よい疲れを
 癒そうと、ふらり入ったカフェ。
 バースデー・ソフトクリームでお祝い。
 北海道の牧場から直送という生乳が作る
 甘さは、体に優しくしみる。
 お店のブレンドとも好愛称....
 予定なしすべてが気ままの日には
 美しい、美味しいモノ達が歓迎してくれる..ね。

 FEELl ALOHA Cafe at 江ノ島
 


mak5 at 19:00|PermalinkComments(0)

November 11, 2019

冬構


66CB75C0-941D-4995-999D-5AC19AD1E4CA


スーッと

胸に入る

空気

吸い込む…

いつのまにか

旅先の空気になった



なのに、

数分の呼吸で

いつもの空気の

街に

なる

馴染む…



先取る

ふるさとで

時空の差

消す日。




冬構:冬の寒さが厳しい地方で、風除けや雪除けを家の周囲に施し、本格的な冬に備えること。
    庭木に施される雪吊や藪巻きなど。冬の季語。





☆つぶやき…
 小春日の昨日から一夜明けて、本格的な雪待ちの第3の故郷の大地へ。
 甘い白雪のようなビッグサイズのバースデーケーキに友と北海道から贈られた
 気前良き愛を受け取る日。変わらず、空気も美味しい。。。





もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 







 




mak5 at 21:51|PermalinkComments(0)