つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

批評

November 24, 2014

天才とは・・

想い − 妄想・空想・夢想 −に、熱を加えると・・・

 有形無形のカタチになる。



 それは”天才”と評される者達に顕著に伺える
 共通する資質の一つ。

 
 米モンタナ州、広大かつ長閑な牧場で暮らす少年が、
 慣性の法則を使った世紀の発明により
 スミソニアン博物館の権威ある科学賞を受賞・・・・。

 発明者はT.S(スパロウ)スピヴェット、
 年齢10歳、小学校6年生。

 木登りが好きで、ハロウィンのラタンが恐くて夜のお手洗いに立てない
 どこにでもいる男の子。ですが、探究心と追求心に愚直なまでに正直、
 好奇心の琴線に触れたものは、徹底して科学し結論、結果を出す天才児。
 超越した賢さは学校はもちろん、家族にも理解不能の域に達しています。

 双子の兄でもあるのですが、かたわれである弟の死をきっかけにして
 普通の子供としての心の部分は、意識の奥底で死に絶えます。
 彼のみならず、父の、母の、そして姉、それぞれの記憶と心の深い所で傷を負う出来事で。


 登場人物それぞれのエピソードの一つ一つを繋ぐ糸の役割を果たすのは、
 授賞式のあるワシントンDCに向かうための壮大なる家出、
 米大陸の西から東への大横断の旅でした。

 旅の途中で巡り会う人の言葉に表情に、彼自身の回想に、とんでも系の出来事に、
 彼の哀しみや寂しさは癒されていくのですが....。


 監督は『アメリ』、オドレ・トトゥーのコメディエンヌとしての才能も開花させた
 秀作を生み出したピエール・ジュネ氏。

 自然色だからこそ出る、豊かで鮮明な色彩風景の中で、
 T.Sをはじめとした登場人物達の心の色も、
 控え目なものの鮮やかに描き出されます。


 圧巻は、エンドロールの登場人物それぞれの一言、または表情、と言いたいところですが、


 ”....水滴の経路は....”


 授賞式後にT.Sのモノローグで語られる”水滴が持つ秘密”という科学的な事実は、
 わが心にしっかりtake noteしたフレーズです。


想いに、情熱という熱を加えると

いかなるモノも創り出せる。



 想いも情熱も創り出す力も、その化学反応を起こす力も、
 それは誰しもが持つ天から授かった才能です。


 10歳児の驚異(内容はある意味脅威なのですが...)の発明と大陸大横断、
 家族にもコミュニティーにも記憶に影を落とす事故、膨らむ空想と妄想と普通の日常と
 突飛さも平凡さも交錯しながらかつ躍動しながら、
 達者な俳優陣による、笑いと涙の数々を振りまく物語。


 終演後、静かに席を経つ観客には
 どこかしら「満ち足りた」空気が漂っていたような。
 乱れのない静かさがそれを物語っているように感じられました。


 ”天才・わたし”の想いは、はて何だったのだろう・・・

 この人生の大切な記憶を思い出すきっかけにもなる映画時間。


 ”天才○○○”
 あなたも天才・自分を探してみて下さいね。

 エンドロールの一言ひとつひとつも見逃さず、聞き逃さずに。。




main

『天才スピヴェット
 (The Young and Prodigious T.S. Spivet)』


  TS役のカイル・キャレット...可愛いすぎます。
  俳優を続けるのかしらね・・彼は。



mak5 at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 20, 2013

何もない。

DSCN4472『 .....神去村(かみさりむら)には何もない。

遊ぶ場所もコンビニも服屋も食べ物屋もない。

あるのは村を何重にも取り囲む山また山。......』


ほぼそんな場所に育ったせいか、

主人公・勇気の長い自己紹介を読むうちに

”神去村”の世界にすんなりと入り込みました。


続きを読む

mak5 at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 11, 2013

孤独と充足

長距離ランナーの孤独 [DVD]
長距離ランナーの孤独 [DVD]


「走る」とき、

それは体力的に

自分との闘いであるが、

精神的に

これほど”自由”に想いを飛ばせる時間はない...

なにより

これほど”自分は、すでに全てにおいて満ち足りている。”

を体感する時間はない。。。


映画『長距離ランナーの孤独』。

足が速いとという理由だけで感化院の威信のために

毎朝、強化練習のために独り走り続けた主人公コリン。

孤独な走る時間にだからこそ自由に過去の記憶、想いを飛ばし

自らの半生とも向き合い始める。

そして、物語の終わりは・・・

あの爽快な終わり方、である。


”すでに全てにおいて満ち足りている”に気づいた時、

求め続ける人生は幻想である....なのですねぇ・・・


モノクロームだからこそ捉えられる、

自然な自然の光と空気の匂い。も味わえます。


....走るのではない、もはや趣味でもある「長距離散歩」が止められないワケを
 この作品を観る、ということで言葉にできた感。


長距離走者の孤独
長距離走者の孤独
 『長距離ランナーの孤独』:

 1962年イギリス 
 脚本アランシトリー、監督トニーリチャードソン
 ニュース映画で用いられる資材で撮影。
 





mak5 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)