つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

感想

October 04, 2017

真逆の中には… (ノブナガ、に会いに)



ひとりの人には幾つもの人格が備わっている。

これまでと真逆の人格とキャラで生きるのもありだわ.....

”変わる”が昨今のトレンドでもあるし。



つれづれにそんなことを思いながら足を運んだ

試写会・TVドラマ『父、ノブナガ』


IMG_5347




仕事場でも家庭でも存在感が薄い、万年平社員の小田一夫。

穏やかさは、優柔不断さゆえに備わった取り柄の一つらしい。



彼の人生では”あるある”なんだろうな…

ちょっとしたお間抜けさで起きた事件をきっかけに、

その人格は事あるごとに180度真逆のものに変わります。

現代でも人気者、稀代の武将・織田信長の憑依によって

豪気豪快と言われるノブナガ人格そのままに。


DSC00334s1

(c)CBCテレビ             

一夫自身はもちろん、彼の妻と娘、職場の同僚達にも

当然のことながら困惑と混乱が起こります。

ですが、

彼の行動言動の変化は徐々に意識の変容を起こし、

周囲の人にもつられるように内的変化が起こり、

そして、その結末は・・・


DSC01256s1t

(c)CBCテレビ      


さすが、映画「超高速!参勤交代」でもお馴染みの脚本家・土橋章宏さんが描く世界です。

波状攻撃的に投げられる笑いのボールは

わがクス笑いのツボに入る一方で、不意打ちでほろっと涙のツボにもジャストミートする。

(笑って泣いてが忙しいではないか....)



物語の展開と笑いのスピード感をよそに、

戦国時代とも変わらないだろう佇まいで今もそこにある

”清流の国 ぎふ”という土地に、歴史・文化に流れる時間とのギャップ。

”....そうだ、岐阜に行こう...(未踏の地だもん)"

背景に広がる岐阜時間のゆるやかさに、魅せられるもする時間でした。


(c)CBCテレビ
41A_7332


  ひとりの人には
  幾つもの人格が備わっている。

  普段と真逆の人格とキャラに
  本来の”伸びやかな私”がいるのかも...







すでに秋のセンチメンタルに侵食されたのか、私?

迷路に入りがちだったこの頃の私が

受け取ったのはこのメッセージでした。


nobunaga頂戴したグッズには隠し薬玉の食欲の秋。

田辺画伯*作キャラクター「ノブナガ?」焼印入り

特性どら焼きにも甘やかされて、さらに自分を取り戻す。

芸術と食欲の秋本番!を告げてくれた『父、ノブナガ』


放送は10月7日(土)午後2時〜の2時間
(CBCテレビ製作/TBS系全国ネット)



”秋の昼下がりは気分も爽快、

ゆえにわがウォーキングタイムには絶好の時間である。


ならば、録画”という文明の利器を使って

夜長の秋にもう一度観るもあり、

もう一度大爆笑しながら”自分回復”もありなのでR。
(あれ?この口調、誰だ?)



**************

☆つぶやき...(裏話)
 役者としてだけではない、田辺画伯としても巷で名高い
 田辺誠一さんに御会いできることも愉しみの1つとして出かけました。

 記者会見で語られる現場のエピソード、そして、俳優としての姿を拝見することで、
 テレビで視聴するだけ、以上の感慨が生まれます。

 主演の田辺さんのクリスタルな澄んだ瞳に心を射られ、
 妻役・森口瑤子さんの凛とした美と佇まいに背筋は伸び、
 娘役・若手の染野有来さんの鮮度高い可愛さに微笑みながら、
 登場人物としての、1人の俳優としての、それぞれの存在のコントラストを
 同時に感じ取りながらの試写は役得の極み。
 試写の場に居られたことは「恐悦至極に存じます」でした。


 私事、ご覧の通りのマルチタスク的仕事人生
  (何屋なの?とよく尋ねられます。。。今回はアナウンサー&ライターとしての仕事)
 ですものの、それぞれの職務にワタクシ芸有り。
 彩り豊かなこの芸人・わたしを素直に表現していくこと、
 それに遠慮不要であることでこそ、お人の役にも立てている。
 そんなホントのことも確かめさせて貰った、笑いと涙と激励!の70分でもありました。

 皆様も、あなたにとってのメッセを、番組から感じて頂ければ幸いです。

 .観てくださいね(←一番伝えたいことだったの!)。

mak5 at 19:00|PermalinkComments(0)

February 12, 2015

Begin ....again or new

  

  大人の心音のミュージカル...

  だわ・・・。


  自分のため、恋人とのため....だけに
  歌っていたはずの歌声が、

  あるひとつの出逢いで
  あらゆる人とのえにしや、出会う人々の関係を
  いつしか修復していく・・・。

  街角に埋もれそうになっていた
  音楽のあらゆる才能が結びついて
  爽快なキセキを起こしていきます。

  それぞれの人が奏でる音、声、そして、心が
  オーケストレイトされて
  それぞれが自らの人生の中心に還って行く。
  そんなイメージのラブストーリー。

  create....創る、ことってやっぱりいいな...
  
  音も、芝居も、人生も創り方と源は同じ。
  
  創るための
  ”一番大切なエッセンス”が
  登場人物のひとりひとりのつぶやきから聴こえて来るお話です。


  ギター1本だけの歌に
  色んな楽器がイメージの中で
  編集されていく場面には最高にドキドキした。。。

  いつものように日常の呼吸と同じくらいの自然さで
  助演を務める
  キャサリン・キーナーの存在感に心を奪われつつ、

  甘いけれど甘すぎず(soooo sweet, not too much...)で
  ちょうど良い塩梅の歌声の
  主演のキーナ・ライトレイの『Lost star』に
  忘れかけている乙女心を呼び起こされます。


  ”BEGIN AGAIN”.... something.


  観ている人の数だけの "sometning"が
  それぞれの登場人物、NYCの街角のワンシーンやその街を行き交う人々に
  見つけられることでしょう。

  BEGIN AGAIN...
  個人的には
  何度目かのagainになる私の”それ”について、
  タイムリーに背中を押してくれる作品になったような。
  
  次に観るときには
  ”それ”をクリアして
  
  begin new....
  次なる”それ”を初めている時でしょう...
  ヒロインのグレイ(K.ライトレイ)と同じように。。。


**

『ONCE』のジョン・カーニー監督の新作。
 前作の鈍色のダブリンの街と目で語る物語の
 余韻がいまだ残っていること、そして、
 大好きなNYCが舞台ということにも惹かれて
 観に行きました。
 大都会の持つpopな空気の中で繰り広げられる
 都会版onceのきゅんとくる物悲しさは、
 あの時からは変わった自分にはちょうど良い
 湿気感.....でした^^)
  
  
  
  
  

  

mak5 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 24, 2014

天才とは・・

想い − 妄想・空想・夢想 −に、熱を加えると・・・

 有形無形のカタチになる。



 それは”天才”と評される者達に顕著に伺える
 共通する資質の一つ。

 
 米モンタナ州、広大かつ長閑な牧場で暮らす少年が、
 慣性の法則を使った世紀の発明により
 スミソニアン博物館の権威ある科学賞を受賞・・・・。

 発明者はT.S(スパロウ)スピヴェット、
 年齢10歳、小学校6年生。

 木登りが好きで、ハロウィンのラタンが恐くて夜のお手洗いに立てない
 どこにでもいる男の子。ですが、探究心と追求心に愚直なまでに正直、
 好奇心の琴線に触れたものは、徹底して科学し結論、結果を出す天才児。
 超越した賢さは学校はもちろん、家族にも理解不能の域に達しています。

 双子の兄でもあるのですが、かたわれである弟の死をきっかけにして
 普通の子供としての心の部分は、意識の奥底で死に絶えます。
 彼のみならず、父の、母の、そして姉、それぞれの記憶と心の深い所で傷を負う出来事で。


 登場人物それぞれのエピソードの一つ一つを繋ぐ糸の役割を果たすのは、
 授賞式のあるワシントンDCに向かうための壮大なる家出、
 米大陸の西から東への大横断の旅でした。

 旅の途中で巡り会う人の言葉に表情に、彼自身の回想に、とんでも系の出来事に、
 彼の哀しみや寂しさは癒されていくのですが....。


 監督は『アメリ』、オドレ・トトゥーのコメディエンヌとしての才能も開花させた
 秀作を生み出したピエール・ジュネ氏。

 自然色だからこそ出る、豊かで鮮明な色彩風景の中で、
 T.Sをはじめとした登場人物達の心の色も、
 控え目なものの鮮やかに描き出されます。


 圧巻は、エンドロールの登場人物それぞれの一言、または表情、と言いたいところですが、


 ”....水滴の経路は....”


 授賞式後にT.Sのモノローグで語られる”水滴が持つ秘密”という科学的な事実は、
 わが心にしっかりtake noteしたフレーズです。


想いに、情熱という熱を加えると

いかなるモノも創り出せる。



 想いも情熱も創り出す力も、その化学反応を起こす力も、
 それは誰しもが持つ天から授かった才能です。


 10歳児の驚異(内容はある意味脅威なのですが...)の発明と大陸大横断、
 家族にもコミュニティーにも記憶に影を落とす事故、膨らむ空想と妄想と普通の日常と
 突飛さも平凡さも交錯しながらかつ躍動しながら、
 達者な俳優陣による、笑いと涙の数々を振りまく物語。


 終演後、静かに席を経つ観客には
 どこかしら「満ち足りた」空気が漂っていたような。
 乱れのない静かさがそれを物語っているように感じられました。


 ”天才・わたし”の想いは、はて何だったのだろう・・・

 この人生の大切な記憶を思い出すきっかけにもなる映画時間。


 ”天才○○○”
 あなたも天才・自分を探してみて下さいね。

 エンドロールの一言ひとつひとつも見逃さず、聞き逃さずに。。




main

『天才スピヴェット
 (The Young and Prodigious T.S. Spivet)』


  TS役のカイル・キャレット...可愛いすぎます。
  俳優を続けるのかしらね・・彼は。



mak5 at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 07, 2013

生かして活かしていかないと勿体ない....ワークショップ【感想】

カウンセリングを生業とする方に

『自分の声を聴くワークショップ』セッションを受けて頂きました。


きっちりとセッションの刻々の変化と細部を分析しつつ、
体感や心で受け止めたことをしっかり言葉にする...

自分の心身の声の聞き上手は、対話するお相手の声の聞き上手...なのでしょう。

そのまま掲載してもよろしいとのこと。
みなさまの参考にして下さればと嬉しい言葉を頂戴、甘えさせて頂きました。感謝。

どうぞご一読を。

********

セッション前
自分の声に自身がない。
いつもどの音程からはなせばいいかわからずストレスがあった。

人の声は羨ましい、特に低音、渋い声。
子供のころから、人に自分の声を聞かれるのがいやだった。
→不特定多数、信頼できない人に自分の意思を聞かれるのが嫌だった?

セッション後
自分の声の高さ、どこの音程が自分の声かわかった。
→自分の声を自分自身の心(?)の中から赦すことができた、OKを出すことができた。

今まで以上に自信を持って声を出していい自分に気づく
→会話をすることが楽しくなる、一言で言うと、ワクワクするようになった。

自分の声をドンドン試したくなる
→自分の人生に前向きになる。

自分の声を色んな話し方、大きさとかを試すことで、
セルフフィードバックをする余裕ができ(自分の声を赦しOKをだしているので)、
結果的に自分の事をセルフカウンセリングしていることになり、
自分の意識、モチベーションを常勝いや上昇スパイラルに持ち込める。

とっさの一言を発する時も
無意識のうちに、
「この高さで声をだせばOKなのだ。」
と意識的(矛盾しますが)にチェックが入り、
堂々と振る舞えている。

これはすごい、今までのボイトレ等声に関するセッションで初めて(涙)


人間って、
備わったものはすべて使い切って
なおかつ、それを人のお役にたつように生きていくものだと
改めて思いました。


せっかく、授かった自分の声、
大切に生かして活かしてイカシテいかないと勿体無いし、
親不孝者です。

人間は自信のかたまりで生きている、
ということも感じました。

自信=セルフイメージといってもいいのかな。
なので、
その自信を高める第一歩として
自分の声を聴く朗読、
とても有意義であなたの人生に
必ずやプラスの成果を出すことができると思っています。

三浦まゆみさん、ありがとうございます。


******

(こうして”まんまの素声で話す”仲間が自然に増えていくと...いいな...)

『自分の声を聴くワークショップ』

気になる方は、どうぞ起こし下さいね....詳細はこちらへ......


もみじこちらのイベント↓↓↓前の『個人セッション』、かなりお得です・・・もみじ


日時:10/20 午前10〜正午(2時間)
場所:ゆうど(イベント会場と同)
料金:20,000円(この料金で、午後のイベントにもご参加頂けます)
募集:2名

申込:maplemiura.voice☆gmail.com(☆は@で)



【イベント開催】10/20(日)『お茶席×自分の声を聴く朗読会』

  詳細、お申し込みは

  *Facebook :https://www.facebook.com/events/150358741840491/
  *こくちーず :http://kokucheese.com/event/index/118186/


mak5 at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 29, 2013

いく久しく.....『本日は、お日柄もよく。』



本日は、お日柄もよく (徳間文庫)
本日は、お日柄もよく』
(徳間文庫)




『....
 なんだろう、この気持ち。何かに似ている。

 ああ、そうだ---------誰かを好きになったとき、
 恋してしまった瞬間に似ているんだ。』

(心のつぶやき by 二ノ宮こと葉 )



そう!そうなのだ。

続きを読む

mak5 at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)