つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

想い

March 11, 2016

311...五年後。


FullSizeRender

五年前のきょうより

ずっと寒い......あの日から5回目の3月11日。


******************


あと数十秒ほど長く揺れが続いていたら

呼吸するすることさえも困難になっていただろう…。




あの日から

5年という時間が経ったが

私の中では、整理された、この人生についての手応えや感触らしきものは

ない。どこにも見当たらない。

周囲の人々が口にし、宣言しているような

煌めきを帯びた、エネルギーが満ちそうな

目標やら、気合いやら、使命、うんぬんのような

他人だけじゃない、自らの心をも喜ばせそうなそれは…ない。



ただ、ただひとつ確かなことは


意識と

この意識を包み込むカラダと頭の中で

あの瞬間の直前までの

あらゆるもの・・・すべからくのことは

壊れたのだ、ということ。



私にだけじゃない

それはあらゆる人々に

等しく起きたこと…であるということ。



壊され、開放されたこと。

真(まこと)のそのなにものかを

頭と思考で一所懸命にとらえようと

きょうもどこかであがいている私がいるけれど

あがきはあがきのままでいい。。。。これからも。


すでに”それ”を知っている、ずっと知っていた

自分のままで、自らの人生を生き続ける…こと、それだけで良いのだ。


自らのその生きる在り方、生き方は

ー復興、再生ーみなが望んでいるだろうそれを

実現させる最良の方法なのかもしれないのだから....。

そのための、特別な何か、を成さずとも最良の方法なのしれないのだから。




被災者と呼ばれる者達もそうではないと想っている者達もみな



自らの人生を生きましょう....

他の誰かの人生を生きることなく生きましょう....

自らの奥にあるものに想いに、素直に、誠実に、生きましょう。



(津波と原発事故による被災者のみなさまには、
とくに
自らのそれぞれの人生にもっと素直に生きて頂きたい....)



あの日からも、当たり前に呼吸して生きている5年後に想う...

もっと素直に生きて良い...自分の意のままに...


すべてのもの達にそれは許されている.....

生まれたことの最大のその贈り物を、あらためて確かめる


2016年3月11日にて


合掌




*写真は、NYC:THE CATHEDRAL CHURCH OFSAINT JOHN THE DIVINEのPeace Tree。
 ツリーの詳しいお話は、こちらもお読み下さいね.....『Peace』

mak5 at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 17, 2014

ひと言 (再掲)

*思うところあり、5年ほど前のものをもう一度掲載します。
 よろしければお読み下さいね。

...........................................


....ぐっときて、ちょいとあわてた・・・

  出演コーナー直前の
  1通のメール。

続きを読む

mak5 at 13:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 12, 2009

ラリー

741ecb50.jpg 皐月生まれの知人多し

 Birthday cardの『おめでとう!』
 
 返しに
 
 Thank you cardの『ありがとう!』

....に
 
 こちらからも「ありがとう...」とつぶやく


 声として届かない声に

 相手もまた「ありがとう.....」とつぶやいている

 ....んだろうな


 ありがとうに
 ありがとう

 そして、また

 ありがとうに
 ありがとう

 ありがとう
 ありがとう
 ありがとう
 ありがとう・・・

 永遠に続く見えない感謝のラリー....
 に気づいて

 感謝する日。


続きを読む

mak5 at 07:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 25, 2008

シンフォニー

August Rush
(奇跡のシンフォニー)




「あなたの音楽はどこから生まれてくるの?」


「音が生まれてくる所から・・」
続きを読む

mak5 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 24, 2008

”楽”

4c2c10d4.jpg『楽』....

 らくらくと
 楽しく楽しく・・・

続きを読む

mak5 at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)