つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

師走

December 11, 2018

初霜

IMG_8033



一夜

明けて

冬のしずく

一滴、また一滴...

冷たさ

積算して

二倍速で

真冬の寒さ

空に地に

染み込む...

駆け足で

歩みだす

季節に

”師走”という

速度

伝えられる日。






*初霜:冬になってはじめて降りた霜のこと。風は穏やかで気温は5度以下の朝に、
    地面付近の温度が0℃以下となり霜が降りることがある。冬の季語。







☆つぶやき...
 ダウンコートの下はいつになく防寒を意識した厚着だったけれど、
 それでも体が多分驚いているきょうの寒さには筋肉のこわばりを感じる。
 ちょっとした油断が不調につながる....冬の助走期間の”風の子〜”はほどほどにです。
 (写真は、Noguchi Museum in NYの”Akari”シリーズ。ラタンの持つ温もりをどうぞ)



 

mak5 at 20:38|PermalinkComments(0)

December 07, 2018

大雪


IMG_1880



あふれる

日差しに

足取り

軽やか

こころ

スキップする....

真昼に

小春

夜に

冬...

二段跳びに

スキップする

季(とき)、



進む日。










*大雪:たいせつ。二十四節気、雪が本格的に降り出す頃。鰤などの冬魚の漁が盛んになり
    熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付く頃。冬の季語。






☆つぶやき...
 転換期を迎えている人々が多い様子。近くにも遠くにもご縁のある方々に。 
 そんな中で今年の自分をちらりと振り返ってみる。
 転換期...ゆるやかにそれは私にも続いている。
 その変化は頭の中で思うよりも心地よい変わり方なのかも...と客観的に。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 










mak5 at 19:41|PermalinkComments(0)

December 03, 2018

冬の更衣


IMG_2159


朝と夜の

空気が

冷たさ

重ねる

昼の気も

冷たさ

まとう...

薄日だけ

差す

灰色の空の

冷たさに

まだ薄い

冬物

重ねて

わが体温で

温もる日。





*冬の更衣:かつて宮廷では、陰暦10月1日に、衣服、調度類、室内装飾などを
       夏のものから冬のものへと改めた。冬の季語。








☆つぶやき...
 まだのんびりモードの時期ですものの、師走だわ。
 自他ともに加速して人に会ったり会おうとしたり...の気配のこの頃。
 走り回るように忙しい...ともたまには良いのかも。
 同時に、こんな時こそていねいに体も労わらねば...。





もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 









 

mak5 at 21:49|PermalinkComments(0)

December 01, 2018

暮来月朔日

IMG_1232 2



ゆるやかに

開ける

過ぎる

暮れる...

ゆるやかに

温まり

冷える...

きょうという

一日の

穏やかさ

長らくの友と

分かち合う...

2018

残る

ひと月、

再会の

至福で

始まる日。







*暮来月:くれこづき。12月の異称。師走。冬の季語。




☆つぶやき...
 6千マイル以上の距離と半日の時差でもって長らくの友としていてくれている友人と
 記憶に遠いほどの久しぶりに再会する。変わらない笑顔と変わらずのほっとさせてくれる
 声と話し方、そして、気遣いある言葉一つ一つがこちらを変わらず素顔でいさせてくれる。
 数時間だけのおしゃべりだったけれど、前回の再会の時ときょうの再会という時の間にある
 継ぎ目は存在しないようにすんなり繋がっていた...。さあ、次はトロントで再会だね。
 嬉しいづくしで始まる師走初日です。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 21:43|PermalinkComments(0)

December 30, 2016

小晦日


161230_131528

3...2...1...

カウントダウン

しながら

1...2...3・・・

今年の

良きことを

カウントアップする...

本日も

彩雲日和なり、

2016締めの

晦日もうで

ほのかな冷たさ

触れる

指先合わせ

静かに

感謝する日。


*小晦日:大晦日の前日のこと。晦日は陰暦の月の末。12月30日にあたり、小晦日は
     陰暦の12月29日、陽暦の12月30日。冬・暮の季語。




☆つぶやき...
 空もようの移り変わりが美しい一日。雲に反射して発色する薄いレインボカラーの
 微妙な変化を見つけては立ち止まり見つめる。
 ほんの短い時間に何度も”美しい”とだけ脳内言語が木霊する。。
 幸せであること、ってこんなこと、なのですよ...伝わるかな〜この感覚。

IMG_1195







もみじ 毎日の天気予報・つぶやき・空フォトはこちらへ → fb 毎日更新 









mak5 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)