つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

季語

March 05, 2018

春の雨

201803051


雨待ちの

朝が

明るく

少し暖かく

明けていく...

ひと雨ごとに

季節の

足取りも

軽やかになる...

すこし温かな雨

昼に

夜に

降り行く日。





*春の雨:春に降る雨の総称。春の季語。





☆つぶやき...
 ばたついて、イラつくこともるけれど、
 そんな時は無理をして穏やかでいようとしないこと。
 って、思うだけで心は徐々に平熱に戻る...。笑。

mak5 at 20:11|PermalinkComments(0)

March 04, 2018

早春

201803041


ふわり

南風

吹いて



一枚

真昼に

ふわり

脱ぎ捨てる...

宵の

南風



一枚

ふわり

再び

まとわせる...

爛漫の

春もどき、

温もりの

濃淡

淡く

うつろう日。







*早春:立春間もない頃。川の流れや山々の様子などに春の気配、息吹を見出すのもこの頃。
    春の季語。




☆つぶやき...
 服装に戸惑う様な気温変化の日々が始まった。
 色合いも素材も変わらない冬物だけれど、寒過ぎた先の冬には中々なかった
 小春日和の時間を味わうよう。厚着のままで遊ぶ春陽気も、いとおかし、である。
 あすは荒れ模様....






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは
こちらへ → fb 毎日更新 


















mak5 at 21:05|PermalinkComments(0)

February 26, 2018

匂草

201802261


咲く

咲く

春告草



開く...

咲き続ける

真冬と

澄まし顔で

競演する...

馥郁たる

温もりの

香り

寒さの

中で

微かに

勝つ日。








*匂草:梅の花のこと。春の季語。



☆つぶやき...
 「スミレはスミレ、、、。ということ」ほんとうにそうだね。
 理数の世界からは宇宙の計らいがより近く視える....。
 天才数学者からの学びにて。
 気象からも同じく...。





もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは
こちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 20:04|PermalinkComments(0)

February 21, 2018

寒返る

201802211


隙のない

冷たさに

満ち満ちる

真冬の

気に

ひさびさ

抱きしめられる...

長く

まだ濃い

この冬にも

浅い春

真昼に

花木に

そろり

確かに

息づく...を

冴え返りの

気と

ふくらむ

木の芽の

温度差に

観る日。








*寒返る:春さき、暖かくなりかけたかと思うとまた寒さが戻ってくること。春の季語。






☆つぶやき...
 決めつけるのは他の誰でもない、それを口にしている自分でしかない、わ。
 とあるやりとりをみて、わが身、意識をゆるませる...の日。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは
こちらへ → fb 毎日更新 
















mak5 at 20:19|PermalinkComments(0)

February 18, 2018

絹更月

IMG_6672


ぎゅっと

真冬

詰め込む

風に

吹かれて

この月を

じわり

厚着の

肌に

味う...

余る寒さ

衣更着月

らしき

冷たさの日。






*絹更月:きさらぎ。2月の異称。





☆つぶやき...
 これまで経験してきた業界と仕事、今経験中の業種と仕事、そして、
 プライベートの体験全てが繋がっている。
 受講中の気象防災の専門家としての強化学習の場にて、改めて感じた今日。
 マスコミの各分野全て経験の気象予報士&その逆も同、かつ、
 いずれも民と官両方の経験の希少さと貴重さも…
 と手前味噌ながら 笑。
 学ぶということは自分を知る機会だわ。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは
こちらへ → fb 毎日更新 














mak5 at 20:02|PermalinkComments(0)