つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

六本木ヒルズ

October 30, 2014

創る....ということ(東京国際映画祭 メモ)

この仕事をしながら、しばし忘れかけ遠ざかっていた

”別世界を創る”こと....。

演劇に関わっていた時の”熱さ”を思い出しました。

高校から大学、社会人になってから、そしてトロント滞在時と
演劇時間は、振り返ればかなりの長きに渡ります。

10570319_757192544347710_4589424088239932739_n  『東京国際映画祭 2014』

  定番となった六本木会場ヒルズアリーナにての
  バイリンガルMC。私の今回の役目です。

  ステージイベントでは、招待作品や映画番組収録のため
  多くの映画監督、俳優等が集い各作品が紹介されます。

  スクリーンを飛び出しリアルな俳優某として彼らが
  語るのは、制作過程での想い、現場の空気、そして、
  作品=別世界へのお誘いです。創造物としての
  役=登場人物からバトンを受けとりながら、
  リアルな存在である俳優として語るその言葉一つ一つ
  には、割り増しの言葉や、ご自身の丈を超える誇張した
  想いというものは感じられません。

  インタビュアー役でもある進行MCの方も
  言葉の引き出し方がなんとも素晴らしい。。。

  引き出され、伝わってくるのは
  創り込まれた言葉ではありません。
  役と演者が調和した、その人の持つ等身大の温もりや思い。
  どなたのトークにも誠実さと素直さが溶け込んでいます。

141024_175145
  作られた世界を創るためには、無意識レベルも無意識の
  うちに取り込まれ、意識+無意識=情熱というものが
  自然に生まれ満タンに、その場に注がれるもの。
  演劇と空間こそ違うものの、映画も同じ。その”熱”のような
  ものは、紹介作品が変われどそれぞれの作品の監督、出演者
  から受け止められる熱のほど、温度は変わりません。

  そこに確かにある温もりは、
  ハートの真ん中に
  ちょうどよく心地よい温度で染みるのです。


141028_182442
  



  『あ〜...

   "創ること"って

   ほんとにいいですね・・・』

  
  (淀川長治氏 風..)


   そんなつぶやきが
   口から漏れて来そうになりました...
   何度も。




  壇上で直接にその想いを載せた言葉達と対話してみたい...と
  素直に希望したくなる時間の連続でした。
  この映画紹介イベントについては
  前後アナウンスのみで、監督、出演者と触れ合う機会は無かった
  のはなんとも残念!

  同時に、しばらく観る事ことさえ遠ざかっていたお芝居、
  そして、少々億劫さも最近あった映画を観ることについて、
  帰還するためのきっかけも頂戴していたのでした。

  創り手を知れば、
  その想いに触れてみれば、
  どれも愛おしい。
  
  そこには好みという判断が入り込まない。
  同じ人として持つ”創る力.....創ること”への敬愛だけが残ります。

  
 『あ〜..."創ること"って、ほんとにいいですね・・・』
  
  久方に、芝居と映画鑑賞心を揺り起こされ、
  ”なにかへの情熱”というものの萌芽を自身の中にみつける「東京国際映画祭」時間。
  
  あれはわが転換の案外と大きな機会だったのだな...
  の予感すでにありの時間。
  大きな予想外にもこの好機を下さった方々に、また、無事に終えられたことに感謝します。

  さて....”創ること”でもまた一段ステージアップしつつ、
  私の人生という舞台を楽しむことにしましょうか....。


*久々にナチュラルトークでラジオパーソナリティー的
仕事が出来たことは非常に嬉しい出来事でした。
J-waveさんありがとうございます!.....とここで密かにお伝えしますね...。




141028_195815
全任務完了、帰る寸前
ポーズに困りピースの図...
.



mak5 at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)