つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

一陽来復

December 22, 2017

一陽の嘉節

201712221


燦々と

降る



凛々とする

冷たさ

降り落とす...

一陽来復

冬はじめ・・・

純度

100%の

寒さに

掃き清められる日。





*一陽の嘉節:冬至の日をめでる言葉。冬至を境に日が再び長くなることがめでたいとされ
       こういわれる。冬の季語。






☆つぶやき...
 裏返しにしていた表面を、裏返して表に戻る、戻す。
 ”一陽来復”とは自身のことでもあり....と思う
 今季の冬至の日にて。







もみじ 毎日の天気予報・つぶやき・空フォトはこちらへ → fb 毎日更新 









mak5 at 20:58|PermalinkComments(0)

December 20, 2016

一陽来復

IMG_1135


日増しに

まぶしさ

増す

陽射し

ゆるやかに

移ろう

雲の

間に間で

濃く淡く

光の力

見せつける…

一陽来復の

カウントダウン

曇る合間も

地上

ほの温かき日。



*一陽来復:冬至のこと。12月22日頃にあたる。無病息災を祈って柚子風呂に入ったり、
      粥や南瓜を食したりする。2016年はあす12月21日。冬の季語。




☆つぶやき…
 年に何度もないことというものがあります…
 引きずる”超・立・レ点・腹”(漢文調)というモノ。
 この度のものは失礼な振る舞いに対して(毎度敏感になる類いか…笑)。
 自らのそれを自覚せず、逆にこちらを非難する態度とは…
 若さゆえと集団心理にありがちな事とは言え、それはすでに無礼者の域だわ…。
 と想うのです(ド! 笑)。2016最後のenrage納め、お許しを。




もみじ毎日の天気予報はこちらでどうぞ・・・

..おしゃべりあれこれ、空フォトも…→FACEBOOK・毎日更新中  



 









mak5 at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 23, 2014

一陽来復


141223_152645


  透明な

  空に

  淡雪....

  舞うよに

  凍る雲

  漂う....

  一陽来復

  折り返し初日・・・

  麗しき

  雲達の

  微笑みに

  ”来福”の気分

  贈られる日。


*一陽来復:冬至のこと。一年中で昼が最も短く、夜が長い日とされる。実際、日本では日の出
      が最も遅い日は冬至の半月後頃であり、日の入りが最も早い日は冬至の半月前頃。
      冬の季語。
  


☆つぶやき...2014ことし出来たこと8
 ささやかな美を見つけ、心の深い所から美しいと想う瞬間を数えきれないくらい味わえた
 こと。たとえそれが醜ととらえられているものにも、そう想うことがあったこと。来年は
 観たいと想っていた美を自発的に目に心に焼き付ける時間を躊躇なく持ち、手に入れる...ぞ。



 もみじFACEBOOKページ毎日更新中..毎日の予報、空フォトはこちらで...→  



  『自分の声を聴く』WS...  

「呼吸を意識する」それだけでも声が話し方が変わる・・・


 呼吸パートもバージョンアップしました。

自分の声をただただじっくり聴く。自分の声も自分で探し出すもの...

「生まれつきの素声(素直、素敵な声)」のためのボイスレッスンと内観の時間です
詳細とお問い合わせは→qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960

1月:4回シリーズ・フルレッスン5名、募集中。


mak5 at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)