つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

ライター

February 14, 2018

木目月

201802141



素直な



一色に

降り注ぐ

陽射し

無数の

線を

描いて

光色

放つ...

夕に

空と光

茜色に

染め上げて...

ひたすら

澄む一日

天然の色

魅せる日。





*木目月:きのめつき。2月の異称。


☆つぶやき...
 紙の書籍を読む人、携帯電話•ガラケーを使う人が、
 最近増えているような気がするこの頃。
 よりアナログな方が人間の思考のペースにも合うし、
 感性をキープ出来るような気がするわ。
 TPOでデジタルとアナログの使い分けをはっきりさせている身で
 感じていることなんだけれど。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは
こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 20:20|PermalinkComments(0)

February 13, 2018

春早し

201802131


ふわり

ぷかり

春空に

似た



見つめ

ひんやり

すっきりの

冬の風

纏う...

冷たい

冬晴れに

紛れた

春の兆し、

瞳に

温もり

映す日。






*春早し:立春間もない頃。春とはいえ寒さの厳しい時季だが、川の流れや山々の様子等に
     春の気配、息吹を見出すのもこの頃。春の季語。





☆つぶやき...
 呟いてよろしいですかね....。人間の体内時計に逆らう時間帯や、厳寒の中、
 そこまでして競技をする必要があるのかしらね...。健全さを感じない、
 感動も半減する今回の祭典と思うのは私だけだろうか。
 舞台に出るのも、その舞台を作るのも観るのも”人”なんだけれどね。
 





もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは
こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 20:47|PermalinkComments(0)

February 12, 2018

しみ返る


201802121


真直ぐに

戸惑いない

ロングブレスで

吹きつける

海風の

荒々しさに

すっきり

胸がすく...

舞い戻る

真冬

正々堂々の

寒さで

地上

浄める日。







*しみ返る:春さき、暖かくなりかけたかと思うとまた寒さが戻ってくること。春の季語。




☆つぶやき...
 いつもの通り道、自分のけもの道を一本変えると、
 視界が数倍開いて、明るさも増す。そんな日だ、きょうは。
 秘密のカフェがまた一件増えましたし。





もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは
こちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 21:03|PermalinkComments(0)

February 11, 2018

春淡し


201802111



伸びる

伸ばす...

やわらぐ

陽射し

そのままの

温もりに

しなやかに

なる

からだ

喜ぶ...

六寒一温、

進む

季節の

手応えに

心も

のびやかなる日。








*春淡し:立春を過ぎてもまだ春めいていない感じのこと。まだ風も冷たく、
     時には厳寒のころの気温に戻ったりもする。春の季語。



☆つぶやき...
 東日本大震災の2回目の強い揺れの時刻あたりに、
 当日の初回の揺れの資料映像を見る機会があった。
 身体はまだ記憶しているようで、呼吸困難一歩手前のあの状態を思い出し、
 心の冷静さと裏腹にみるみる涙が込み上げていた。
 地震そのものと、二次的な人的災害の数々の問題は終わっていない。
 むしろ新たな問題を作り出し、拡大している。
 この件も、身体からの哀しみの声に教えられる。
 来月の今日で7年が経ちます。。。。。合掌。





もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは
こちらへ → fb 毎日更新 
















mak5 at 20:21|PermalinkComments(0)

February 10, 2018

上春

201802101


ゆるゆると

空気の

緊張

緩んで

冬風に

温もり

宿る...

天空の



緩んで

地上は

雨に

変わる...

雨前の



春に

一歩

近づく日。





*上春:陰暦の時代には新年のことを示していたが、現在は春の初め頃のこと。春の季語。






☆つぶやき...
 気象人としての側面で、現時点での総括になるだろう勉強の機会を得ました。
 多様なバックグラウンドの方々とともに過ごす時間は、
 同じ気象防災従事者という共通点限らない、アメーバ状に広がり展開しながら
 新しい刺激も頂戴できることでしょう。
 春本番までの濃厚なこの時間を楽しもうっと。





もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは
こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 20:24|PermalinkComments(0)