つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

ライター

November 20, 2018

浅き冬

IMG_2200



やわらかに

きゅーっと

指先で

押すように

ほほに

冷たさ

ゆっくり

なんども

染み込む

染み込む...

空気が変わる・・・

秋越えて



肌に

溶け込む宵。






*浅き冬:冬に入ったばかりの頃をいう。街路樹の落葉が始まりしぐれた かと思えば
     小春日和もある。まだそんなに寒くない時期。冬の季語。





☆つぶやき...
 冷凍トマトを使ったスープでからだを温める。
 旨味が増して美味しく仕上がった分、からだも温まったようだ。
 今夜は冷えますよ・・・。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 











 
 
 

mak5 at 21:00|PermalinkComments(0)

November 19, 2018

短景

IMG_2117


シルクの厚みの



幾重にも幾重にも

ゆっくり重ねて

厚い雨雲が

早い夜を呼ぶ...

まっすぐに

誠実に

降りながら

灯りに

反射する

雨粒達

みぞれの

輝きの冷たさ

放つ...

冷たい雨

こよいの

寒さ

連れ来る日。






*短景:昼のみじかいこと。短日。冬の季語。




☆つぶやき...
 人生いろいろ...いつのまにか人生相談に乗っていた日。
 話を聞いているようで、結局は自分の体験も同時に語っているものよね。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 20:44|PermalinkComments(0)

November 18, 2018

冬用意


IMG_2189



日差しの

ぬくもり

ひんやりの

空気と

対比して

一段増しに

暖かい...

温もる昼ほど

はかどる

冬仕度...

衣の

秋と冬

一緒に

手入れする...

日差しのみの

小春、

風は

昼も

ほのかに冷たい日。








*冬用意:雪国では庭木の雪折れを防ぐために、雪吊や藪巻を木に施す。家の周りは
     板で囲んで風雪から家を守ったり、越冬野菜などを買い込んだりして、
     長く厳しい冬に備えること。秋の季語。






☆つぶやき...
 久しぶりに道を尋ねられる。よくあることなのだけれど、
 ipadに収めされた写真の建物を元にして目的地までの道順を聞かれたのは初めてのこと。
 いまどきはよくある尋ね方なのだろうけれど、効率的な方法にはっとする。
 当たり前のことの中に横たわる便利さを再確認して、小さく心が躍った午後。
 あの男の子は無事に辿り着けたかな...。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 21:03|PermalinkComments(0)

November 17, 2018

小六月

IMG_2175


のんびり

ゆるやかな

放物線を

描いて

昇る

降りる

陽射し

昼という時間

まんべんなく

照らす...

まぶしさに

誘われ

ゆる散歩...

こころが

描く

放物線も

ゆるやかに

穏やかに

過ぎ行く日。







*小六月:陰暦10月の異称。雨風も少なく、春を思わせる暖かい日和 。小春。冬の季語。






☆つぶやき...
 食事をしないほうが調子が良いくらいの体調であり、
 こんな時には好きな珈琲も気持ちは遠慮しがちなのだが、
 珈琲はどこで飲んでも美味しい&安心感、を感じるここ数日。豆の種類を問わずに。
 空気に冷たさが混じる季節のせいなのか...しばしからだの声を聴いてみよう。。。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 21:29|PermalinkComments(0)

November 16, 2018

冬着


IMG_2166



薄手の

明るい色の

セーター

着込んで

肌に触れる

空気の冷たさ

うすめる...

ひんやりの

夕風には

薄手の手袋

指先を

あたためる...

いつのまにか



包み出さす

冬の気に、

衣の冬で

ぬくもる日。








*冬着:冬場に着る物の総称。「冬服」などに比べるとやや古風な響きがあり
    主に和服を指す。冬の季語。






☆つぶやき...
 再会と同時に、入れ替えの期間にも入ったらしい...。
 部屋の中のものが一つ新しくなり空気があらたまる、整うような感覚になる。
 人も物も残り続けるモノ、見送るモノ、新しくやってくるモノ、変化が加速する...。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 20:45|PermalinkComments(0)