つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

ブルックリン

June 28, 2018

reunion....( Dumbo )




歩く....歩く...


IMG_8784



IMG_8782




歩く、探す....隙間の美。




IMG_8785



古い街並みとさりげなくコーディネート....


夏の風物詩、アイスクリーム・カー。




IMG_8780





IMG_8819



DUMBO...のマスコットは、Dumbo....

何より好きだったディズニーのキャラクターと再会(嬉)。




IMG_8806



マンハッタンブリッジと並ぶのは....毎度お馴染みのブルックリンブリッジ。



IMG_8796



6月...なんですね。


Strrowberry Moonの満月で始まる午後は、

お日柄もよろしくの日だったのでしょうか。


あちこちで、白いドレスを纏うJune Bride達の姿が見られます。

かしこまりつつもかしこまらない身軽さで撮影、移動する姿は

きょうの少し蒸した暑さにはない爽やかさ。

旅人達のカメラにもおさまりながら、世界中の祝福を受けています。





IMG_8822





IMG_8803


歩く、石畳と線路の名残を歩いて

ふらりDumbo散歩...


マスコットが”ダンボ”と知って、ますます好みのエリアになる...


居場所また一つ増える、日柄良き日。




*****



9CEA9F8A-9FFA-476E-B04D-734B3D43C535
 帰国のカウントダウンの
 数字が小さくなる。
 ますます薄化粧になる。
 火傷の跡は順調に治る…
 近況まで。







 Keep it in your mind:
 what will happen to you,
 when you copy these personal data, photos?








mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)

June 26, 2018

sweet memory...


IMG_8735


そろそろカウントダウンが始まる旅。


いつものカフェでのんびり....


窓外の景色はいつも以上に愛おしい。。。。



IMG_8732



愛おしい...の気持ちは、このふたりという形であらわれる....


IMG_8731



さわさわと豊かになびく木々の美しさであらわれる....




IMG_8730



見慣れた壁紙と並んですわれるあこがれだった席にすわる...




IMG_8728


お久しぶりのセイボリービスケット...

しばしのお別れ前の再会に喜ぶ、すでに味をいとおしむ....




IMG_8726



柑橘系のさわやかな甘さあふれる小さな記憶とともに...


しばしのお別れ...

Bakeri, Greenpoint。



甘辛まじる、わがブルックリンの聖地巡礼の日。





**
 いつも通りベイクドは美味しいし、お店の方もフレンドリーで居心地良いし。
 けれど、青汁(まずい!...けれど私は好きかも)の苦味以上に苦々しい人物とも
 ここで遭遇。
 仕事人としての自分は、同業者にはこと手厳しい...ということは古くからのつきあいの
 友人や仲間はご存知のとおり...でも、これまでのようなそんな次元ではない
 勘違いジャーナリストの態度には腹立たしいと同時に恥ずかしさも覚えました。
 お気に入りの店で取られた態度ということで、尚更感情が入ったのもありますが、
 この件は....もうすこし、この熱がおさまってからお話しますね。
 





mak5 at 22:41|PermalinkComments(0)

June 25, 2018

cozy... (Devocion : cafe)




ありがたい一杯でした。。。


IMG_8699



外から見えた店内の雰囲気が気になる。お客様に落ち着きがある...

用事を足したあと、通りがかりで心にフックしてきたカフェに入ってみると

ちょうどお客様の峠を超えたらしく、一段と落ち着いた空気に満ちた店内。



IMG_8702



いさんでオーダーをすると....とある事情でフリーコーヒーとしてご馳走になる。

若かりし頃のマドンナ(シンガー)似の店員が、笑顔で

店からのサービスよ...と淹れる一杯は

鮮やかな黄色のカップの中で新鮮な苦味と温かさの味わいだった。




IMG_8700



IMG_8704



IMG_8705



ゆっくりと、ゆるゆると時を過ごすうちに閉店の時間。

三々五々で入っていたお客様も徐々にひけて、そろそろカフェ時間の終わり。



外はまだこんなにも明るい...

抜けるようなきょうの空の下を歩くのも心地よい...


通りすがりで選んだカフェも、通りすがりで出会う人々も物も

なんだかすべてがCozy...


美味なるモノと人たちに....ごちそうさまです!の1日。




IMG_8706




**買い物先で、セネガル出身の方に話しかけられ
 日本語と英語のちゃんぽんで通りすがりのおしゃべりを楽しむ。
 セネガルといえばサッカーW杯の対戦相手の1チームなのですね。
 小さな偶然がなんとも愉快な遭遇でした。







**Devocion (Downtown Brooklyn)
 276 Livingston St,
 Brooklyn,
 NY 11201

mak5 at 21:30|PermalinkComments(0)

June 16, 2018

Again...(bakeri : cafe)


IMG_8430


やっとこの席に座われた。


地球儀の隣りで嬉し。

通りを眺めながらほっと...のゆっくり時間。


きょうのオーダーは、初めてこの店を訪れたときに食した

”バナナブレッド・ダイエットバージョン”。



IMG_8420



IMG_8422



IMG_8423



全粒粉とバナナとほんのりの砂糖の甘さに満足、量が少なくても満足 笑。


カップとお皿の無造作な組み合わせはいつものこと。

けれど、なぜか調和していて店のセンスそのままである。


IMG_8427


足元を見れば、タイルにもこだわりが。

オーナーの好みに染め上げられた店内は、訪れるたびに新しい発見がある。

なぜこんな所にキチン用具が?

アトランダムのようで計算された配置に。

うわ、かわいい!!(Kawaii!!)、とつぶやかせる技がある。


IMG_8426



IMG_8415



この席にやっと座れた。

地元の人たちの特等席だったような窓際のここは、ひとつの境界線だった。

常連なのかいちげんなのかの。


...常連のエリアに入れたような気がする...

きょうは何度目?の、回数を忘れた訪問にて。。。





***
**Brooklyn:
 マンハッタンとエネルギーが異なるこのエリアは落ち着く。
 どちらも”進取”の気だけれど、
 ブルックリンには新しい歴史を作らんとする自由自在さがある。
 より意思的な気風、ともいうか。。。心地よいのです...私には。


***
 IMG_8428
Baker (Williamsburg)
  150 Wythe Ave,
  Brooklyn,
  NY 11211

   




mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)

June 15, 2018

Bridge…(brooklyn)



橋…というものが好きある。



IMG_8403




「木造」のものに、より惹かれる。

その好きは、生まれ育った田舎の大河川に掛かる木造の橋が原点なのだろう。

両端から中央に向けて多少盛り上がりと揺れは力学的な必要から…

今なら、渡るにちょっぴり怖かった幼き頃の自分を安心させてあげられる 笑。




34386809_1732682383465383_338225685262761984_n




ここニューヨークで言えば、ブルックリンブリッジ。

わたる人々が作る振動で微妙に揺れる。

走りすぎる自転車で、振動の幅が小刻みになる木造の橋。

ゴシック風の石造りのデザインは欧州の城郭をイメージさせる。

しなるということを知る女性的な姿にうっとり、愛着を持たずにいられない。




IMG_8394



もう一つ、二番目の好みはウィリアムズバーグブリッジ。


橋の袂にある、お披露目さればかりのDOMINO Park で思いきり見上げてみる。

スマートな姿は…英国紳士風の佇まい。

鉄骨に施された鈍た深い青緑色をまといエレガントな姿勢で建っている。



IMG_8397



IMG_8398




橋渡し…であること。

思い返せば、新しきものの開拓と創造も、既存のものの伝承かつ展開という創造も

次の時代世代への橋渡し。


その役目を果たすべき場所に向かわされ、務めを果たし、そして、次もまた。

橋渡し役の道を歩んできた。


ならば、その命を全うすべきなのだろう。

自らの思考とは裏腹にまたそこに向かわされるとしても、その形は自ら選んで果たす。。。



IMG_8406




橋が好きである。

好きな橋を渡りながらこれからは生きていく…。



IMG_8412


(一緒に渡ってくれる人、この指に止まって下さいね。みんなで渡りましょう…)





***
IMG_8410
*Williamsburg Bridge
  イースト川の上に架かかる吊り橋。
  マンハッタン・ロウアー・イースト・サイドと
  ブルックリン区ウィリアムズバーグを結ぶ。
  自動車と列車の両方を通す鉄道道路併用橋。

mak5 at 21:00|PermalinkComments(0)