つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

ハナミズキ

April 07, 2021

はなみずき

IMG_1072 2



さやさや...

まぶしい

緑達

まだ

小さき

木葉

揺れる

踊る

風に

吹かれるままに...

陽の温もり

ぬぐう

ひんやりの

春気...

清々しき

冷たさも

まぶしき

日向

心地よき日。








*はなみずき:花水木。ミズキ科の落葉低木。北アメリカ原産。高さは5~10メートル位、
       日本の山法師の花によく似ている。4、5月頃に枝の先に四枚の白色の苞葉に
       包まれた花が開く。春の季語。





☆つぶやき....
 通りすがりに三歳児ぐらいの男の子とほんの一瞬だけ目と目が合う。
 ”ばいばい〜〜、ばいばい〜〜〜”
 背中でその声をキャッチしたような気がして振り向くと、
 挨拶は私に向けてのものだった。
 振り向いて笑顔ととともにこちらも手をりながら小声で挨拶...
 変わらず彼も満面の笑顔に一段と大きな声で
 ”ばいば〜〜〜い、ばいば〜〜〜〜〜い”と手を振り続ける。
 見ず知らずのおばちゃま(私)にありがとう...と、足取りが軽くなる午後。
 (そういえば、幼児〜小学生低学年位の子ども達にはよく声をかけられる、
  見つめられる...ふむ、きょうも何か違うものが自分の周りに見えていたのかも...
  と思ったりもする午後 笑)

 






qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960メディア出演、アナウンス、講演、執筆、コンサル等の
ご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...








mak5 at 21:58|PermalinkComments(0)

April 10, 2020

花水木


IMG_8521



風に

名残りの



混じる

空の透明な青に

名残りの冬

潜む...

陽射しに

満ちる

春と

名残りの冬達

調和して、

清々しき

地上

穏やかな季(とき)

流す日。







*花水木:ミズキ科の落葉低木。北アメリカ原産。日本の山法師の花によく似ている。
     春の季語。





☆つぶやき...
 歯科治療を終え、髪を整えて、ほっと一段落つくことができたきょう。
 どちらも万全の衛生環境の中で迎えられ、ヘアサロンではオールスターとも言える
 スタッフからのサービスといつもとは一味違う濃いめの会話とともに
 いつも以上の手厚いサービスをしていただく。
 いずれの方々とも「お元気でね」と互いに締める挨拶に、あらためて
 いま自分達が置かれている状況と平常ではない空気の中に居ることを知る。
 そして、あらゆることが変わらざるを得ないし変わる最後のチャンスなのだと...
 明らかに知覚する、ありがたき日にて。
 (この難事が最後のチャンス、です...よ)







qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960メディア出演、アナウンス、講演、執筆、コンサル等の
ご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...




 
 


mak5 at 20:50|PermalinkComments(0)

April 09, 2018

花水木

201804091



つぶつぶの



粒立つ

朝日

浴びる

さらさらの



軽く

頬打つ

冷たさ

浴びる...

満ちる

春気

純粋に

清々しい...

この時季の気

というもの

思い出す日。






*花水木:ミズキ科の落葉低木。北アメリカ原産。四、五月頃に、枝の先に
     4枚の白色の苞葉に包まれた花、中心には緑黄の小花が集まる。春の季語。




☆つぶやき...
 自分ペースで生きて行こう...と
 確かめる本日にて。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 21:18|PermalinkComments(0)