つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

ニューヨーク

May 24, 2017

my BLKLYN...in NY

IMG_3663


変わらないこと。


この橋


に、惹かれるということ

が、好きということ。


FullSizeRender





IMG_3646





FullSizeRender




わたしの代弁・サイン?もここに残っている。。。


FullSizeRender



橋との契りを交わし

(。。。で良いのか、自分???)

FullSizeRender





何度でも、何度でも


IMG_3641



IMG_3650



渡ろう。。。


”私のブルックリン”....


The Brooklyn Bridge...



(いつか通勤路になっていればよろし。。。)





mak5 at 16:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 17, 2017

ささやかな…in NY/Tokyo



IMG_3942



朝の通勤ラッシュを初体験。

Packed状態なら静かに見送る、

混んでもひとをおしのけない、舌打ちしない、バックパックは下に降ろす。。。

IMG_3937



IMG_3940



同じくらいbusy、東京以上にexpensiveだけれど

気づかいある、それぞれのpersonalityを客観的に受け止められる、、、、

この街の生きやすさ…私にはね

を選ぶな…


IMG_0326



鈍く淀んだ母国の空を見ながら、帰路に想う。。。

空色のせいじゃなく…


夕方ラッシュで、早速、無理矢理押されたわ
自ら(その人)のスマホを観るスペース確保のために。。。 笑。


日々を豊かに生きられる

ささやかながらの大切なこと…

ってなんだろうね...


毎度思う母国のあれこれについて...

今回も変わらず。。




mak5 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 15, 2017

街…in NY


FullSizeRender


羅針盤…

心の中にある羅針盤の針が触れるままに

この街の私の日常を訪ねる。


何度も乗る船、歩く道、渡る橋、入るカフェや洋服ブランド店。。。

それらは日々変わりない佇まいでそこにある。

変わりなくに感じる安らぎと

こちらが慣れるほどに感じ取れる微差のその時々の変化。

その安らぎと鮮度はいつしか

この街の私の日常になる、なっている。


エネルギー量は変わらないまま
速い回転の中でエネルギーが次々創り出されている街。

この街に住む新たな友人曰くに

頷く、静かに。。。。


安心とちょっぴりの緊張と、さざ波を立てて琴線に触れる新鮮さの連続。。。

これが私のこの街、New York City....


憧れ、の時を終えて

私の街のひとつ、の時が始まった旅。



さ、帰国です。



IMG_3935









mak5 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 14, 2017

空…in NY



IMG_3894



人の縁とは不思議なもので・・

そんなクリシエを思い浮かべながらも、その不思議さを思う。


初めましてのあと、女史トークを炸裂させながら

しっとりと大人の女達の締めらしく

礼儀正しく別れを告げる。

FullSizeRender



FullSizeRender



清々しい気分を抱えながら

見上げる今日の空も

美しい。。。


FullSizeRender



風に吹かれながら

夕刻の

天使の梯子と

ゆっくり夜を連れてくる

大粒の夕陽を

のんびり見つめる幸せ。

IMG_3903



そういえば

いつもいつの時も

空を見ている...

忙しい時もね・・・



私の一部を確かめる。


IMG_3895



仕事の一部として

これからも

空を観ていくことになるのだろう。

(仮定形)

果てないこの空というもののように

制限ない

私という人を

広げていこう、いける。

(断定...とする)


IMG_3904


そんなことを

内から外から

確かめる.....

人と空とのえにし

結ぶ日。

at Sunset park,brooklyn.




☆異国で出会う日本はひときわその優美さをきわだたせます。
今日お会いできた方のうちのひとくみはえ、素敵な熟練職人ご夫婦。匠の技術と洗練された美を綾なし、その機能を時代に適応させながら作り上げられた草履は一生モノ。
日本で再会できる日を楽しみにしています、黒田商店の黒田夫妻




mak5 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 13, 2017

雨…in NY



IMG_3862



朝から

雨の音を聴いている。


IMG_3869


窓を伝う

しずくが途切れない…

止むのを待ちきれずに出た外は、初冬の雨の冷たさ。。。


IMG_3871



雨の降る日はここで珈琲を飲もう。

と、いつの頃からかサードプレイスに決めていた。


IMG_3876



鈍た空色の静かな一日のままで終えること。

なかなか有り難い時間だけれど、少し無理をしてでも

外に出るのは悪くない。


ホームレスだけれど、自称コメディアンだった…と言いながら

地下鉄の中でパフォーマンスらしきギャグを交えた歌を披露するおじさん。

Mother's Dayに掛けながら愛ある笑いに周辺の者はみな、クスリ笑い。

湿気を含んだ車内も、軽く明るくなる空気。

切なさも含んだダミ声は、どこか味い深ささえ感じる渋さ。

いとしのエリー♪を歌ったら… 日本でも売れるのだろうな・・・


一席終えて投げ銭を受け取ると

感謝の言葉とともに次の駅であっさり別れを告げて、降りていく。


芸も言動もなんて爽快なパフォーマー。。。なの。




終日の雨の日の外出も悪くない。

晴れた日のそれと変わらない、

一歩外に出れば

心に光を届けるものが待っている。。。必ず。


On the way of Grand central Station, NY.





mak5 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)