つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

カフェ

June 16, 2018

Again...(bakeri : cafe)


IMG_8430


やっとこの席に座われた。


地球儀の隣りで嬉し。

通りを眺めながらほっと...のゆっくり時間。


きょうのオーダーは、初めてこの店を訪れたときに食した

”バナナブレッド・ダイエットバージョン”。



IMG_8420



IMG_8422



IMG_8423



全粒粉とバナナとほんのりの砂糖の甘さに満足、量が少なくても満足 笑。


カップとお皿の無造作な組み合わせはいつものこと。

けれど、なぜか調和していて店のセンスそのままである。


IMG_8427


足元を見れば、タイルにもこだわりが。

オーナーの好みに染め上げられた店内は、訪れるたびに新しい発見がある。

なぜこんな所にキチン用具が?

アトランダムのようで計算された配置に。

うわ、かわいい!!(Kawaii!!)、とつぶやかせる技がある。


IMG_8426



IMG_8415



この席にやっと座れた。

地元の人たちの特等席だったような窓際のここは、ひとつの境界線だった。

常連なのかいちげんなのかの。


...常連のエリアに入れたような気がする...

きょうは何度目?の、回数を忘れた訪問にて。。。





***
**Brooklyn:
 マンハッタンとエネルギーが異なるこのエリアは落ち着く。
 どちらも”進取”の気だけれど、
 ブルックリンには新しい歴史を作らんとする自由自在さがある。
 より意思的な気風、ともいうか。。。心地よいのです...私には。


***
 IMG_8428
Baker (Williamsburg)
  150 Wythe Ave,
  Brooklyn,
  NY 11211

   




mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)

June 10, 2018

雨の日... (La Colombe..cafe)


IMG_8222



居心地が良い。

店に入った途端、空間と自分と人との距離感がちょうどいい…と感じる。




IMG_8229




雨の週末は、マンハッタンの人出はぐっと減る。

年末年始の東京都心よりは多いのだろうけれど。

NYUのエリアであればなおさらであろう。

PCとスマホに向かい、黙々と仕事をしているらしい大人だけのカフェ。



店内には焙煎機、バリスタがイタリアンコーヒーを淹れてくれる。

ファストカフェだけれど、空間の広さのせいか時間はゆったりと流れている。


エスプレッソは重い食事のあとだけ。

ならばアメリカーノにしようかと迷いつつ、

ドリップ(一般的なコーヒー)も自家焙煎と知ってオーダーする。


酸味が強くありませんように…。



IMG_8225 IMG_8223



期待を込めて含む一口はやっぱりNYっぽいけれど、抑えた酸味にまずまずOKかな。


次はアメリカーノにしてみようかな。

ニューヨーク州内にも何店舗かあるようだけれど、

雰囲気も気に入ったこの店舗なら、平日のリピートもありだ。


最近お気に入りのソーホー・イタリア街は西端近くにある

La Colomba …

USシアトル系のスタイルだけれど、味はイタリアン。。。。

舌に馴染んでいる欧州系風味と目に慣れた米系の組み合わせが

しっくりくる…

珈琲時間であった。



IMG_8230



雨の日こそお出かけ珈琲を…居場所は変わっても習慣は変わらない。




***
IMG_8228  
 *La Colombe HUDSON SQUARE
  75 Vandam Street
  New York,
   NY 10013


mak5 at 22:38|PermalinkComments(0)

June 08, 2018

ほっとする...(La Lanterna..Cafe)



IMG_8152


ひとくち飲んで....ほっとした。



口の中に広がる苦味と香りは日本で飲み馴れているもの。。。



ひとくち食べて....甘い!

けれど、ほっとした。



家庭で手作りしていた蒸しプリンの強い砂糖甘さと少々かみごたえのある柔らかさ...




IMG_8144


イタリア人街にあるカフェ&ビストロ”. La Lanterna dl Vittorio"


酸味が効きすぎたNYの珈琲じゃない。

飲み馴れた(慣れたというより)中間的な苦味と濃さと香りに胃も喜んだ。

カスタードプディングも、家庭で作るような馴れた懐かしい味。

糖度の高さは否めないけれど、寒すぎるNYの冬には欲したくなる強みの甘さだろう。


苦いも甘いも香りも、久々に馴れたものたちに触れる味覚と嗅覚は

一ヶ月過ぎてもまだどこかに残る旅の緊張には、癒しとほぐしにもなる。


アメリカンよりはイタリアン...

自分に、おそらくは、概ねの日本人の好みとしてより浸透しているだろう味は

欧州系なのかもしれない...。

アメリカーノであるはずの珈琲は、明らかに苦味と甘みの両方を感じる欧風の味わいだった。



IMG_8145


窓辺の席には人気なし。

おまけに、扉を開けた途端、マネージャーらしきイタリア人マンマが

ちょいと鋭い眼光でまっすぐに見つめて、気持ちは一歩後ずさりする。

休憩時間なの?と思いつつ、小声で聞くと開店中と言われ....

ラッキーとばかりに窓際席貸切状態で隅っこに陣取る?。


いや、単に、奥の広々とした人気のガーデン席にみなさまお座りになっていただけなのだ。

まばらながら次々と訪れる客は、迷わず奥に向かい、

一度入ると帰る気配がないくらいに長らくおしゃべりを楽しんでいる様子。

オペラのBGMとほどよく混じりあいながら、

厨房を隔てた奥から楽しげな喧騒が聞こえてもくる。



IMG_8151


ゆっくり本でも読もうか...と思いつつ訪れたはずなのに、

いつものようにネットと戯れ終わってしまう。。。


それは独り占めの窓際エリアであったせいもあるのだろう。

そこはかとなくだけれど、何かそわそわしてしまう空気が流れていた。


次回は迷わずガーデン席で過ごしましょ。

適度な喧騒に紛れてまったりする時間は、

逆に時をゆっくりと流すBGMになる。

おしゃべり声という旋律の中で飲む馴れた味の珈琲は、

より美味なる、ほっとする時間にしてくれる....でしょうから。





**
IMG_8153

 *La Lanterna di Vittorio
  名曲「川の流れのように」の詩が
  生まれたカフェとしても知られていますね。
  作詞家・秋元氏がオススメのカフェです。
  落ち着くとは思うけれど、あのマンマの
  目力にはちょいと負けました 笑。
  (場所は、NYUとワシントンスクエアの
   すぐ近く)
  129 MacDougal St.
  New York
  NY10012





mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)

June 03, 2018

なつかしい...(Cafe Grumpy)


IMG_7894



ぼうや〜♪....とハミングしたくなる懐かしさ。



IMG_7895


名番組、あの日本昔ばなし..のキャラクターを思い出す。

いえ、このカフェ" CAFE GRUMPY" のキャラクターらしい。


国や人種は違っても、この小憎らしい表情には愛嬌を感じるのだろう...か。



古いアパートメントが建ち並ぶ静かなストリートに

この小憎らしいキャラが現れる。



IMG_7885



スタンプされたカップからも睨みをきかせているけれど

どこか笑いを誘う表情には、なごまされる。

酸味は抑えた濃い目の味に、また和むわたしのこころ。。。



IMG_7887


ついついオーダーしてしまう茶菓子、特にブルーベリーのスコーンは...

あれ、想像の2倍以上に美味しい。

さらに和むわがこころ。


IMG_7893



奥に向かって広々とした店内は、くつろぐのに遠慮はいらない。

さらに奥には、午後の日差しがつくる木漏れ日が心地よいパティオまである様子。



IMG_7886


懐かしさに、惹かれて誘われて入る "CAFE GRUMPY"...

味にも惹かれて...

サードプレイスをまた一つ見つける、

この街の居場所をまた一つ見つける日。






**Cafe Grumpy Park Chelsea
 224 West 20th Street,
 New York,
 NY 10011
 本店は「ブルックリンのGreenpoint店」


mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)

June 01, 2018

水無月朔日... (いつもの...Bakeri, Greenpoint)



濃霧が晴れて爽快な青空に変身、で始まる水無月。

いつもの朔日詣のしるしに(?)、きょうもBakeri at Greenpointへ。


IMG_0673



愛すべき店員のシンディーは今日は非番らしい。

控えめな感じだけれどどこかパンクの匂いがするメガネ女子の店員がサーブしてくれた。


厨房含めて女性スタッフのみのこのお店の従業員はみなさんは

きりりと美しく、かつ、可愛らしいだけじゃない、

ことごとくパンとスイーツを作ることを愛でている...様子。

ちょっとした会話にはそれぞれの出来栄えと気持ち、が出てくる。

それゆえの美味しさなんだろうね。



IMG_8043


”もっとセイボリー”な味を所望したけれど、きょうもほんの少し出遅れたらしい。

本日はフォカチア、ほどよい塩っ気に満足。




IMG_0675


お気に入りのブルーのピッチャーには、あやめと牡丹...かな。

和の香りも混じって、さりげなく生けられた花々がここのインテリアと調和する。




ゆっくりとした客足に、ほぼ独り占めの時間は書き物に集中できる。

ここでの一人カフェと文筆時間の相性は良いのかも。。。



IMG_0674



カフェタイムの前に訪ねた、芸術三昧初日の美術館のこともぼんやり考えながら

やりたいことについてのアイディアを、頭の中でまた少し妄想、立体形にしてみる。

ふふ、いい感じ...。




IMG_8042



水無月初日...


珈琲と美味しいものと、

やっぱりきょうも芸術、で始まる

新しい月。






**
 決める月、決まる月、望まれる月...6月であるように。



mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)