つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

アンカーパーソン

July 10, 2018

峰雲



IMG_8958



上空の

透明な空気が

青空の青を洗う...

空の青の

透明さが

雲が含む光の

透明さが

綺麗過ぎるここ数日...

哀しいまでに

美しい・・・

乾いた

夏空

さらり

肌に

熱届ける日。







峰雲:盛夏、聳え立つ山並みのようにわき立つ雲。積乱雲。夏の季語。




☆つぶやき...
 夜中に目覚めるとき、ふとここは日本なのかNYなのか...どちらなのだ、と
 一瞬迷うときがまだまだある。けれど、時差ボケが残るままの帰国と
 西周りの飛行で、帰国後の時差ボケは順調に回復しているような。
 とはいえ、生まれたこの国の習慣や意識が果たして自らに合うのか。
 時差ボケした頭の中でも確かな疑問が湧いているこの頃です。。。
 (to tell the truth...)






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 









 




mak5 at 20:43|PermalinkComments(0)

July 07, 2018

七夕2018

IMG_8938



雨が上がった..

海が見たいと思った。


少し強い南風が

いつもは穏やかな海に

波を立たせている...


西の国には

大雨をもたらしている雲に

向かう南風が

東に国には

風と波だけを

作っている...


海が見たいと思った...

科学と人の知で

予想という術で

分かってはいても

大自然の荒々しさには

どうやっても

抗えない

やるせない...

その思いを

波音に海風に

解かしたい...

だから海が見たい

と思った...多分...。

七月七日、

エメラルドブルーが

雲間にのぞく

隙間の青空の色だけは

美しい日にて。





**
 分かってはいても詳細な予報はおおやけの場で伝えることは許されない。
 事業許可(法規)という境界さえクリアできていれば、それで良いのか。
 喉元まで出ていても、人命にかかわるだろう必要な場所に求められるがままにの
 細かな情報を伝えられないことを、今回ほど悔しいと思ったことはない。
 組織に属している予報者なら許される...というものではないはずだ。
 現行の気象業界のシステムに、苛立ちと腹立たしさを述べることも
 隠せないほどに忸怩たる思いに心が染め上がる....
 この度の広範囲の大雨災害である。
 技術力を持っている者(気象予報士)ほど、その組織体を離れているのが
 現実、事実であることも付け加えておく(その理由は...ご想像の通りです)。
 ...大雨の地、西日本のみなさまに心の底からお見舞い申し上げます。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 







 










mak5 at 21:31|PermalinkComments(0)

May 08, 2018

ただいま...



...時差調整完了までには、まだ遠し。

しゃきっとする時間と揺り戻しの時間を小刻みに行ったり来たりのからだを持て余しながら

ブルックリンで目指すは、まずはここ!でしょ。

201805082


”I'm home...”


201805089


進む...



201805086


夕刻の爽快な風に吹かれて、進む...



201805083


そして、

...ただいまって感じ。


2018050810


201805084


201805087


さらに、こちらにも。ちょっと遠いけれど

”ただいま...”


2018050813




2018050815

  お疲れ様、きょうのカフェは

  いつもの一杯。。。


  シアトル系の濃い苦味。

  慣れたこの味にも

  ”ただいま...”

  熟(な)れた風味は

  歩き疲れによく効くわ^^)



mak5 at 21:30|PermalinkComments(0)

May 06, 2018

日常


201805062

数ブロックごとに

表情が変わる

そのエリアに住む人々のもつ、文化背景や層の変化が伝わる。


201805061

元々は倉庫街。

マンハッタンの華やかさを支えるためのエリアだったのだろうな...

という風情が建物や古くからの居住エリアの分散でわかる。



201805063

それもこれも作ってきたのは私たち人。。。。

これもね.."Climate Change is real..."

例えば、目の前のこの自動車という文明の利器も要因の一つ。




....地球はあるがままに数百年スパンで呼吸しているだけなんだろうけれど、

おじゃましているのは....私たちヒトが作り出す科学なのかもね...

”科学の発見と力”も使い様だね。





*ご近所のオーガニック系のスーパーで納豆とトロント時代にもお世話になっていた
 好みの食感のカリフォルニア米を発見。
 NYの生活が、さらに”私の日常”になっていく...。








mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)

May 04, 2018

飛ぶ


IMG_7276

風薫る

5月の

風に乗って

飛び立つ

飛び出す。



IMG_7281

朝に発ち

夜を越えて



IMG_7286


朝に還り...

風薫る街の

旅が

はじまる。



IMG_7290

ちょっとした挑戦も...。





*しばらくは、こちらNYからお送りしますね。

mak5 at 19:00|PermalinkComments(0)