つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

アンカーパーソン

January 23, 2018

雪帽子


201801241


キラキラと

いつもにはない

白光の

眩しさに

目覚める...

サクサクと

いつもにはない

感触

踏みしめる...

数年に一度の

雪の朝(あした)、

いつもの

朝も

新しく

生まれ変わる日。







*雪帽子:降雪時にかぶる帽子のこと。冬の季語。



☆つぶやき...
 雪国のような一日の始まり。そここで聞こえる、見かける雪かきの音や光景の新鮮さに
 心が喜んでいた。コートやスーツ姿で作業する方々には、いつもにはない除雪という
 仕事かと思うものの、どこかしら皆さん楽しむ表情や様子も窺える。
 非日常的な東京風景は悪くない。人肌を持つ者同士の距離感が、そこには見えた。

 ......今夜、明日朝はカチカチの路面に注意を!






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは
こちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 20:43|PermalinkComments(0)

January 22, 2018

銀化


201801221



寒さ

極まる

空も

地上も

凍てる

氷る...

柔らかに

絶え間なく

降る

雪の華

ビルの谷間も

白く

染め上げる

浄める日。






*銀化:雪のこと。雪は春の花、秋の月と並んで冬の美を代表する。冬の季語。




☆つぶやき...
 みるみるうちに純白に染まる風景を観ながら、落ち着いた気分になる。
 雪国生まれ育ちの遺伝子に組み込まれているかのような、
 無意識のこの冷静さ。と、嬉しさに、一方で、躍る心。
 雪融けの時間まで、どなた様もご安全に...。
 あすは、足下に終日気をつけて。



201801222







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは
こちらへ → fb 毎日更新 








mak5 at 20:38|PermalinkComments(0)

January 19, 2018

冬たけなわ


無題


りつつの

寒さに

弛み

混じる...

呼吸

少し

深めて

冬の冷たさ

味わう...

胸に

薄くしみる

寒さ

冬馴れの

カラダに

心地よき日。






*冬たけなわ:一年で寒さの最も極まる時期のこと。冬の季語。



☆つぶやき...
 さて、この辺で冬のご褒美を自分にあげましょうか。
 風邪疲れも溜まっているようですし。 







もみじ 毎日の天気予報・つぶやき・空フォトはこちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 20:08|PermalinkComments(0)

January 18, 2018

寒土用


201801181


冬が

ゆるむ

寒さが

ゆるむ...

冷たさの

粒子達

きつく

結んだ

手と手を

ゆるませる...

北風の

柔らぎ

冷たい頬にも

優しき日。




*寒土用:春夏秋冬それぞれに土用はあるが「土用」といえば夏の土用 のこと。
     寒土用は立春前の18日間。寒さの厳しい時期。冬の季語。







☆つぶやき...
 細やかなことで、ビルの谷間にも季節の移ろいを見つけて冬というものを
 楽しむけれど、冬らしい冬の記憶は雪景色に今もある。
 雪の備え、をしておきましょうか。
 今の所、その気配がある次の週明けの関東の雪のために。






もみじ 毎日の天気予報・つぶやき・空フォトはこちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 20:42|PermalinkComments(0)

January 16, 2018

冬ぬくし


201801171


ゆるむ

寒さに

ゆるゆると

カラダ

ゆるませる...

強気の

真冬にも



あり...

季節も

私も

ココロ

ゆるませ

冬陽に

ホッと

温もる日。





*冬ぬくし:冬の最中の暖かい、穏やかな日。冬の季語。





☆つぶやき...
 今あるものを全て捨てて、旅に出よ。
 ...の気分。
 それだけ元気が戻りつつある、の例えとしてね。
 
 味覚も戻ってきてくれて、嬉しい。







もみじ 毎日の天気予報・つぶやき・空フォトはこちらへ → fb 毎日更新 
















mak5 at 20:14|PermalinkComments(0)