つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

アンカーパーソン

January 17, 2019

寒土用

IMG_2903



冬の眠り

暁を

覚えず...

部屋の中の

日差しの

温もりにも

うたたね

誘う...

白昼の

白い月

登る空にも

ほのかな

眠気

覚える...

朝昼夜の

眠りに

寒只中を

知る日。







*寒土用:春夏秋冬それぞれに土用はあるが「土用」といえば夏の土用 のこと。
     寒土用は立春前の18日間、寒さの厳しい時期。冬の季語。







☆つぶやき...
 月と雲が挨拶しあうような姿を見つけて、歩きながらニンヤリしてしまう(密かにです!)。
 空を見上げることは、不調からまだ抜け切らないからだにはビタミン剤になる、きょうも。
 








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 20:56|PermalinkComments(0)

January 16, 2019

冬の園


IMG_2892


さわさわ、さわさわと

音なき

風に

音なく

揺れる

常緑に反射する

冬陽

ちらりらと

きらめく...

北風に

吹き飛ぶ

陽の温もり

凛々と

音なき

寒さ

肌にしみいる日。









*冬の園:冬枯れの庭園。常緑樹を残して草も木もことごとく枯れているが、
     木蓮などの冬芽を見ることもできる。冬の季語。






☆つぶやき...
 新しい年がはじまり半月経った。もうすでに3ヶ月ほど経ったような気がする。
 目の前のこと一つ一つをなるべく丁寧にしてみる、
 そんな些細な心がけが時間を濃密にしてくれているのだろう。
 このまま丁寧に...超速になりそうなときも丁寧に暮らす..残りの350日も。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 20:46|PermalinkComments(0)

January 15, 2019

小正月


IMG_2890



曇り空の

隙間に

青空と

雨空

変則テンポで

変わり行く...



降るごとに

澄み渡る気、

青空と

蒼空に

輝く

月の白光

清らかに

輝く日。






*小正月:元日の大正月に対して1月15日を小正月という。満月の日を年の始とした
     太古の名残であり旧暦時代の小正月は満月の日に当たる。冬の季語。






☆つぶやき...
 あ〜美味しい....と思える食事をすることできた。最高に、と頭につけたいくらい幸せな。
 体が欲した通りの質素なメニューを食べたいタイミングで食しただけなのですが。
 佳き小正月の日です。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 21:07|PermalinkComments(0)

January 13, 2019

冬旱

IMG_2855



すっきりの

冬晴れに

きのうの

雪雨空

夢のよう...

現(うつつ)の

きょうの

快晴に、

冬の冷たさのみ

置き去りにされる日。







*冬旱:ひでりといえば夏だが、冬の日本の太平洋側は、一年のうちで雨量が
    最も少なくなり旱魃になりやすく野菜の生育に影響する。冬の季語。






☆つぶやき...
 お声がけいただいて、先延ばしにしていた科学館にでかける。
 陸海空の科学技術に目を輝かせてついつい入念に展示を観ながら、
 注目するのはやはり空、特に宇宙技術。わが国の衛星の美しさに目を奪われ、
 技術の進化に目を見張り、こども達の純粋な”おもしろがる力”にも囲まれ、
 思い切りリフレッシュするおとなの学習時間...、
 ソラコトにはいくつになってもワクワクが止まらない。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 21:29|PermalinkComments(0)

January 11, 2019

寒紅


IMG_2829


冬空に

浮かぶ

アイスクリスタルと

陽射し、

透明な

光どうしが

綾をなす...

彩雲という

名の

紅差して、

冷え切る

空も

ほのかに微笑む日。








*寒紅:寒中に造られた紅は品質が良く、美しいとされる。特に寒の丑の日のものは
    丑紅と言って最も上質とされた。また、寒中に女性がつける口紅のこと。冬の季語。







☆つぶやき...
 久しぶりに気象予報士仲間の講座を聴講する。
 こうしてたまに聴く側に徹することで、伝え手としていつの間にか偏向していた
 意識部分の調整になる。と、同時に、自らの伝え方の更新と反省にもなる。
 理想的には、相対する位置で調和している立ち位置で伝えることができている...
 次回の自身の講話の目標だわ。
 きょうご一緒した方々にも感謝、いいリフレッシュになりました。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 










 
 

mak5 at 20:57|PermalinkComments(0)