つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

アナウンサー

November 12, 2017

色葉

IMG_5740



ひえる

風の

つめたい

手ざわり



赤らめさす

樹々達に

紅さす....

冴える

青空のもと

衣にも

暖色

欲しくなる...

体感の冬

あらゆるもの

暖かな

いろはに

染める日。




*色葉:紅葉と同じ。落葉樹の葉が赤や黄色に色づき、野山の秋を飾る。秋の季語。




☆つぶやき...
 きのうのお話の続き...
 「茜色ってどんな色のこと。夕焼けの色かしら?」と問われ、
 『...それも一つね。刻々変化して、一瞬として同じ茜色はないけれどね..(私)』
 「そうね。。。」
 『...水蒸気が多い時は茜色が濃くなるわよ...』
 「ふーん、そうなのね。。。」
  同じ染め水で、染めを深めながらの会話です。
  空の愛で方がこれからほんの少し変わることでしょう、彼女は。
 ささやかながらの気象の知識伝授の一コマにて....^^)
 
 (こんなカタチでお話する時間があればねもっと・・・)
 


もみじ 毎日の天気予報・つぶやき・空フォトはこちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 20:56|PermalinkComments(0)

November 11, 2017

上冬

201711111


冷たい

空気が

雲を

呼ぶ...

温かな

空気が

人を

呼ぶ...

秋の気

一段

払う

冬風

通り抜け...

暖かな色

染める

場所・・・

それぞれの

彩り交わり

心にも

あかね色

差す日。




*上冬:じょうとう。初冬に同じ。陰暦10月の名称。陽暦11月頃で、
    冬を初冬、仲冬、晩冬と三区分した時の初めに当る。冬の季語。





IMG_5724 ☆つぶやき...
 初めて茜染というものを体験してみました。
 細かに裁断された茜の根をかき混ぜる所から
 始まり、いくつかの行程を経て染め上げるまで
 部屋中に薄く漂う茜の香りも、染めの成分
 そのものも肌に精神に染み込む、心身が
 受け入れるスピードで。
 未だ回復仕切っていない体調には、香りの
 薬膳となり、薬効は皮膚から染み込みます。
 染人により色味も変化するもの。
 
わが手元に残るのは浅からず濃からずのサーモンピンク。今必要なエナジーカラーでした。
偶然の妙を体験する一日です。






もみじ 毎日の天気予報・つぶやき・空フォトはこちらへ → fb 毎日更新 









mak5 at 20:35|PermalinkComments(0)

November 10, 2017

be free & do freely...


miura20171
photo by no111bloom



みなさまへ

どうもありがとうございます。


"Be free,

and

Do freely."

自由自在であること。
遊ぶ、本気で。


の齢であるように。


たくさんの誕生日のお祝いの言葉、
有り難く頂戴しますね。

どうもありがとう。


2017.11.10  初冬晴れにて


....遊んでくださいね〜わたしと一緒に。本気で!




mak5 at 21:08|PermalinkComments(0)

November 09, 2017

朝の月


201711091


朝の月に

呼ばれて



仰ぐ...

晴れ色の

純な



の世界に

わたしというもの

映してみる...

一点の

純白な

円で在る

こと...

あすからの

日々に

誓う日。







*朝の月:夜が明けてもまだ空に残っている月。秋の季語。





☆つぶやき...
 総括するならば、不甲斐ない、情け無い一年。
 という自分を真っ直ぐに受け止めて、明日からの新しい一年のために、
 ひとまずこれまでの半生と様々なご縁に感謝。
 とことん蠍座の特性と性格が濃いわ...手を抜かない追いつめるところも。。。
 とは対極に too laid backがありすぎるところも 笑。






もみじ 毎日の天気予報・つぶやき・空フォトはこちらへ → fb 毎日更新 
















mak5 at 21:38|PermalinkComments(0)

November 08, 2017

秋暮れ

201711081


暖からず

寒からず

どっちつかずで

揺れる

陽気...

秋と冬の

あいだの

たゆたい

空色にも

写し込む...

ぼんやりの

曇り空

中間色の時で

都会も

のんびり

包み込む日。






*秋暮る:秋も終わり近い頃のこと。晩秋」より心理的な要素を含んでいる。秋の季語。





☆つぶやき...
 行き交う人達の装いの揺れにも変わり目の季節が見えてくる。
 今季こそは暖色系を。と思うのだが...基本ネイビーと白のわがおしゃれの柱は
 揺るがないのだろうな。。。





もみじ 毎日の天気予報・つぶやき・空フォトはこちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 21:30|PermalinkComments(0)