つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

イベント

December 19, 2019

記憶に残る・残す.. Mix Leap Joint #32 防災研究座談会




その一言が、あなたの

「記憶に残ること。」



情報を

伝える者としての、翻訳者としての

わたしの心得の一つである。




aY0yRx5Q



あれから2週間という時間が経ちました。

師走が始まったばかりの12月5日、

『Mix Leap Joint #32 サイエンスカフェ- 防災研究座談会』にて

気象予報士・気象防災アドバイザーの一人としてお話をして参りました。




防災にいろいろあれど、本日のお題は....もちろん『気象防災』。

今回は、ヤフー大阪xレジリ学園関西校x大阪市立大学都市防災教育研究センターの

共催で開催されたイベントであり、

防災教育・研究の最新技術やプロジェクトの情報の共有と連携の促進が目的です。



Mixという名称の通り、産学官・業種業界の垣根なし、

その時々のテーマの分野に関わる関わらないの垣根もなし、

個々人の興味と関心を基にして集まった人々の多様な立場と視点にも垣根を作らない。

自由な空気にあふれる場に集合したのは、満員の100名を超える方々でした。

中には、日頃お世話になっている気象台(大阪管区)という予報士にとっては本丸からの

ご参加もありで、少しばかり緊張(わが緊張・5段階レベルに例えれば、約4.2)が伴います。



摩天楼の窓外に街の灯りがきらめく頃、定刻通りに開始。

司会を務めるヤフー大阪・Mix Leap企画運営の中川さんの軽やかなトークで幕が開けました。


写真 2019-12-05 19 01 53



今回で32回目というMix Leap Jointの趣旨説明のあと、

まずはサイエンスカフェを主催するCERD・大阪市立大学都市防災教育研究センターから

重松教授による”そこに人ありきの防災の社会実装を軸にした研究/技術開発や活動”の紹介です。

そして、レジリ学園関西校の世話人・小島さんからは

災害に強い・しなやか・明るい希望をキーワードにして、日本社会の課題解決を目的とした

コミュニティが共創し活動する市民レベルで運営されている活動が紹介されました。


HwZv3MEw
lX3JvhIQ



密度の高さを感じる活動から伝わるのは、いずれも現実に寄り添ったものであり、

「個々人の防災」、「おいてけぼりのない防災」を目指していること。その地道さと確かさに

ひっそり感動しながら、出番待ちで緊張しこわばった我が心も少し緩んだような...。



さて、ここからはいよいよ本日の2大講話の時間に入ります。スピーカーを務めるのは、

Yahoo!天気・災害 デザイナー/防災士の小野さん、そして、わたくし気象予報士・三浦です。


tuxe5FKQ
(注:ちょっと似てる? 母と息子のような....笑)。




まずはお先に失礼、わが講和の題目は『気象情報の伝え方・受け取り方・使い方 』。


gyd_XgSw



気象情報の翻訳者(予報者)、かつ、送り手(解説者/キャスター)からの視点で語り、

異常時(災害時)のみならず通常時にも、得た情報を個々人で生かしてもらうことを狙って

30分ほど(実は10分超過で40分ほど...ですが、想定内の時間超過...)時間を頂戴しました。

数多ある情報の種類、各情報の特性とそこに込める意図の相違とその受け取り方、

特に、異常時には送る側と受け取る側の意識の距離を近づけるための知識の共有が

重要であることをポイントに、実演を交えながら語ります。


JDwUiFtQ



なんとなく無意識に受け取っているような気象情報を、

”さて、あなたは実はどのように受け留めているのか・生かしているのか?”

講和のメインとして組み込んだオンエア実演を通して、全ての参加者に問うてみます。


同じ情報でも、「web(文字)・ラジオ・TV」とそれぞれの媒体によって

意識に届く感覚や度合いの違いを感じ取ってみること、

各媒体が持つ役割の違いを再確認してみること。

有るようで無かった一つの情報認識の実験を試みました。



続いて、小野さんからの話題は

『3,000万ユーザーに情報を届けるYahoo!天気・災害の防災の取り組み」』です。

3000万人の内のひとりとしても楽しみだったエピソードも含めた話の数々は、

目から鱗が落ちるあり、激しく同意ありの濃い30分(小野さん、しっかりタイムキープ...)。


DU4jEdug



ユーザーファーストを基本にした日々のサービスの中で、全国からアクセスが激増する

異常時(災害時)こそ、その精神が全社的に総動員され、順調な情報提供がなされていること。

現実的な最小公倍数の受信者のグループをいくつも想定し、

ユーザー個々人の状況や目線に極力合わせた多様な仕組みが、

気づかぬところで組み入れられていること等、

この場で初めて知ることも含めた、舞台裏の絶え間ない努力も語られます。



情報の橋渡し役である”ひと”、または、”電子”。

両者の伝え方と表現形式に違いはあっても、伝える側として

受け取る側に対して最大限の想像力を働かせ配慮し、その上で伝える試行錯誤は同じ。

”あなたの意識の奥に届くよう、記憶に残るよう、最終的に行動へと結びつくよう”

その時々に尽力しているいくつもの共通点には深く頷かずにはいられません。



この共通項を一目と一読で理解できる架け橋の役目を担ったのは、

コミュニケーションの可視化と言われるグラフィックレコーディング(通称グラレコ)。

話すそばから内容を理解し図化・文字化するイラストレーター・吉田さん

高度な理解力と迅速さにも、ただただ感心するばかりです。

正直、時折数ミリ左右に迷走したであろう私の話も見事にまとめあげて下さいました。


IMG_7033 IMG_7032



さらに、続くのは、もう一つの個人的な楽しみでもあったワークショップの時間です。

2つの講和で語られたポイントも見事に織り込まれたワークが

CERD・生田先生のリードで進みます。


7Pa9NDiQ



ワークのまとめとなる各チームの発表には、さすが大阪と思わせる感性、

”ユーモアとウィット”がさりげなく自然に随所に練りこまれています。

(ステレオタプでごめんなさい。大阪でのスピーチはまずは笑いを取るべし!
 ...とアドバイスされての見参でしたゆえ。
 と、打ち上げで話したところ皆様から笑いが取れました ほっ)


愉快なトークに和ませてもらう一方で、きりりと気を引き締められたのは

「情報を受け取る側の目線や意識は百人百様」、

送り手はそれを無視することなく手を抜くことなく伝えるということ。

翻訳者、伝達者としての心構えを整えてもらったような締めくくりのコーナーでした。


qP_sfD1Q



座談会の終盤、本日のオーラスともいえる懇親会では、

矜持をさらに開いての議論の花が咲きます。

単純・簡単な疑問から学術研究の難易度高いものに至るまで、1対1での質疑応答は

どれも気象業従事者としての視野を広げてくれる内容であり、

回答しきれずのものは今後の宿題として残っています。


HAFl1oIg



情報の波という大波にもまれ、忙しなく日々が流れる現代においては、

大事なことほど人は忘れるのがますます上手になっているような気がします。

あれから2週間。

参加のみなさまの記憶には、この日の話題のいくつが記憶に残っているのでしょうか。




あのひと言が、あなたの「記憶に残る」こと。

その情報が日常的にあなたの行動に生きること。




この日、私からみなさまに受け取って頂きたかったお土産といえば

あの実験で一人一人があの場で感じ取ったこと、欲を言えば、伝えたかったポイントです。

ふとした瞬間にでもそれが思い出され、ひいては

心と体を動かすきっかけになれていれば幸いです。



防災は日常にあり。。。。






IMG_7034

   以上、わたくしからのリポートでした。












MBrhmVW8

*CERDリポートはこちらへどうぞ↓↓↓

『第24回 サイエンスカフェ
(防災研究座談会)を
 開催しました』









*********************************************



心は満たされたものの、空腹を抱えたままに去る、天空で語る宵...でした。
次々と話し込み過ぎてヤフー大阪さんのおもてなしにあやかれなかったのは
心残りといえば心残り です。
(...この思いを解消できるのは”再会(再登壇)の時”だな。失礼しました...)


MJaYDpCg Y2fgDwfg









mak5 at 23:30|PermalinkComments(0)

August 31, 2017

Standyであること...Asia Open Data Hackathon 2017 II



DSC01317
@Asia Open Data Hackathon 2017, Demo Day.



「…..う〜ん、いろいろ難しいんですね・・・」
 幾人かの参加者の口からふとこぼれていた言葉。

「気象情報または気象データと聴いて、何をイメージしますか?」
Imput Day、日本の課題である「気象」の講義はこの質問で始めてみました。

日常で当たり前のように気象情報は使ってはいる、けれど、
他の誰かに向けた情報の一部として活用するとき、
自身のその知識のあやふやさや思い込みに気づく….。
ハッカソン本番であるプロダクト開発の2日間に、
それを言葉にする人、言わないまでものそんな空気がちらほら放たれています。
メンター予報士数人への質問も、予想よりは少ないままに過ぎ行く
静かな時間....わずかながら不安を覚えます。

(...気象データが持つそれぞれの意味を理解した上での実用性あるプロダクト。
  はて?できるのかしら・・・)


hack imput














@Asia Open Data Hackathon 2017, Imput Day.



hack demo














@Asia Open Data Hackathon 2017, Demo Day.




そして、迎えた4カ国の選抜者が揃ってのDemo Day。
ハッカソン締切り時間の発表には“気象データの正しい活用”という側面では、
足元がちょいとおぼつかない印象があったものの本選では確かな変化がありました。
改良と調整が慎重に重ねられたのでしょう、気象情報という素材の料理の仕方に
安心感と信頼感を得るレベルまで達するプロダクトに成長した印象です。
同時に、データとしての「気象」はそれぞれのチームの想いと遊び心の掛け合わせで、
ハッカソン全体のメインテーマである「アジア共通の課題を相互に解決!」にも
見事に寄与しています。

穏やかに過ぎたかのように見えたハッカソン時間にも、
Demo dayに感じたエネルギー=熱量、その熱さがすでに脈々と流れていた。
ImputからDemo dayの1ヶ月弱を通したいずれの時間も
参加者の熱い想いや作業が続いていたことが理解されます。


『イベントを終えたいま、気象についてのイメージは?』と
尋ねるチャンスはありませんでしたが、
さて、参加の皆様からはどんな答えを頂戴できるのでしょう。

気象予報士“的“には「予報と防災のための数値データ」であり、
常に客観的、無機質なものとして扱い観てしまうもの。
ですが、ここで生まれたそれぞれの成果物から見える「気象」には、
創り手の想いが吹き込まれ、データは鼓動と呼吸とともに体温を持ちながら
日常生活により寄り添う形に変換されている。
気象データが有機的なモノの一部となって変容し、
使う人それぞれのモノ...わたしのための情報...になっていく。
そのことに嬉しさを感じないではいられませんでした。

「Standy」…国内の最優秀賞を獲得したアプリです。
(こども大人問わずに心をくすぐるその詳細はレポート(リンク)をご覧下さいね)

生み出されたどのプロダクトも、心くすぐる実用性も高いものばかり。
講師・メンター・審査員として(図らずも結局全役目を担っていた 笑)、
それぞれが生まれる過程をじっと見守る身には、
どれもが子や孫(?)のように愛おしい…

ただ、ネーミングのプライズがあったとすれば、
やはりこれを選んでいたかと思います。


standy”
「いざという時に頼り[力]になるもの[人]」




気象(天気予報)も"standy"そのものも。

「いざ(異常気象、自然/人工的災害、防衛)という時には
 あらゆる行動の支えとして、更なるその力を発揮する頼りになる情報」である....



流れに乗るままにいつのまにかお手伝いさせて頂いたAsia Open Data Hackathon。
普段にはない業種とその道のプロフェッショナル達との出会いは、
知識と技術、何よりそこに集まる個性との交流であり、
いつもにはない刺激を頂戴する場でもありました。

イベントそのものの熱度の高さもさることながら、
その熱を約1ヶ月の長時間に渡り維持し盛り上げて下さった
現場プロデューサーズであるHackCamp、及び、
大阪と富山のスタッフの皆さまの精悍なるパワーに
私からも心から厚く感謝申し上げます。

デモデー締めの集合写真...
そこには参加者の一点の曇りのない笑顔、笑顔が咲いています。
光を放ってもみえるそれぞれの清清しさは
スタッフの皆さまの尽力をも物語ってくれているように...思います。

今回生まれたプロダクト達は、受賞の有無を越えてこれからさらに進化し
いつの日にか私達の前に姿を見せてくれることでしょう。
開発者であり参加者である皆さまは、きょうもさらなる精進をされていると想像します。

私達、気象予報士も同様、変わらずに
命を守る使命を持つ者として”粛々と精進”をして参ります...


”私の(あなたの)スタンディー“
であるために。




「Asia Open Data Hackerson 2017 レポート(1〜4)」 by HackCamp
 是非是非ご一読を→ http://hackcamp.jp/hackathon/aodh_report/



mak5 at 15:08|PermalinkComments(0)

August 20, 2017

Asia Open Data Hackerson I

20170806111



  気象データをベースにして、

  社会の物理的な問題・課題や意識、個々人の心理的な要素を

  組み合わせ、重ね合わせた成果物は、あらたな情報を生み出します。

  私達人の心に触れる、動かす、

  結果的に行動へとつなげる体温を持つ情報として。



  この社会の「縁の下の力持ちの情報」、その1つが「気象」である。

  それを実感する今回のハッカソンとのご縁でした。



  ご参加の皆様にも、

  気象情報の使い方そのものを個々人で体験し、

  活用して頂く良き機会になったようで…

  個人的には嬉しいことの1つです。




NHK取材記事はリンクからどうぞ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170819/k10011105151000.html






mak5 at 10:29|PermalinkComments(0)