つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

心もよう

October 04, 2018

風の色


IMG_1640 2


日差し色の

ない空と

出会う

日々が続く...

色のある

モノたちが

恋しくなる...

色のない風

吹く日、

ロリーポップカラーとの

遭遇に

こころ

温まる

軽くなる日。





*風の色:秋の風のこと。色なき風と同じ。秋の季語。




☆つぶやき...
 深夜の緊急地震速報で目覚めて始まったきょうという日。
 誤報との発表がありましたが、いざという時への備えに対して気持ちが引き締まった。
 速報の精度うんぬんよりも、その情報で守らんとされている自他の命のための備え、
 に注意を向けていくのが私たち個々がすべきこと、できること...。
 そちらの方が大事だわ。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 20:23|PermalinkComments(0)

October 02, 2018

空高し


IMG_1634 2


抜ける



透明な



満天に

描く...

清らかな

秋気

胸に吸い込み

一点の曇り

晴らす...

天高く

わが心も

清々しき青に

染める日。






*空高し:秋になると、大気が澄むため空が高くなったような感じがすること。秋の季語。






☆つぶやき...
 本庶佑・京大特別教授(ノーベル医学・生理学賞)の言葉がそここで反響している。
 いつの頃からだろう、教科書はすべて暗記していた。それは試験(点数獲得)のためであり、
 あらゆる側面からの思考方法の基礎固めのため。同時に、授業中は教科書の言葉尻や意図から
 多少ずらした(教科書と異なる)自分のためだけの翻訳本を作っていた。
 この自己流はある意味教科書を疑っていたことの表れだったような気もするし、
 何より、ちょっとツマラナイ読み物と思っていたことの表れだった....。
 幼い頃からこの世の成り立ちのあらゆることに疑問を持っていた身には、
 本庶氏の言葉を聞いて心が喜んでしまった...と同時に、
 ”普通”であることに安心をしている自分に気づいた...のであーる。
 人生はやはり、ずれているくらいが面白い。。。。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 22:53|PermalinkComments(0)

September 28, 2018

さやか


3F58587E-809B-4824-BB79-7A82F4934066


さわやかな風に

吹かれて

過ごす

ひたすら

風に

吹かれる…

さわやかな

向かい風に

乗る

ひたすら

乗り続ける

飛行機達

眺めながら・・・

爽快…の気で

こころとからだ

満たす日。







*さやか:爽やか。元々はさらり乾いた秋風が吹くこと、次にその風に包まれるときの感じ
     のことを言うようになり、更に秋の心地よい気分をいうようになった。秋の季語。







☆つぶやき…
 飛ぶモノ満載のイベントの打ち合わせのあと、
 最寄駅の利に乗って“そうだ飛行機を見に行こう!”、で羽田へ。
 遭遇するには確率の低い勤務中の友人と見事会えたり、
 政府専用機やStar Warsバージョン機と会えたり…
 心のままに動くとラッキーが満載。大嵐の前のご褒美だ。

 高度1万メートル〜宇宙空間まで、心も飛ばせるイベント。興味ある方はおいでですか?
 打ち合わせの段階で、すでにワクワクが止まらない^ ^... 詳細はこちらで!










mak5 at 20:17|PermalinkComments(0)

September 24, 2018

明月

IMG_9842


ピンク色から

黄金色に

うつろい

満ちる月...

創る

ピンク色から

黄金色に

うつろい漂う

光の道...

みつめる・・・

明月、

わが心も

光彩

豊かに

染め上げる日。






*明月:旧暦8月15日の月・名月のこと。太古において日本の重要な食料な里芋であり、
    中秋の名月はその里芋の収穫祭だった。芋名月ともいうのはその名残り。秋の季語。






☆つぶやき...
 思わず出会えたピンクムーンの美しさに、はっとさせられた。そして、
 とても良い気分になった。眼に映るすべてのことはメッセージ....である。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 








 


mak5 at 20:08|PermalinkComments(0)

秋分


IMG_9812


滋味ある

おしゃべりと

美味しい

食で

満ちる



ゆるやかに

流れる

味わう...

秋分、

昼夜半分

満ちる

陽と月

それぞれの光の下で

心と体

“こうふく”に

満ちる日。








*秋分:二十四節気の一つ。太陽の黄経が180度になる日。陰暦8月の中頃、
    大体9月22日か23日頃。昼夜の長さが同じ頃でこの後次第に夜の方が長くなり、
    「秋の夜長」が始まる。秋の季語。




☆つぶやき...
 長年の友と語らいながら過ごせること。
 違いは違いのままに、相違あることを受け止めながら進む会話は互いへの理解が進む。
 何年経っても新しい発見があるのは、今日のおしゃべりでも変わりない。
 時を重ねて育み続けられる関係は、互いの終わりの時まで続くような気がした。
 そうなるのであろう、おそらく。
 「有り難い」語らいの時間は、また次へと繋がることを確信して過ぎ行く、
 幸福な秋分の日にて。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 








 


mak5 at 00:00|PermalinkComments(0)