つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

心もよう

December 09, 2018

Winter Ver. ...(cafe)



好きな席を選べる贅沢のおかげで、いつもの席をひとりじめする。

IMG_1241




一年の終わりが近づいてくることを知らせる

小さな模様替え達が、空間と食器、料理にあふれていた。

とても控えめに、さりげなく、自然に。



IMG_1244




しゃきしゃきと鮮度高い音で食む野菜たちはいつもと変わらない、四季を通して。

旬通りの葉物、根菜が持つうっすらとした甘みが美味しい、いつもと変わらず。

たっぷり細やかに刻まれ溶け込んだ野菜とムング豆のスープも美味しい(最適語にて失礼)。

黄色のビタミンカラー通りに、おなかの中もすっきり明るいエネルギーで満ちる感じ。


まだ独り占めの空間で、ゆっくり噛みながら味わいながら黙々と食事をできること。

いくつも重なる贅沢で、久しぶりの訪問には何倍もの満足で心も満腹になる。



IMG_1246




IMG_1252



IMG_1250




締めはいつも通りのロッシェ。本日はトマト風味。

トマトの赤は....そう、クリスマスカラー。

おしゃれな組み合わせだわ(語彙不足にて失礼)...小さな愛らしい遊びも相変わらずで。


遅いランチでやってきた女性グループのおしゃべりは、もう一つのBGM。

一気に華やいだ空間ながら、私は私、ののんびり時間を過ごして時は過ぎていく。



シェフは思い出してくれただろうか、こんな客がい度々訪れていることを。

会計時にはいつも通りに感想を伝えるのだけれど、きょうはさりげなくリクエスト。

こっそり作ったサンドイッチ、

自家製パン(ハイジの白パン風)に挟んだサイドディッシュのフリッタータとの

サンドイッチはそれぞれの味が絶妙に調和して、新しい美味しさを作り出している。

それはどちらも丁寧に作られた一品ゆえのマリアージュなのである。


シェフも実は、いつかは供したいと思っているサンドイッチであるとのこと。


きょうは冬・クリスマスバージョンで彩られている。

フリッタータ・サンドイッチがメニューに加わるとき、どの季節へと移ろっているのだろう。


どんな季節でも良い、楽しみである、次の訪問も。



「...あ、あの時の・・・」で、会話は始まるだろうから。




ごちそうさまでした。

**
Y'cafe(ユカフェ) :神奈川県鎌倉市坂ノ下24-20
         http://ycafe-kamakura.com






日が短くなっていることをまざと感じる。
カフェに行く前後で降りた浜辺で見る太陽は、2時間ほどで40度位の傾き...
穏やかな冬の海だったわ。


IMG_1266






mak5 at 12:41|PermalinkComments(0)

December 08, 2018

冬凪


IMG_1256


水平線と

同じ高さに立つと

心の奥底

プラス・マイナス

ゼロの

静けさにある

自分が

観えるよう...

潮が

ちょうど

満ち始める...

ゆったり

ただそこに

在るだけで

満ちる時

というものは

自然にやってくる...

波が

寄せては返し

満ちる潮...

穏やかな

冬の海に

教えられたこと。




海風と波音が心地よい日だ。。。





*冬凪:冬の日のおだやかな海のこと。冬の季語。



☆つぶやき...
 早めに出かけたところ、単純に予定を勘違いしていた(笑)。
 せっかくの長い1日、ならばと延ばし延ばしにしていた海にでかける。
 お気に入りのカフェにも数ヶ月ぶりにでかけたところすっかりクリスマスモード。
 いつもと変わらない空間と料理の美味しさに師走を忘れる....
 こころのままに出かけるとすべてが順風満帆...だわ。美味しい話はあすにでもまた。






DSC_0006

波打ち際の空には水と光が作る彩雲光・・・






mak5 at 20:45|PermalinkComments(0)

December 01, 2018

暮来月朔日

IMG_1232 2



ゆるやかに

開ける

過ぎる

暮れる...

ゆるやかに

温まり

冷える...

きょうという

一日の

穏やかさ

長らくの友と

分かち合う...

2018

残る

ひと月、

再会の

至福で

始まる日。







*暮来月:くれこづき。12月の異称。師走。冬の季語。




☆つぶやき...
 6千マイル以上の距離と半日の時差でもって長らくの友としていてくれている友人と
 記憶に遠いほどの久しぶりに再会する。変わらない笑顔と変わらずのほっとさせてくれる
 声と話し方、そして、気遣いある言葉一つ一つがこちらを変わらず素顔でいさせてくれる。
 数時間だけのおしゃべりだったけれど、前回の再会の時ときょうの再会という時の間にある
 継ぎ目は存在しないようにすんなり繋がっていた...。さあ、次はトロントで再会だね。
 嬉しいづくしで始まる師走初日です。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 21:43|PermalinkComments(0)

November 30, 2018

神帰月晦日


IMG_2371



好みの

冷たさと

澄んだ

空気の中で

想う...

喜びの

笑顔と

温もる

こころを

連れてくる

モノ達について...

好きこそ

人生の上手なれ...

誕生月が

好きな季節であること...

神帰月晦日

あらためての

喜びで

締める日。








*神帰月:かみきづき。11月の意匠。霜月。冬の季語。





☆つぶやき...
 手元にあるものが、目の前にやってくるものが、好みかまたは喜べるか...について
 再考させられたひと月。悲喜こもごもと色々の出来事も交じり合い良き誕生月でした。
 「好きこそ、人生の上手なれ...」だわ、ほんと。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 21:36|PermalinkComments(0)

November 17, 2018

小六月

IMG_2175


のんびり

ゆるやかな

放物線を

描いて

昇る

降りる

陽射し

昼という時間

まんべんなく

照らす...

まぶしさに

誘われ

ゆる散歩...

こころが

描く

放物線も

ゆるやかに

穏やかに

過ぎ行く日。







*小六月:陰暦10月の異称。雨風も少なく、春を思わせる暖かい日和 。小春。冬の季語。






☆つぶやき...
 食事をしないほうが調子が良いくらいの体調であり、
 こんな時には好きな珈琲も気持ちは遠慮しがちなのだが、
 珈琲はどこで飲んでも美味しい&安心感、を感じるここ数日。豆の種類を問わずに。
 空気に冷たさが混じる季節のせいなのか...しばしからだの声を聴いてみよう。。。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 21:29|PermalinkComments(0)