つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

心もよう

May 23, 2019

夏服

IMG_4539



乾いた

空気

すっきりと

暑い...

乾きを

覚える

肌から

うっすら

にじむ汗...

目に映る

夏服

自然に求める、

初夏の陽

まだ清々しき日。









*夏服:夏に着る服。裏地のない軽い仕立ての服。素材も肌につきに
    麻や綿ローンなどの通風のよい素材が用いられる。夏の季語。






☆つぶやき...
 のどが渇いても、素直に水分補給をしていない。何かに熱中している時はなおさらに。
 思い切りのどが渇いていることに気づいて慌てて水分を摂る。
 いきなり夏だ、と感じた瞬間。気をつけましょ。あすは真夏の暑さになりそうですし。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 21:28|PermalinkComments(0)

May 13, 2019

清和

IMG_4450



地上の

喧騒を

吸い込んで

空もよう

粛々と

軽やかに

変わる...

空の

うつろいに

沿いながら

どこか波立つ

こころ

粛々と

鎮める日。





*清和:初夏の爽やかな天気のこと。清らかでのどやかなさまをいう。夏の季語。





☆つぶやき...
 待ちに待ったからだのメンテナンスデー。耐えられないと思っていた痛みから、
 待っている間に手探りしながら確めた自分なりの対処方法でゆっくり快方に向かっている。
 ここでひとつゴッドハンドの施術を受けることでで治りが速くなる気がしたきょう。
 自分にとっての身体の普通の状態がどんな状態だったのか忘れた感じもあるけれど、
 治るほどに普通って貴重な状態なんだなと思う、改めて。健康が一番だとも.....ね。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 20:20|PermalinkComments(0)

May 12, 2019

Mother's Day

IMG_4436



風薫る...

すがすがしく

ちょっぴりひんやり

母の日。








*母の日:日頃の母の苦労を労り母への感謝を表す日。日本では5月の第2日曜。夏の季語。




☆つぶやき...
 この写真のような日の思い出もあったわ....笑。









もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 










mak5 at 20:21|PermalinkComments(0)

May 03, 2019

麗か

IMG_4285


皐月の

晴天

ひねもす

ゆるく

のどかに

過ぎていく...

時々

翳る

日差しも

暑からず...

賑わう

地上も、

のんびりモードに

包み込まれる日。





*麗か:春の日がうるわしくなごやかに照って、よろずの物が輝く様子のこと。春の季語。





☆つぶやき...
 ”法の下の平等...って何?”とつぶやく午後。
 こんなにも穏やかな陽気なのに、大潮を迎えた湾は波立ち濁っていた...わ。









もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 20:41|PermalinkComments(0)

May 01, 2019

令和元年 皐月朔日

IMG_4227



新しい時代を迎えるための

夜間の

清めの雨

上がり、

ハレの時のための

青空

眩しく...

再びの雨粒

この時代の

慈しみと恵みの

潤いになる...

照るも降るも

苦も楽も

あらゆる

時宜というもの

”すべてはうまくいっている・・・”

令和元年

幕開けの

空のうつろい、

真理を

告げる日。








*令和:日本の元号の一つ。平成の後、徳仁が第126代天皇として
    即位した2019年5月1日に改元。大化から数えて248番目の元号。令和」の典拠は
    『万葉集』の巻五・梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文。






☆つぶやき...
 「令和=れいわ」と発表があった時に直感的に浮かんだ文字は、
 「れい」は零(ゼロ)、麗(うるわしい)、礼(禮)、 靈(たましい)、
 「わ」は輪、倭(やまと)、環(めぐりかえる)でした。
  大喪の礼と即位、譲位と即位。表情が異なる時代の交代、歴史の転換点の目撃者を
  2度も体験できる人生に在ることは素直にラッキーだと思いますし、
  昭和から平成に変わる際とは全く意味が異なる令和の幕開けの空気に、
  これまた素直に喜びを分かち合いたいと私は思います。
  伺い知る範囲内での皇室での出来事とその経緯、また、
  改元にまつわる出来事のタイミングというものをあらためて見てみると、
 「すべてはうまくいっている...」という言葉が浮かびます。
  それは国家的な大事に限らない。自身に、個々に起きるあらゆる出来事は
 「うまくいっている...のだ」ということを告げている....
  令和元年初日、真の豊かさと安寧にさらに近づく時代になる..と確信(私はね)する日。
  (お朔日参りの神社で御記帳もできてご機嫌^^)







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 20:20|PermalinkComments(0)