つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

空もよう

October 14, 2018

すずろ寒


IMG_1724


待つ



来たり...

ゆったりと

晴れる



待ち焦がれた

まぶしい青と

まぶしい光

こころに

一段

まぶしく

うれしく

輝く日。





*すずろ寒:冷やかよりやや強く感ずる寒さ。「そぞろ」は「何となく」「わけもなく」の
      意味であり体感の寒さというより、季節が移ろいを心で感じるような寒さ。
      秋の季語。





☆つぶやき...
 水辺の風は、ほんの少しだけ冷たい。
 つれづれなるままにしゃべり、大声で笑い体は温まる...
 水と日差しと友の気で充電する晩秋の午後...。
 





もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












 

mak5 at 21:01|PermalinkComments(0)

October 13, 2018

色なき風


IMG_8810


羽織る

涼しさ

勝る

秋の風

肌に

羽織る...

ひんやりの

感触

羽織る

上着で

温もりに

変わる...

秋風とジャケットの

二人羽織

爽やかな



仕立てる日。








*色なき風:秋風のこと。久我太政大臣雅実の「物思へば色なき風もなかりけり身にしむ
      秋の心ならひに」の歌にもとづく。秋の季語。









☆つぶやき....
 いわゆる就活....の時期には何を考えていただろう。
 就職活動に入る直前の学生と仕事をすることについてちょっぴり話し込む。
 放送業(番組制作)に就くこと以外何も考えていなかったことを思い出す。
 その当時も今も失敗だらけで、はたから見たら紆余曲折だけらけだろうけれど
 いつのまにか初志は貫徹。
 周囲の意見や事例に振り回されてブレながらも、そのブレにも歴然とある
 ”中心=自分”を見つめながら行くべき所にまずは着地できるよう...
 通りすがりの君、に願う...日。
 (写真は、先日のNY旅のもの。...もうすでに行きたい、戻りたい 笑)








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 21:06|PermalinkComments(0)

October 12, 2018

秋陰


IMG_1684



一面に

広がる



越える

高さの



思う...

満天の

晴天

ちょっぴり恋しい...

秋空

きょうも

グレーとブルーの

間で

揺れ動く日。






*秋陰:秋の曇り空のこと。「春に三日の晴れなし」というが、秋の天気も変わりやすく、
    晴れ日と曇りの日が短い周期で入れ替わる。秋の季語。







☆つぶやき...
 香り...は大切にしたい順位度が高い。
 と、久々に乗った満員電車に乗って思う。
 そろそろ香水と言う名の人工の香りを復活しようかな...
 忘れるくらいの何年かぶりに。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 21:10|PermalinkComments(0)

October 11, 2018

つるべ落とし


IMG_1690


秋の日は

つるべ落とし...

きょうも

午後に

目覚めた

陽射し

ゆるり

するする

滑らかに

昼という時

幕降ろす日。







*つるべ落とし:秋の落日があたかも深井戸に釣瓶が落ちていくように早い様子。
        秋の季語。






☆つぶやき...
 2、3日分のエネルギーを放出したような昨日からのんびりの1日。
 愉快な”仕事”と時間のあとは、疲労も心地よい...を実感の日だ。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 20:02|PermalinkComments(0)

October 10, 2018

秋高し


IMG_1666



秋の陽

豊かに

降る

そそぐ...

斜めに

差す陽

柔らかに

降る

そそぐ...

天高く

降る

午後の陽射し

柔和な夏日

連れ来る日。





*秋高し:秋の空の、澄みわたって高く感じられる様子。秋の季語。



☆つぶやき...
 宇宙、という言葉を聴くだけでまだまだ夢が広がる。
 仕事の傍らでしたものの、宇宙ビジネスの現状について、
 国内の牽引者である方々のお話を聞く機会を得られたのは役得です。
 単純もしくはたわごとと言われる発想も漏らさずに掬い取ることが発展につながる。
 ひとりのスピーカーとの雑談は、単純な会話であったからこそ心に残る一コマでした。
 宇宙船の中から地球上の気象解説中継...
 前澤さん、プロジェクトの一つとしていかがですか?







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 23:58|PermalinkComments(0)