つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

September 07, 2018

水…

IMG_9637



“水”

というものを観ました。


形容詞も要らない、

澄んだとか、清らかなとか、純粋なとか…

不要の正に「水」を。


IMG_9649



IMG_9624


透明度100。

底に住まう岩土も植物も動物も、光も影も隠すことなく露わにして水上にも色形がそのまま届く

富士山からストレートに送られる天然の湧水。

観るこちらの濁りが透けて見せられるほどでした。

手で掬う感触の軟らかさに、水滴を頬につけてしまったのは

美肌にしてくれそうだっから… 笑。


IMG_9626




コノハナヤサクヒメを祀る富士山本宮浅間大社にある

勇玉池は、迸る湧水が放つ氣、マイナスイオンのせいでしょうか、

しばし佇みながら音とその氣をじっくり身体に染み込ませます。


IMG_9646



池が作る風波は、水面に映るもの達の美を引き立たせるかのよう。

かすかに揺れる光と色はこの世で見せる美を越えた、

そのものが持つ4次元の美のよう。

見飽きることのない時空越えの中に佇んでいたようです。




IMG_9650




桜の時が最も美しいという境内の樹木達は、緑したたるこの時季も

人の吐息の湿りを感じさせる息づかいでもって参拝者を迎えてくれます。


お邪魔します…と思わずどの神木達にもご挨拶するほどに。



IMG_9664



富士山世界遺産センター。


帰路に過ごしたここでみる富士山は、まだ夏山らしい黒肌でそびえ立っています。

男前の表情ながら、始めて見る終端までのしなやかな稜線美には溜息が出る…。

手前味噌ながら世界一の麗峰と。


IMG_9682




極みの美を見る旅、

水と山の。


はやる心を抑えることなく、勢いで訪れた富士裾野の町への旅。

自分の心に従うこと。

いつでもそれは、予想を超えた喜びを贈ってくれるものです。




IMG_9673







mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)

August 02, 2018

かふぇ III ... New York, New York.


bakeri1



完璧に”わたしのサードプレイス”だ。


訪れるたびにその味に、雰囲気に魅了される。



珈琲は脇役、主役はスイーツもしくはブレッド。

ドリップコーヒーはお勧めしない。

脇役にはイタリアーノやカプチーノである、正直言って。



もはや私の街カフェ…Bakeri。

次はイタリアーノをお供に...だわ。

一緒に行く?






● Bakeri (greenpoint) 1…いつもの・・・
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52132672.html



● Bakeri (greenpoint) 2 … 水無月朔日 (いつもの)
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52134084.html



● Bakeri (greenpoint) 3… Sweet memory
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52135589.html



● Bakeri (Williamsburg) …Again
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52135004.html





****

過去数回のNY旅でした訪問もまとめてbookができそう...

「カフェ…New York, New York 」パートI, パートII もどうぞ。








質問などなどありましたら、↓↓↓こちらからどうぞ。










mak5 at 14:10|PermalinkComments(0)

July 25, 2018

かふぇ II ... New York, New York.


cafe 2



カフェ、という空間が無い街には住めないかもしれません。

おうちカフェ以上に落ち着く場所。

サードプレイスが、自分の部屋以上に落ち着く空間。

午後の珈琲はカフェに限る。。。

***


● The City Bakery …New York, New York.
 地元で長く慕われるにはワケがある・・・
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52136132.html



● Devocion… Cozy
 外から見えた店内の雰囲気が気になる...で正解でした。
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52135512.html



● Lassen & Hennigs(Dumbo)…心直し
 古き良きDUMBOの香り...Brooklynの香り。。。
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52135174.html



● La Colombe… 雨の日
 空間と自分と人との距離感がちょうどいい...カフェでした。
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52134656.html



● Absolute Coffee… Absolutely
 レジでバウ(お辞儀)された...。
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52133006.html



● La Lanterna di Vittorio… ほっとする
 ひとくち飲んで....ほっとした。次回は、テラス席で味わおう...。
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52134478.html



● The Bar&Cafe (Highline Hotel)…いつもの
 いつものサードプレイスだけれど、わが予定外に贈られた空間。。。
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52133742.html



● Brownsville Roasters…いつもの(カフェ2)
 無数の人が集まる、散る、単純に通り抜ける。。。場所に座る。
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52133322.html



● Bulter …ARIGATOU
 『Arigatou~~~Gozaimasu〜♪』の挨拶を、また交わしに行こう。。。
http://miura-mayumi.blog.jp/archives/52133143.html





****
まだ続く「かふぇ in NY」シリーズ。。。。

過去数回のNY旅でした訪問もまとめてbookができるかも^^
質問などなどありましたら、↓↓↓こちらからどうぞ。








mak5 at 17:00|PermalinkComments(0)

July 08, 2018

woman's II ...(in NY)





この街に暮らす、生きる女性達との新しい出会いに恵まれた...


言葉を交わす確かな会話でも...、ストリートアートを通した無言の会話でも....



IMG_8260 2





IMG_8264





IMG_8606





IMG_8383





IMG_8592






IMG_8041






IMG_8857 2




私の心を動かす

心の温度を動かす

ご縁であり、交流である....

いまここ、でしか味わえない

いくひさしく、わたしのこれからの人生の中で続く出会いばかりである...




どうもありがとう...それぞれの美しさに。










mak5 at 16:31|PermalinkComments(0)

July 06, 2018

New York, New York....(the city bakery : cafe)


そういえば...と、帰国を控えた最後のカフェ訪問は

東京でもおなじみのニューヨークベースのカフェへ。


IMG_8859



天井の高すぎる高さが作る開放感は、外から見える以上に居心地良さそう。

少し狭いショーケース内のスタッフは、

テキパキと注文を受けながら次々と客をさばく。




IMG_8860




IMG_8861



少し迷って選んだのは、プレッツェルクロワッサンと珈琲。


柔和な笑顔とやわらかなもの腰のおじさまに会計しながら、

コーヒーのお変わりもできるよと

これまた笑顔で言われて心をほぐされる。




IMG_8864


店のほぼ全体が見渡せる2階席で一口ほおばると...

うわさ通りの美味しさ。


外側はぱりっと、内側はふんわりもちっと、

硬軟の歯ごたえと塩バターの香ばしさの調和が一口一口を満足させる逸品。

珈琲も酸味控えめで、私の舌には満足する欧州寄りの味わい。


最終日に選んで正解!と、最後もわが直感の導きに感謝する。




IMG_8869

プレッツェルクロワッサンと並んで、オーナーが力を注ぐホットチョコレートがゆえんか

Chocolate Roomなる1畳ほどの小部屋には、

選び抜かれたチョコレートが十数種類、紹介されている。




そうそうレジの優しいおじさまは...オーナーのMaury Rubinさん。
(写真2枚目のカウンター先頭のレジ前、薄い緑色のシャツと帽子の後ろ姿)


店の常連は、オーダー前にまずは彼に挨拶...

カウンター越しや、カウンターの外でハグやおしゃべりを楽しんでいる。


彼も味も長らくこのエリアの人々に愛されているのだろう...がよく伝わる。




IMG_8870


1990年開店ながら、まだ若い歴史は、

当時も今も変わらぬ鮮度で日々お客様の満足とともに刻まれているのでしょう。




IMG_8872


一歩外に出れば、熱風とばてる熱さの日差しが待っている。


冷房もほどほどの店内で人肌の体温にリカバーするからだと

戻る気合を連れて、再び街に出る...


カフェ編は、これぞニューヨークのカフェ"the city bakery"で締める。


再訪の時には、Mr. Mauryとの再会も叶うよう...

笑顔でドアを閉めて、カフェ・ニューヨーク編も締める日。





**好みリストに入るカフェには、ペアリングのスイーツやパンの美味しさと
 店員の雰囲気が欠かせない...当然ながらのことだけれど、
 それは店の雰囲気と味の両方には欠かせない二大優位要素なのだ...と
 日々のカフェ詣をしてみて理解することです。



***The City Bakery
 3 W 18th St,
  New York, NY 10011



mak5 at 22:11|PermalinkComments(0)