つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

April 28, 2021

花の宴

16FF953F-8F1C-400B-BC72-E31DEA4F28E7

薄い

陽射しに

輝る

桜の花色

薄らの紅

控えめに

昼時間

彩る…

ふくふくとした

花の鞠

風に

揺れて

刻む時

見つめながら

北国の春時間

柔らかな

気持ちで

過ぎゆく日。





*花の宴:花の踊桜をめでる酒宴のこと。もともとは宮廷行事
     春の季語。




☆つぶやき…
 ここ数日、友人知人含めて色々な人々と対話しながら思う。
 あれから一年、今となっては自分と同じような
 視点や気持ちでいる人々が増えていると。
 分離は元々我が心外。淡々と思うこと感じることを、言いたい時に伝えるだけだわ。

 北の大地の染井吉野も楚々として美しいこと!




EA84BB9C-2CD9-4868-A30B-B5032A61E537





qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960メディア出演、アナウンス、講演、執筆、コンサル等の
ご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...







mak5 at 19:09|PermalinkComments(0)

April 27, 2021

Pink moon

974A1F6E-48DE-4E6E-AFBB-E06472AD9A8A


桜の

木の下で



集う…

梅と桜の

木の下で

笑顔

咲く…

満開未満の

木々のもと

満開の

微笑みと

賑わい

華やぐ日。




✴︎Pinky moon:ピンクムーン。4月の満月の呼び名。



☆つぶやき…
 梅も桜も木蓮も、一気に弾けそうな風景は北国ならではの春の姿。
 こんな自然の中で生まれ育ったことを思い出す、日向ぼこがてらの花見散歩。
 白樺の木肌の白と、白樺に負けないくらいの背高の木に咲く桜花のコントラストの美
 にも目を奪われたわ…。




51F0DEC3-0328-42B3-86CE-B651828470FE



DBDBCF1D-2F8E-4EBA-9A42-ED16E790EFE1





qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960メディア出演、アナウンス、講演、執筆、コンサル等の
ご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...




mak5 at 21:41|PermalinkComments(0)

April 26, 2021

花の鈴

6EF12C03-512F-4169-B343-A1F97F5816EF


凛とした

冷たさの中で



凛とした

佇まいで

咲く…

天高く

立ち上がる

春の姿

見上げながら

背筋伸ばして

こころ

弛める日。




✴︎ 花の鈴:護花鈴鳥を追うため、桜の枝にとりつけた鈴のことをいう。
     牡丹に鈴をつけて鳥を追ったという唐の故事に由来する。春の季語。






☆つぶやき…
 冷える朝の地から飛び立って、寒い地に着陸する。
 しっかり着込みながら、ひんやりの清澄な空気を浴びていると
 胸にも染み込む冷たさが心地よい。
 冬の空気が残る北の大地でする花見…逃した花見時間をこちらでしばし取り戻そう…っと。


0F4220DC-C17F-410E-8A80-5BE0ED7A5FF0

  




qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960メディア出演、アナウンス、講演、執筆、コンサル等の
ご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...








mak5 at 20:50|PermalinkComments(0)

September 22, 2020

秋分


F8985FF0-66D0-4B13-9FE0-4362458FA1EC



開錠…


心に置くモノを変える。




いろんなメッセージが聴こえてきますね。

ひたすら愉しんで、頭の中を空っぽにしていると。



涼風になびく薄に秋風をみた…




秋分の日‥2020.





✳︎秋分:昼と夜の長さがほぼ等しいが厳密には昼が若干長い。二十四節気、秋の季語。




☆ Open Sesame ...







mak5 at 20:47|PermalinkComments(0)

November 12, 2019

神帰月

D03C09FB-2965-4435-8F53-94B65FB6448C


乾いた風が

肌に

冬の手ざわりで

触れていく…

冷たすぎるも

心には

障らない…

吹かれるほどに

活きる

醒めてくる…

北の大地に

抱かれ



癒す日。







*神帰月:11月の異称。


☆つぶやき…
 時雨あとの落ち葉を踏みしめながら、まだ若い苦味の匂いが心身をすっきりさせる。
 もっと頻繁にここに帰ってこよう。ある変わり目と言われている今日に、願うこと。
 氣が変わりますね…。




もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 










mak5 at 18:10|PermalinkComments(0)