つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

October 08, 2013

【お知らせ】『 こころや 』発売です


kako-e98QTUFqE0PaRtoS


あ、この物語を朗読したいな。。。

と、何気なく思っていましたら、

なんと・・・

本(e-book)というカタチで発売までされました。

絵に一目惚れしたイラストレーターであり、
この本の著者の こばやしまりこ さんのお言葉に甘えて

わたくしが朗読 (ナーレション )を致しました。


なんとなく....に自然に湧く愛情をこめて願っていたら
素敵な結末に・・・・


可愛らしい絵ながら、
齢を経た者ほど心の深いところにその物語は沁みることでしょう。


『こころや』 
絵/文 こばやしまりこ、
朗読  三浦まゆみ



”おとなのための絵本”です....
お子様ともご一緒にどうぞ。


...まずはお知らせまで。

よろしくお願いします。

kokoroya-book
  iTunes ブックスで発売中!

  『こころや』

  絵/文 こばやしまりこ

  朗読  三浦まゆみ

   


mak5 at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 27, 2013

【お知らせ】朗読しました本『 こころや 』...発売です。

$空もよう、心もよう


初めてお会いしたときに

イラストに一目惚れし....

初めて読んだときに

物語に一読惚れ(?)し...

この本を朗読して

この方にこっそりプレゼントしたい...と

素直に想いました。



そして、なんとも有難いつながりとご縁で・・・・


大好きなイラストレータさんの絵/お話と、私の想い=声が

1冊の本として誕生しました。


『こころや』
絵とお話  : こばやしまりこ
朗読  : 三浦まゆみ



iTunesブックスから発売中です・・・

よろしくお願い致します。



.....まさに Thanks Godな結果です.....感謝。


*************************************

$空もよう、心もよう 


『こころや』ibook版

 
詳細はこちらで→本 


mak5 at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 29, 2013

いく久しく.....『本日は、お日柄もよく。』



本日は、お日柄もよく (徳間文庫)
本日は、お日柄もよく』
(徳間文庫)




『....
 なんだろう、この気持ち。何かに似ている。

 ああ、そうだ---------誰かを好きになったとき、
 恋してしまった瞬間に似ているんだ。』

(心のつぶやき by 二ノ宮こと葉 )



そう!そうなのだ。

続きを読む

mak5 at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 26, 2013

雨の降る日には・・

竜宮ホテル (徳間文庫)
竜宮ホテル (徳間文庫)



メリハリの大きい今季の梅雨。
長過ぎる晴れ間のあとも、
降れば流石に心の深い所がしっとりする。
梅雨時の湿気たっぷりの雨には、
メランコリーにする薄い孤独感がある。

そんな雨の日に読むなら
『読後に読者を幸福にするものであるべき』
物語がいい。

この物語は、そんな読後感が温かくて
『世界にはこんなに愛と幸せにあふれた物語りが
あるんだよ』と伝えたくなるような物語が描ける
作家・子守響呼がヒロイン。

やわらかな幸福感に満ちる作品の一方で、
響呼自身は、自分に関わる者全てが不幸になる、と自己の存在を
強烈に否定しながら世間に対して心を閉ざして生きていた。
その閉鎖性を強化するような”あやかし”- 目に見えない存在が見える -
の瞳を持ちながら。

一歩外に出ればそこそこ人気の女流作家だが、極力目立たず生きて
いたい、そんな彼女の日常に突如起きた住んでいたアパートの崩壊騒ぎ。
一瞬にして居場所を失った響呼は、ある2つの出逢いに導かれるように
して『竜宮ホテル』で暮らすことになる。往年のハンサム俳優かつ作家、
妖怪の猫少女、未来からやって来た美少年、亡霊達...と
心優しく不思議なバックグラウンドを持つ人々と存在が暮らす、
絵に描かれたようなクラシカルなホテルに。

そこで繰り広げられる人間関係や出来事は、
不可思議、魔法チック、超常現象的な事の連続です。
しかし、その非論理的ゆえに砂糖菓子のような
ほのかな甘さと匂いが一貫して物語を包み込む
浮遊感満ちたお話ではあるものの、
スーパー・ファンタスティックなお話では終わりません。
孤独を清々しく消化しながら独り生き抜こうとする
響呼のハンサムガールな現代的生き方も、
この物語にあふれる”夢うつつ”感を支えています。

何より私の胸に一番響いたのは「ていねいな日本語」でした。
全ての登場人物が話す美しい日本語は
物語に流れている幸福感の濃度を増しています。

読むなら『読後に読者を幸福にするものであるべき』本がいい....

梅雨も後半、残り少ない長雨の雨の降る日に
この1冊をお手にとってみて下さい。


*こちらでもどうぞ:J-CASTニュース『BOOKウォッチ』


mak5 at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 20, 2013

ともだち..

キミにともだちができるまで。 1 (ゼノンコミックス)
キミにともだちができるまで。 1 (ゼノンコミックス) [コミック]


恋愛より、線引きが難しいもの。

「ともだち、友達」という関係。

友達との間には
「お付き合いしましょう、
別れましょう」の境界線を引く言葉はありません。
そして、恋愛のような指南書も...殆どありません。

続きを読む

mak5 at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)