つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

May 19, 2018

いつもの...(カフェ 2)



雨の降る日には、ここがなおさら心地良い。


b201805181


無数の人が集まる、散る、単純に通り抜ける。

ニューヨーク州の地上の大ターミナル Grand Central Station。



IMG_7581

駅の中央にあたるチケットブースエリアから少しはずれたコンコースの一つに

好きな居場所のひとつがある。


Great Northern Food Hall内にある長いカウンターに

Brownsvill Roastersのコーヒーを持って、必要な時間だけ過ごす。

旅行者と通勤客がほとんどのこのエリアは

周辺に席を取る人々も入れ替わり立ち替わりが激しい。

街を歩く以上に多様な言語で語られる美味し楽しの会話(多分)をBGMにしながら

書き物をしたり写真の整理をしたりがぐんぐん捗る。


そう、ここの天井もお気に入りの一つ。

時忘れの心地よさはこの高さと照明の塩梅にあるのかも。


201805183



そういえば、前回の旅では迷彩服に機関銃をも携帯していた保安隊も兼ねるアーミー達は、

随分と軽装になっていた。


例年、世界的にテロが多発する時期とも言われる

ラマダン月を迎えて、再び警戒体制強化の装いになるのだろうか。




201805182


雨上がりの空は梅雨曇りの様相。

晴れた日より、曇りと雨の日。


空模様で選ぶ気分が変わるカフェ、ちょっぴりグルームミーな天気の日には

お勧めの場所です。





**
 Great Northern Food Hall
 北欧諸国の歴史と風景を料理のコンセプトやフレーバー、アイデアに盛り込むフードホール。
 グランドセントラルステーション・Vanderbilt Hallに位置する。
 


Brownsville Roasters
 コーヒーは直焙煎。軽めの味。

 


mak5 at 21:30|PermalinkComments(0)

October 17, 2014

【お知らせ】声、いろいろ。。





読書....は、

秋の季語。


こころがじわり温まるストーリーとともに

”聴く”読書


目も、耳も

こころも

よろこぶ・・・



絵本です。.


『こころや』(朗読版)



あらたに

電子書籍サイトConTenDoからも発売中・・・


.....色んな"声色"でお話しています ^^)



pdtl0000008888_00002

作・絵 こばやしまりこ

朗 読 三浦 まゆみ


(ご視聴も可能です。

 登場人物で変わる声は、本編でどうぞ....)


mak5 at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 04, 2014

【お知らせ】読書の秋・・・



こよみ通りの秋....ですね


「読書」は「秋」


秋の温度の中で読むにも心地よいお話・・ 笑)



体温を感じるストーリーとともに

”聴く”読書


目も、耳も

こころも

よろこぶ・・・



絵本です。.


『こころや』(朗読版)



あらたに

電子書籍サイトConTenDoからも発売になりました・・・


どうぞよろしくお願い致します。



pdtl0000008888_00002

作・絵 こばやしまりこ

朗 読 三浦 まゆみ


(ご視聴も可能です)


mak5 at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 15, 2014

合う、逢える・・・




お盆ですね。

....こころの中でしっかり逢える....

この時季にもぴったりのお話です。




『こころや』...

よろしければどうぞ。



 作・絵 こばやしまりこ
朗 読 三浦まゆみ 


 本のご購入はこちらでどうぞ: DLmarket 




mak5 at 08:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 10, 2014

<お知らせ> leading to "reading" for a ....

 絵本『こころや』

 e-book・朗読版の紹介ムービーが出来上がりました。


 ”人のこころというものがある限り、

 読み継がれる物語です......”


 
 久々の映像制作・・・愉しかったわ。
 



 作・絵 こばやしまりこ
朗 読 三浦まゆみ 


 購入はこちらへ: DLmarket 



 *ご要望がありましたら.....喜んで。
 こんな企画・制作にも、ご相談をどうぞ。一緒に作りましょう。

mak5 at 13:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)