つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

つぶやき

January 03, 2021

初硯


IMG_0470 2





自由自在。



『風の時代』....昨年の末に耳にし、あまたの人が口にしたこの言葉について、

しばし感じ取ろうとしていた。


そして、ふと浮かんだ言葉にしっくりきた。


それは『自由自在』ということなのだ。




時代、とあえて言葉の線引きはしなくても良かろうに...

という違和感が心を占めていた。


自ら由として自ら在る....それは、すでに厳然として人が在る姿であり、

そうとしか生きられない者(人間)にはすでに当たり前のことなのだ。



が、しかし、言葉の線引きによって、

すでにそうであった人々の呼吸はさらに楽になり、その生き方を易くしてもくれるのだろう。

とうに気づいていた息苦しさを我慢していたい人々には、

マイペースで生きることの自然さに扉を大きく開いてもくれるのだろう。



”風”は空気の動き、そして、それが作る流れのことである。

ならば、

自らという風を、心のままに動かし流れを作り、

その流れの中で在る・生きることを純粋にゆるす....

のが始まったといわれる今・風の時代。




”自由自在”であること。

原初から人があまねく持ち合わせているその源に

一切の遠慮なしに万人が一斉に還る。


時代、という言葉を号令にして帰還するなら、それも悪くない。

拍手で持って、共に手を携えながら根源に還ろう.....。



と願う、

清らかな微風が吹き渡る正月三日・冬晴れの空の下にて。






*初硯:はつすずり。新年に初めて硯を使うこと。硯を洗い、墨をすりおろし、
    筆を染める。心の静かさを保ち、一字に新春の喜びを表す。冬の季語。











qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960メディア出演、アナウンス、講演、執筆、コンサル等の
ご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...





 












mak5 at 21:44|PermalinkComments(0)

January 01, 2021

一年の計


IMG_0425 2



一年の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり....


真冬の香りがする清らかな今年最初に吸い込んだ朝の空気で満たされた

体と頭で感じる、想う。。。




『動く』

不動の自分を軸にして『動く』こと。

動くことは、変える・変わる....そして、限界という幻を消して動く・変わること。



在り様も居場所も住処も...

変えるために動く、不動の想いに従って。



ぐんぐんと昇る初日、すいすいと飛び舞い上がる水鳥という象徴に導かれ

元旦に得る”一年の計”。



生来持っているも眠らせていた猪突猛進の意気で
(丑年なのだけれど・・・^^)

『動く』2021年....


何卒よろしくお願いします








IMG_0436






qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960メディア出演、アナウンス、講演、執筆、コンサル等の
ご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...



mak5 at 19:56|PermalinkComments(0)

November 14, 2020

小春日


IMG_1665 2



小春日が降り注ぐ、うららの陽気に日向ぼこする

こころがつぶやく。

温もる陽射しに柔らぐ素のこころに導かれて浮かび上がる源の意志がつぶやく。



「アンカーパーソン」で在ること。


出来事と人の話を拾い集める捨てる、まとめる、文章にして書き上げる、それらを編む。

小学生時代の学級新聞・編集長から始まったそれは、
社会人となってからも紙媒体(雑誌,新聞)の取材・編集者を務める道へと繋がっていた。

言葉とそこにある意味や意義の探索と伝達に携わる道はその後もさらに展開され、
音声として自らの声を通して伝える放送(tv / ラジオ)へと繋がっていた。
(忘れがちだが、片鱗は小学校の放送部・アナウンサー&ミキサーとしてあったことを思い出す)


周囲と比すれば少しばかり波乱万丈らしいこの人生で、
これまで遭遇し邂逅した出来事や人々、そして私的体験は
底辺からいわゆる高級なんとかに至るまでという振り幅の大きさである。
安定やら一般的というひとりの人の人生の歩みとは無縁らしいこの数多の体験ゆえに
歳をとるごとに自らの豊かな財産となっていることに気づかされる。と、
平衡ではないながらも世にモノゴトに多角の視点と視線と想像(同じヒト同士には特に)
を産み出す糧となっているのも確かである。


リベンジという言葉をまだ使えるのなら(すでに昔といえる流行言葉でしょう)、


『アンカーパーソン 』として立つ。


次点で座ることが出来なかったあの席、ニュースキャスターとして立つ。

なんとか中の幸いで立つことになった気象キャスターではあったけれど、
(後には、気象予報士キャスターとして長年務めるチャンスにもなり)
多様な情報源に触れ伝えるその位置に立つ。

書くこと、話すこと、観る/視ることそれぞれの師に恵まれ鍛えられ育まれた幸い。
そして、波乱万丈だったがゆえと、それゆえの体験知と創造知をもってしていまだからこそ、
これからの私だからこそ出来る。
と心の底から伝えたい自分のこと。


garbage, trash...etcと揶揄されても、変わる世界の中でこの場所も変わらざるを得ない。
変わることができなくとも、こんな時代だからこそ私の気持ちとして伝えておく。


”アンカーパーソン (ニュースキャスター)である”こと。



それは日本で、ではないかもしれない可能性50:50であることも心に留めて。

ここに意思と記録として残します。








*小春日:小春のころの穏やかな日。また、その日ざし。冬の季語。









qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960メディア出演、アナウンス、講演、執筆、コンサル等の
ご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...





 




mak5 at 23:14|PermalinkComments(0)

November 10, 2020

祝福...感謝


image1






新しい一年がまた

始まりました。


きょうもきのうと変わらない

どうもありがとう、を

心の中で、声にして

何度も唱えずにはいられない

きょうという一日。


祝福…


贈ることは心が踊るもの

贈られることはそれ以上…

心は空に飛んで舞い踊ります。


舞い踊らずにはいられない

きょうはそんな日。

数多の祝福とグッドサプライズで

満ち溢れる時間に

ちょっと戸惑いながらも

すべて漏らすことなく受け取りました。



おめでとう...

一つ一つに

ありがとう...

の一つ一つにそれぞれ倍返し
(正しい日本語の使い方、としては如何なものかはさておき 笑)。



祝福と感謝の循環の輪を

この一年もさらに大きく育む日々であるよう....

大地に足をしっかりつけて。


その刻々を

のんびりときっちりと生きていく。

と、あらためて想う日にて。



この一年はしっかり人前に出ますね

しゃべり手としてもこの大循環を務めの中心に据えて。


2020年11月10日





*仕切り直しの意味も込めて、仕事とプライベートショットを撮影していただきました。
 サービスカット(元はVTRなのですが 笑)の1枚。
 カメラマンは毎度大感謝の...111bloom(Sakiko) 。
 アシスタントのあっちゃんとのツーショットで大輪の笑顔 笑



20201110mhappy






qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960メディア出演、アナウンス、講演、執筆、コンサル等の
ご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...





 


mak5 at 21:11|PermalinkComments(0)

September 01, 2020

彩月朔日

52B59C58-A631-4411-95FC-FA386FEEE8FF


蒼々とした

空と

爽爽とした

風に

包まれながら

歩く

真昼に

心と体

颯爽とした

人になる…

先取りする秋に

浸る一日、

長月朔日

清々とした私で

始まる月。




*彩月:いろどりづき。9月の異称。秋の季語。




☆つぶやき…
 旅をする、会いたい人に会う、自分基準のすべきことをする/成す月、9月とする。
 この秋旅は会いたい人と会えた、そして、今月の助走の旅だった。








qo5uM696Nvewnii1399804447_1399804960メディア出演、アナウンス、講演、執筆、コンサル等の
ご依頼、お問合せは
こちらのメールまでお願いします...





mak5 at 20:15|PermalinkComments(0)