つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.
暮新月

January 09, 2019

いつもとは違う...何かを体験すること。


つれづれなるままにで、連れのおすすめに導かれての鎌倉散歩は、

冬日和のぬくもりにも導かれて、気分もヨイヨイの小旅行。



IMG_2749





新年の参拝客でまだ賑わう大通りからはずれて、いつもは訪れない方向に歩く先に待つのは、

竹の寺と呼ばれ親しまれている『報国寺』。


山門から歩いてほどなくすると迎えてくれる大銀杏。

冬木となってなお黄金色に輝く姿と樹下で微笑む仏像に見とれてしまう...。

なんて麗しい日溜まりでしょう。



DSC_0018




本堂のお庭に入ると、まっすぐと空を覆うほどに伸びた竹林。

少しひんやりするも全てを洗い浄めた気と音なき静寂の音に満ちています。


誰しもがヒロインになれそうな竹林に佇みながら聴くのは、

訪れる人々の穏やかなざわめきの奥でも、不変に流れる閑寂の音。

凛としていることとは....を体感しながら背筋が自然に伸びてきます。




49505590_763275214065372_2761472364246990848_n





120年に一度と言われる花の開花、生命力に溢れた伸長の速さなどなど

生態はいまだ謎が多いという神秘の植物でもある竹。


何者にも侵されない竹林の放つ気。

その清澄な気を浴びながら「休耕庵」にて抹茶で一服。

報国寺開山が修行していたというこの庵から庭を眺める

時知らずの時空間に在るでしょうか、

友との語らいの中にはこれまでの話したことのない

一段深い話が自然に口にでてきます。

ほぐれる心とともに、おしゃべりもほぐれる。


...御抹茶の渋みはおとなしめ、干菓子の上品な甘味もよく合うわ...。



IMG_2766




つれづれなるままに...が、目の前に吉兆を見せてくれる。

昨年末から続いている喜び事です。

つれづれなるきょうも友と私のふたりの目の前にはいくつものラッキーサインが現れます。



IMG_2755




中庭では、じっと日向ぼっこでしょうか、一羽のアオサギが微動だにせず羽を休めています。

アオサギは、一説にはギリシャ神話ではアテナやアフロディーテなどの神の使い、

東洋とエジプトの神話においては、太陽の象徴とされることが多いとか。

そして、庭を囲む切り立った岩上に生い茂る樹木に見えるのはいくつかのヤドリギ。

半寄生植物ながら、欧米では古くから良いことがある兆しとされていて

吉兆長寿のシンボルとされているらしい。




新しい散歩道と場所をあとにして、引き続きのつれづれなるままに向かう先は

いつもの定番の湘南の海、長谷の浜。

少しジャンクな風波はいつもの波で、ここのいつもらしさにほっとする。



DSC_0025 2




つれづれなるままに、いつもと違うと同じを二つぶで無数に美味しい、

を味わいながらの鎌倉散歩。

山と海の気、癒しと浄化のパワー...

ひとの日々の営みの源からエネルギーを頂戴しながら心身調整のような一日。

日々是徒然は日々是好日へと導く。



いつもとは違う、をちょっぴり多めの配分でを意識しながら選んでみること。

新しき体験をもいとわないこの年を、ひそかに誓う小旅行、冬日和にて。










49601301_732300123819528_4480919910830047232_n

...そういえば「かぐや姫」とあだ名をつけられていた頃もあったわね。。。




























mak5 at 19:27│Comments(0) 心もよう | 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
暮新月