つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.
一陽の嘉節イヴ

December 23, 2017

201712231


ゆるむ

寒さに



ゆるむ

こころ

柔らぐ...

陽射しに

温まる

クリスマスの

ぬくもりの



街中を包む...

行き交う人々

まろやかに

微笑み合う日。





宮線を添ふ:冬至を経て日が徐々に長くなることをいう。晋魏のころの宮中で、
        日影の長さを計って日脚の伸びを確かめたことに由来する言葉。冬の季語。





☆つぶやき...
 「雪は天からの手紙である」の言葉を残した父(実験物理学者)と
 その娘(霧アーティスト)の展覧会へ。
 中谷宇吉郎氏(実験物理学者)の雪の結晶の実験と記録のいくつかのうち、
 宇宙船ISS内での結晶過程に見入る。無重力下の完璧なまでの左右対照の
 結晶の美はこの地球レベルの自然界にはないものなのでしょう。
 たった一つではあるけれど、気象学と予報技術で得ていた知識と想像(予想)を
 越えたところの私にとっての新しい知識との遭遇に、心が躍った時間です。
 中谷芙二子×宇吉郎展「グリーンランド」はこちらで開催中。







もみじ 毎日の天気予報・つぶやき・空フォトはこちらへ → fb 毎日更新 









mak5 at 21:33│Comments(0) 空もよう 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
一陽の嘉節イヴ