つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

August 31, 2013

2013年8月の最終日ですね。

昨日、気象庁より『特別警報』の運用が開始されました。

以下は、FBに掲載した記事。FBユーザーではない方のためにも、こちらに転載します。
なお、『特別警報』のあれこれはこちらへ→気象庁HP

****************************

『特別警報』...本日8/30(2013)より運用開始:気象庁


平たく言えばつまり、発表されたら

【生死に関わります、直ちに命を守る行動をとる!】という意味。

雨・波浪・風・潮汐・地震・火山....全ての気象・地象・水象が対照。

既にお馴染みなのは『緊急地震速報』です。

ここで言う”特別”とは
『(住まう地域が)数十年に一度しかないような非常に危険な状況にある』こと。

昨今の局地豪雨等で頻繁に使用されている文言であり、世間ではその解釈を揶揄する方もおいでのようですが、それは言葉遊びしているような気分に映ります。まあ、躍らされずにいて下さいね。

10年に一度....それは『人生で一度経験するかどうかの非常事態』といえば、
どんな行動を取りますか?と質問されているのと同じようなものなのかな、と。

答えは【自他のイノチを守ること】。
で、そのための最善の行動を速やかにとることに他なりません。

「行動」は、自治体からの指示・勧告に限らない、”自主”避難も勿論含意します。
自分が今(その時)に居る場所の状況を最も適切に判断できるのは通常は自分です。ですから、特別レベル発表に至らないまでも自己判断で「行動」は出来るケースも多いでしょう。そこで当たり外れは?なんて(無用な)思考は持たないこと。

『防災は日常に寄り沿う、当たり前のこと』
何度か私も、ここでも申し上げていることです。

人は妄想/想像が大好きな生き物でもあります。
特別警報の運用をきっかけに、いま一度、あらためて是非、
日々の細やかな部分での防災のシュミレーション...をお勧めしたい
2013/8/30....『特別警報』運用開始の日です。


mak5 at 12:40│Comments(0)TrackBack(0) 私の想い 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字