つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

August 22, 2018



....意外だわ!....と言われ、向かう先には、



IMG_9455









観たい!と軽く思いながら口にしたところの友人のこのひと声に、

こちらも「意外だわ!」になる表情。

そう言われるなんて...とつぶやく心の中。




IMG_9462



   IMG_9463






IMG_9465






どこかで見たことがあるぞ、と心が反応するアイコンたちに湧くのは

親しみ以外のものはない。


地面も壁も、紙も布も、二次元である平面すべてがカンバスとなって描かれる

極太線キャラ達が遊ぶ世界、展覧会というその空間には、

キースヘ・リングの頭と心の中の世界で満ち満ちている...。


上手な落書きなんだけれど....

跳んで、転んで、笑って、泣いて...

様々な姿態の表情のないアイコン達は

強烈なメッセージを観る者の気持ちに打ち込んでくる。


直球ばかりの球は、世の中に数多の疑問を抱くわが心にも

バシバシとジャストミートする連続。

その痛さが心地よいくらいに。




IMG_9466





IMG_9467




ストリートアートの先駆者とも言われる彼である。

もちろん描き手ではあるのだけれど、

描いている、動いている彼自身が、作品に現れる数多のアイコン達以上に

動く絵画、メッセンジャーだ...。


彼が好んだというTOKYO・表参道で繰り広げた路上パフォーマンスのスナップやビデオから、

描きまくる彼、見物人と対話する彼、

そこで見せる彼の姿そのものが鮮やかなメッセージを飛ばしてくる。




著名画家である一方で、自らがAIDS罹患者になったことをきっかけにスタートした

社会慈善事業の事業家でもある。

AIDS撲滅活動や恵まれないこども達への支援を惜しまなかったキース。

人心に不変に存在する偏見や差別、戦闘心の

先にあるものでもあり源でもある「和」に還るための活動にも専心していたらしい。


”意外”...と言われても当然なほどにポップアートはさほど好みではない

古典好みのわたし、である。


けれど、社会に対する目線とその中の優先事項、の共通性は意外でもなんでもない

彼とわたしは一緒の”気持ち”を確かに共有していた。。。。
(”こども達の今と未来”を想う目線については、特に同じ...)




IMG_9459





























IMG_9460






























”意外だ”と映るもの。

そこには、対極でもある同一性の種も、まま存在する。

私の中にある「POP」、はちゃめちゃなまでのそれが再び目覚めたがために

この展覧会に向かわせたのか...?


観賞者の気分をもすっかりキース・カラーに染め上げる会場をあとにして数日、

お転婆とおとなしいお嬢ちゃんが見事に共存していた幼い頃の自分が

きょうもここに居る。


意外性...おとなになってからのキャラクターが反転すれば、

元々の自分になる....。

どこまでも自身に素直だったキースのエネルギーに触発されて

今となっては意外な存在になった「素のわたし」が、

その日、そこに居た。

今か今かと全開になる時間を虎視眈々としながら

静かにきょうも私の中で「意外な私」は、その瞬間を伺っている。



次に彼の作品に会うのはまたNYになるのか。

どこで再会しても

共通項の想いは同じである。


願わくは、「意外な私」の顔がいつもの顔である、

その時に会っていられますように。






**掲載写真はすべて展覧会内にて撮影許可されたものを使用しています。


*************

拠点として主に活躍したニューヨークのイメージが強いキース・へリングですが、
日本にも彼の美術館があるようですね。
山梨県の自然豊かな森の中に佇む近代洋式の建築物の美術館で
彼の頭と心の中に存分に浸ることができそうです。

『中村キース・へリング美術館』
〒408-0044
山梨県北杜市小淵沢町10249-7









mak5 at 14:00|PermalinkComments(0) 心もよう 

August 21, 2018


IMG_9508


画面越しの

夏空から

午後の暑い

青空

仰ぎ見る...

紫と紅色の



熱く

舞う球場に

清々しき風

日本中に

吹き荒れる

吹き渡る...

はるか西の

夏の終わり

踊る心と涙で

見送る日。




*秋扇:残暑に用いる扇や団扇のこと。また、使われなくなった末に
    置き忘れられた扇や団扇のこともいう。秋の季語。






☆つぶやき...
 スタンド席に美しく映える紫と白のコントラストは神々しくも映った。
「未踏の...」とは、この球場・甲子園の地を踏む全ての球児達にあてはまる言葉なのだろう....
 名門の歴史を背負いながらも春夏2連覇という「未踏」に挑む大阪桐蔭、そして、
 甲子園出場というチームの歴史始まりの扉を開ける、かつ、決勝戦進出という
 すべてが「未踏」領域を駆け抜ける秋田・金足農業。
 それぞれの一挙手一投足がニュースになるという2つのチームが、
 全参加校・全選手関係者の中に存在する「未踏」の象徴だったと思う、試合終了後。
 両校のいずれの選手も何が起きても冷静に一つ一つ丁寧に闘う姿にも胸が熱くなった。
 金足農(東北同士で贔屓目はお許しを)・豪腕吉田選手の試合終了後の初涙を
 引き金にしてわが涙腺は決壊...
 にわか盛り上がり観戦者でしたけれど、心に濃く残る
 平成最後の夏の思い出の一つとなりました
 ...努力と楽しむ、は人生を裏切らないわね。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 











 
 
 

mak5 at 22:34|PermalinkComments(0) 心もよう 

August 20, 2018


IMG_9506



大人たちの

夏休みが

明けて

朝夕の

街に

喧騒が戻る...

音なき小糠雨

からだに

残る疲れ

静かに

癒す...

暑さも雨も

ほどほど

休み明けの時

ゆるり

流れる日。





*休暇果つ:夏休みが終わって、学校教育機関では二学期が始まること。秋の季語。




☆つぶやき...
 画家・モネの世界に浸り、芸術の季節・秋編が始まった。
 光と空気と蒸気と...形状を持たないものを表現する。
 彼のテーマを観る際の一つの視点は、気象の予報そのものではないか...。
 と知り、この著名なる画家にますます勝手ながらの親近感が湧く日にて。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 











 

mak5 at 22:06|PermalinkComments(0) 空もよう 

August 19, 2018


IMG_9495 2



すっきり...

澄んだ暑さが

真昼を

包み込む...

夏と秋の

はざまの

涼、

祭囃子と

宵宮の

音(ね)とともに

朝と夕に

響き渡る...

涼風に

人踊り

わが心も

踊る日。







*踊:踊りといえば盆踊のことであり、他の踊りではない。一般には8月13日から16日に
   かけて行われる。秋の季語。





☆つぶやき...
 ”美味しい...。” 朝のいつもの珈琲の味に甘さが戻ってきた。
 窓から入る朝風を感じながら飲む一杯は、エアコンの涼しさの中で飲むそれより
 少し複雑な味わいで美味しい...口福で始まる1日。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 21:19|PermalinkComments(0) 空もよう 

August 18, 2018


IMG_9488



音と

風に

秋を聴く...

夏を見送る

盆踊りの

提灯も

浴衣のすそも

午後の

涼風に

ゆらり

ひらり

揺れる

心地よく...

猛暑の長さ

一瞬にして

拭い去る...

耳に肌に

秋涼

心地よすぎる日。






*秋風月:あきかぜづき。8月の異称。


☆つぶやき...
 朝一番の涼しさに心が引っ張られるようにして出かけたくなった水辺で過ごす午後。
 ベイエリアの風は至福の心地よさでした。
 気分の良いところに、時々見せてくれる奇跡の瞬間を
 空からプレゼントされてカメラに収めるこの一枚。
 とりたてて何もない平凡な1日が、至極の1日となった日にて。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 














mak5 at 21:33|PermalinkComments(0) 空もよう