つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

November 22, 2018

IMG_2196


ひたひたと

風に

しみこむ

寒さは

やわらかい...

昼の終わり

近くほどに

寒さの

冷たさ

増してくる...

冬にもみじの

街の彩り

一段

進む日。






*ふゆもみじ:周辺が枯れを深めるなかの紅葉であり、また、冬になってから色が
       際立ってくる庭園や寺社などの紅葉。冬の季語。






☆つぶやき...
 上空から地上をあらためて観たよう日。航空気象に関する講演会に参加する。
 航空気象に関わる現状と過去を知ることで、自らの管轄の地上気象
 (概ね一般気象とも言えますが)の予報に関わる視野が広がる、垂直にも水平にも。
 航空業の各職種内と気象業従事者とのさらなる連携で安全は今以上に保障されるのだ...
 気象予報士の存在の重要性を、この異業種の専門的職務を知ることで確かめられたのは
 大きな収穫でもあった...。
 (ところで、生まれ変わったらやはりパイロットか宇宙飛行士だわ... 笑)。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 22:07|PermalinkComments(0) 空もよう 

November 21, 2018


IMG_2210



風向きが

変わる

北から

南へと

変わる

冷たいから

暖かいへと

変わる...

180度の

対極の変化、

気持ちに

吹く風も

入れ替わる日。








*冬の風:冬に吹く風。北風、北西の風が多い。日本海側に雪、太平洋側には乾燥を
     もたらす風である。冬の季語。








☆つぶやき...
 ”we are the champion”を聴きながら、細胞からの振動で全身が震えた。
 抑えられない振動と瞳からこぼれそうな涙でからだの震えを止めるのに懸命だった。
 他のメンバーに比べてデフォルメされたような容姿のフレディ・Mだったけれど、
 彼の抱えていたdarkness(闇、孤独)は等身大のそれが伝わった気がした。
 『Bohemian Rhapsody』
 ...two thumbs upじゃない、BANZAI!したくなる作品だったわ。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 21:16|PermalinkComments(0) 空もよう 

November 20, 2018

IMG_2200



やわらかに

きゅーっと

指先で

押すように

ほほに

冷たさ

ゆっくり

なんども

染み込む

染み込む...

空気が変わる・・・

秋越えて



肌に

溶け込む宵。






*浅き冬:冬に入ったばかりの頃をいう。街路樹の落葉が始まりしぐれた かと思えば
     小春日和もある。まだそんなに寒くない時期。冬の季語。





☆つぶやき...
 冷凍トマトを使ったスープでからだを温める。
 旨味が増して美味しく仕上がった分、からだも温まったようだ。
 今夜は冷えますよ・・・。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 











 
 
 

mak5 at 21:00|PermalinkComments(0) 空もよう 

November 19, 2018

IMG_2117


シルクの厚みの



幾重にも幾重にも

ゆっくり重ねて

厚い雨雲が

早い夜を呼ぶ...

まっすぐに

誠実に

降りながら

灯りに

反射する

雨粒達

みぞれの

輝きの冷たさ

放つ...

冷たい雨

こよいの

寒さ

連れ来る日。






*短景:昼のみじかいこと。短日。冬の季語。




☆つぶやき...
 人生いろいろ...いつのまにか人生相談に乗っていた日。
 話を聞いているようで、結局は自分の体験も同時に語っているものよね。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 20:44|PermalinkComments(0) 空もよう 

November 18, 2018


IMG_2189



日差しの

ぬくもり

ひんやりの

空気と

対比して

一段増しに

暖かい...

温もる昼ほど

はかどる

冬仕度...

衣の

秋と冬

一緒に

手入れする...

日差しのみの

小春、

風は

昼も

ほのかに冷たい日。








*冬用意:雪国では庭木の雪折れを防ぐために、雪吊や藪巻を木に施す。家の周りは
     板で囲んで風雪から家を守ったり、越冬野菜などを買い込んだりして、
     長く厳しい冬に備えること。秋の季語。






☆つぶやき...
 久しぶりに道を尋ねられる。よくあることなのだけれど、
 ipadに収めされた写真の建物を元にして目的地までの道順を聞かれたのは初めてのこと。
 いまどきはよくある尋ね方なのだろうけれど、効率的な方法にはっとする。
 当たり前のことの中に横たわる便利さを再確認して、小さく心が躍った午後。
 あの男の子は無事に辿り着けたかな...。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 













mak5 at 21:03|PermalinkComments(0) 空もよう