つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

January 09, 2019

いつもとは違う...何かを体験すること。


つれづれなるままにで、連れのおすすめに導かれての鎌倉散歩は、

冬日和のぬくもりにも導かれて、気分もヨイヨイの小旅行。



IMG_2749





新年の参拝客でまだ賑わう大通りからはずれて、いつもは訪れない方向に歩く先に待つのは、

竹の寺と呼ばれ親しまれている『報国寺』。


山門から歩いてほどなくすると迎えてくれる大銀杏。

冬木となってなお黄金色に輝く姿と樹下で微笑む仏像に見とれてしまう...。

なんて麗しい日溜まりでしょう。



DSC_0018




本堂のお庭に入ると、まっすぐと空を覆うほどに伸びた竹林。

少しひんやりするも全てを洗い浄めた気と音なき静寂の音に満ちています。


誰しもがヒロインになれそうな竹林に佇みながら聴くのは、

訪れる人々の穏やかなざわめきの奥でも、不変に流れる閑寂の音。

凛としていることとは....を体感しながら背筋が自然に伸びてきます。




49505590_763275214065372_2761472364246990848_n





120年に一度と言われる花の開花、生命力に溢れた伸長の速さなどなど

生態はいまだ謎が多いという神秘の植物でもある竹。


何者にも侵されない竹林の放つ気。

その清澄な気を浴びながら「休耕庵」にて抹茶で一服。

報国寺開山が修行していたというこの庵から庭を眺める

時知らずの時空間に在るでしょうか、

友との語らいの中にはこれまでの話したことのない

一段深い話が自然に口にでてきます。

ほぐれる心とともに、おしゃべりもほぐれる。


...御抹茶の渋みはおとなしめ、干菓子の上品な甘味もよく合うわ...。



IMG_2766




つれづれなるままに...が、目の前に吉兆を見せてくれる。

昨年末から続いている喜び事です。

つれづれなるきょうも友と私のふたりの目の前にはいくつものラッキーサインが現れます。



IMG_2755




中庭では、じっと日向ぼっこでしょうか、一羽のアオサギが微動だにせず羽を休めています。

アオサギは、一説にはギリシャ神話ではアテナやアフロディーテなどの神の使い、

東洋とエジプトの神話においては、太陽の象徴とされることが多いとか。

そして、庭を囲む切り立った岩上に生い茂る樹木に見えるのはいくつかのヤドリギ。

半寄生植物ながら、欧米では古くから良いことがある兆しとされていて

吉兆長寿のシンボルとされているらしい。




新しい散歩道と場所をあとにして、引き続きのつれづれなるままに向かう先は

いつもの定番の湘南の海、長谷の浜。

少しジャンクな風波はいつもの波で、ここのいつもらしさにほっとする。



DSC_0025 2




つれづれなるままに、いつもと違うと同じを二つぶで無数に美味しい、

を味わいながらの鎌倉散歩。

山と海の気、癒しと浄化のパワー...

ひとの日々の営みの源からエネルギーを頂戴しながら心身調整のような一日。

日々是徒然は日々是好日へと導く。



いつもとは違う、をちょっぴり多めの配分でを意識しながら選んでみること。

新しき体験をもいとわないこの年を、ひそかに誓う小旅行、冬日和にて。










49601301_732300123819528_4480919910830047232_n

...そういえば「かぐや姫」とあだ名をつけられていた頃もあったわね。。。




























mak5 at 19:27|PermalinkComments(0) 心もよう | 

January 08, 2019


IMG_1337



抜けるように

晴れる

まぶしい

青空を

通り抜けて

抜けるように

晴れる

深い

蒼空

降りてくる..

青と蒼の

あいだに

ひっそり

ペーパームーンの

境界線

輝く...

完璧な冬晴れ

一日を

貫く日。








*暮新月:くれしんづき。陰暦1月の異称。冬の季語。






☆つぶやき...
 社会的な仕事という経済活動の側面からみれば、
 年が変わって世の中が動き始めている確かな感触を感じるきょう。
 そんな中で、そういえばすでに秋の仕事が一つ決まっていることを思い出す(笑)。
 その頃には拠点はどこにあるのだろう....。
 どこに居ても呼ばれた場所にはいつでも飛んでいける、いい時代だけれどね。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 









 




mak5 at 21:21|PermalinkComments(0) 空もよう 

January 07, 2019


IMG_2793



ひたすら

穏やかに

時が流れる

澄み切った

空に浮かぶ

太陽と星の

うつろいに

刻々の時

知る...

まっすぐに

晴れ渡る

冬空

光と色に



映す日。









*七日:なぬか。一月七日のこと。この日までを松の内といい七種の行事が行われる日。
    新年の季語。







☆つぶやき...
 ウミネコ(カモメじゃなかったのね!、とようやく気づく 笑)の整列と遭遇。
 人が通り過ぎても、近寄っても、動じないどころか、
 時折こちらを一瞥しながらひたすら気持ちよく風に吹かれている。
 ”わたしはわたし”を体現してくれているような姿に、我が身を振り返る午後。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 









 

mak5 at 20:06|PermalinkComments(0) 空もよう 

January 06, 2019


DSC_0026 2



寒の入りに

真冬の扉

大きく開く...

そよぐ風の

冷たさ

肌に

ぐっと染みこむ...

真冬本番

来りなば

春遠からじ、

きのうのぬくもり

記憶に

愛おしむ日。







*小寒:二十四節気のひとつ、寒の入りの日で寒さが本格化する頃。
    陰暦12月の節で冬至の後十五日、太陽暦で1月5日頃。冬の季語。







☆つぶやき...
 日食の時間の頭の上は曇り空。雲の上のその姿を想像しながらのんびり過ごす。
 外は体感で大寒(おおさむ)!の寒さのおかげでほぼ家籠り。
 昨年末以降で一番ゆっくり過ごすことができただろう、まさにマイペースの小寒。
 *写真は、冬麗のきのうの空。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 









 

mak5 at 19:44|PermalinkComments(0) 空もよう 

January 05, 2019


IMG_2763


うららかな

冬の陽差しが

降る真昼に

とことこと

ゆるやかな足取りで

散歩する...

気ままに

こころのままにの

速度で

寄り道しながら

冬散歩...

心も

穏やか

冬うらら...の日。






*冬麗:とうれい、ふゆうらら。冬の日光にてらされてうららかなこと。冬の季語。







☆つぶやき...
 友人とゆっくりとロングウォーキングしながらの鎌倉散歩。
 山と海両方の気の中で思い切り呼吸しながらきょうも幾つもの吉兆と遭遇したような一日。
 宿り木やアオサギ、冬木となっても神々しく黄金色に輝くイチョウの大木...。
 日々是ありがたい。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 









 

mak5 at 21:21|PermalinkComments(0) 心もよう