つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

January 13, 2019

IMG_2855



すっきりの

冬晴れに

きのうの

雪雨空

夢のよう...

現(うつつ)の

きょうの

快晴に、

冬の冷たさのみ

置き去りにされる日。







*冬旱:ひでりといえば夏だが、冬の日本の太平洋側は、一年のうちで雨量が
    最も少なくなり旱魃になりやすく野菜の生育に影響する。冬の季語。






☆つぶやき...
 お声がけいただいて、先延ばしにしていた科学館にでかける。
 陸海空の科学技術に目を輝かせてついつい入念に展示を観ながら、
 注目するのはやはり空、特に宇宙技術。わが国の衛星の美しさに目を奪われ、
 技術の進化に目を見張り、こども達の純粋な”おもしろがる力”にも囲まれ、
 思い切りリフレッシュするおとなの学習時間...、
 ソラコトにはいくつになってもワクワクが止まらない。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 21:29|PermalinkComments(0) 空もよう 

January 12, 2019


IMG_2854


窓を

開けた瞬間

冷たい空気

全力で

室内に

流れ込む...

雨も

雪に変わる

冷たさ

地上のおしゃべりも

包み込む...

街ゆく人の

ざわめきも

凍る寒さに

静まる日。








*寒声:かんごえ。寒中に喉を鍛えておくといい声が出るということで、
    寒さ厳しい折に、稽古ごとの世界では発声修行をする。冬の季語。






☆つぶやき...
 こころの片隅で雪を期待しながら、期待通りの寒さに負けた 笑。
 雪になりそうでならない時の関東のこの種の寒さにはまだまだ慣れない。
 雪の降る寒さは一瞬にして感受できるのに...一生雪国仕様の身体なのだろう 笑。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 












mak5 at 20:02|PermalinkComments(0) 空もよう 

January 11, 2019


IMG_2829


冬空に

浮かぶ

アイスクリスタルと

陽射し、

透明な

光どうしが

綾をなす...

彩雲という

名の

紅差して、

冷え切る

空も

ほのかに微笑む日。








*寒紅:寒中に造られた紅は品質が良く、美しいとされる。特に寒の丑の日のものは
    丑紅と言って最も上質とされた。また、寒中に女性がつける口紅のこと。冬の季語。







☆つぶやき...
 久しぶりに気象予報士仲間の講座を聴講する。
 こうしてたまに聴く側に徹することで、伝え手としていつの間にか偏向していた
 意識部分の調整になる。と、同時に、自らの伝え方の更新と反省にもなる。
 理想的には、相対する位置で調和している立ち位置で伝えることができている...
 次回の自身の講話の目標だわ。
 きょうご一緒した方々にも感謝、いいリフレッシュになりました。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 










 
 

mak5 at 20:57|PermalinkComments(0) 空もよう 

January 10, 2019

IMG_2801



高く広い

空の下

冬の空気に

触れながら

歩く...

高速道路の

喧騒も

空に還り

隠れた静かさ

地上に

姿

現す...

十日戎、

松の内の

残り香

大都会の中心に

いまだ残る日。






*十日戎:とおかえびす。正月10日に行われる初恵比須の祭り。兵庫県西宮神社、
     大阪今宮戎神社・京都建仁寺などのものが有名。新年の季語。








☆つぶやき...
混み合う電車内でみかけた外国人観光客のマナーをわきまえた行動に、清々しさを感じた。
 些細で自然であり、私的には当然であると思っているものでしたが。
 身についた習慣、相手を思いやる行動は個々人のものとはいえ、
 清々しいと言わしめるということは何をかいわんやで。
 電車内の茶飯事ともいえる出来事には色々と目が点になることが多いものですから...。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 










 

mak5 at 20:11|PermalinkComments(0) 空もよう 

January 09, 2019


IMG_2805



青が

青いほどに

澄む...

紅が

紅いほどに

強まる...

一点の曇りない

朝昼夜、

北風

和らぐ宵に

しんと

冷え込む...

”寒”一色に

染まる日。






*寒:寒中。寒の入(小寒の日)から立春の前日までの期間を言う。日本海側は雪、
   太平洋側は冬晴れの典型的な天気が続く時期。冬の季語。






☆つぶやき...
 人混みを避けたくて、近寄らなかった冬のセールを何歩も出遅れて覗いてみる。
 一瞬あれもこれもになるけれど、ふるいに掛けて残った欲しい物でも、やはり
 心の真ん中にヒットするものではない...。
 長年使えるクオリティーと測ったいまも手元にある物達への愛着が、
 また一段深まったようなセール散策。これも断捨離をし続けたおかげです 笑。








もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 









 



 

mak5 at 20:33|PermalinkComments(0) 空もよう