つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

September 15, 2018


IMG_9752



灰白色の

空と

薄透明な

雨粒

日々を

満たして

空気に



満ちる...

秋の気

満ちる

きょうに

夏の疲れ

大きく甘える日。







*秋曇:秋の曇り空のこと。秋の季語。




☆つぶやき...
 半ノックダウン、でほぼ横になって過ごす1日。
 ですが、しぶとい疲労感を押して散歩に出る...
 外の空気を吸って、回復が多少なりとも早まった気分...。気分も回復には大事 (笑)。







もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 









 

mak5 at 20:56|PermalinkComments(0)

September 14, 2018

IMG_9751


ほっと

ひと息つく、

この涼しさに...

ほっと

ひと息つく、

珈琲の温かさに...

ふわっと

息を抜く、

秋涼の日。







*秋涼:秋に入ってから感じる涼しさのこと。秋の季語。





☆つぶやき...
 縦横無尽といえるようなあらゆる方向に神経を使う...
 短時間の対話をいくつも重ねたあとの珈琲のなんて美味しいこと。
 濃い煎りだからこそ放たれる薫りと苦味...が疲れた思考にもしみる、効く。
 四方八方から飛んでくる球を遠慮なく打ち返す...対話
 という作業、仕事は私の至福である...と至福の珈琲を飲みながらしみじみ思う日。
 
 ご近所のスタバの壁面のこのデザイン...
 わが嗜好のストライクど真ん中と、今さらながら気づいたわ 笑)






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 











mak5 at 21:26|PermalinkComments(0) 心もよう 

September 13, 2018


IMG_9738


軽くなる

からだ

軽くなる分だけ

こころ

軽くなる...

やわらぐ

暑さ

和らぐ分だけ

こころ

やわらぐ...

待ち続けた

”涼”

1日という時間

包み込む...

からだとこころ

”あの猛暑”

遠くへと

忘れさる日。







*暮秋:ぼしゅう。9月の異称。秋の季語。





☆つぶやき...
 呼吸しやすい陽気が続いて、反動なのか一気に長かった猛暑の疲れが顔を出す。
 疲れを利用して体調を整える...さわやかな季節をより元気に迎えるために...ね。









もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 










mak5 at 21:32|PermalinkComments(0) 空もよう 

September 12, 2018

IMG_9681



昼にも

涼を

運ぶ風

時に

顔を出す

陽射しも

和らげる...

朝夕の

涼は

薄い上着

纏わせる...

いつの間にかの

秋めく...の感、

身も心も

軽く

外に誘う日。







*秋ともし:秋の夜に灯す明りのこと。長い夜を明りのもとで静かに味わい、
      語らい、書に親しむ。夜学や夜業のための明りでもある。秋の季語。







☆つぶやき...
 美味しい食事と思い切りのお喋りと笑いで満たされるひとときを過ごす。
 少しだけ昔の仲間との再会は、それぞれ異なる場所で時間を流している今であっても
 当時の雰囲気のままで溶け合う。仕事では各々角の集中を要しそれをこなす強さと、
 それぞれの性格の中にある適当さ。それぞれの加減が適度に混合しあってできる
 独特の賑やかさは今も変わらない。元気を取り戻す外柔内剛的な仲間と過ごす宵。





もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 








mak5 at 23:30|PermalinkComments(0) 空もよう 

September 11, 2018

IMG_9727


白と灰色の

雲の下で

流れる

昼の時間

ゆるやか...

肌に

さわる風

涼しい

朝夕の時間

ゆるやか...

残暑の

記憶さえ

すでに遠のく

曇り空・・・

二百二十日も

穏やかに

流れる日。









*二百二十日:立春から数えて220日目にあたる日。9月11日頃。二百十日とともに
       台風が来襲する厄日とされる。雑節の一つ。秋の季語。








☆つぶやき...
 つまるところ、全ては自分自身で理解済みの上で人生で起こるあれこれを自ら選択している。
 5年前のちょうど今頃に試みた色彩を使った自己セラピーの結果からの気づき。
 無意識なようでいて、意識的にその道を歩いていたことの再発見はちょっとした驚き。
 能動的にも受動的にも大小の驚きが続くこの頃だけれど、驚くことはこの世に
 何一つないのかもしれない...とも思える、本日の小さいけれど大きな再発見でした。






もみじ毎日の天気予報・つぶやき・空フォトは

こちらへ → fb 毎日更新 










mak5 at 21:46|PermalinkComments(0) 空もよう