つれづれなるままに・・・meteorologist, announcer, narrator, writer : miura mayumi Officical blog.

April 27, 2017

曇り空から抜け出すと…


IMG_2800

うららかな陽射しに

誰しもが誘われ、日向も木陰も賑わう…

IMG_2802



IMG_2793


IMG_2794


IMG_2790


IMG_2821

花も人も、華やぐ、春初夏日和。

サングラスが必要だわ。。。。




mak5 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心もよう | 
IMG_2814



ほんのり青い苦味が練りこまれた思っ切りのいい甘さ。

ズッキーニブレッドの甘ほろ苦さが

時差ぼけと、まだ芳しくない体調に効く・・・



IMG_2817


なによりも


IMG_2820


馴染む、ほっとする…

時空間が薬になる。。。


at Bakeri, Greenpoint.








mak5 at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心もよう | 

April 26, 2017



溶け込んでいる私がいる。

好きだわ…このカフェ。。。

Highline Hotel bar.

FullSizeRender



寒冷前線通過の強風と雨のあと。

桜流しの雨で

色は薄れても花は残る、空気の冷たさは残る。。。

ここも変わらず好みだわ。

Anthropologyのインテリア、雑貨コレクションでホッと和む時間。

FullSizeRender



IMG_1789



FullSizeRender



IMG_2772



寛ぐこと。。。足りていないらしい…。


嵐過ぎ去り思うこと。




☆同名もしくはほぼ同名の人達と知り合う確率が高い。
そんなに高順位に並ぶ名前ではないはずだが。
ニューヨークで知り合ったほぼ同名の新しい友人に付き合ってもらい、今回初の買い物。
在米邦人であり、主要スタッフとして、老舗ブランドで活躍する彼女。
お陰様で信頼できる商品の買い替えのチャンスにもなりました。御縁に感謝です。







mak5 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心もよう | 

April 25, 2017

image

博物館という空間が好きです。

その国のnative, aboriginalの歴史を語るといえばなおさら
体験せずにはいられない。


IMG_2747



国という概念がない、

その時代から足元にある大地と自然とともに生きて来た

少数民族と呼ばれる、南北アメリカの

インディアン、イヌイットら。

長らく北米や日本国内で、

その歴史、文化、芸術に、

機会を与えられるごとに触れてきました。

今日、やっと門をくぐることが出来た

幾度も素通りしてしまっていたNational Museum of the American Indian。



特別展示は、NativeFashion Now と題した服飾の展示。

失せ切っていたおしゃれへの興味が最近やっと戻りつつあるいま。

ヒントがあるのかな...とどことなく心踊らせ展示室に入ります。


IMG_2757


『..…ファッションは、文化を語る言葉である。…』



IMG_2755 IMG_2756






















脈々と血の中に流れている彼らの

独自の文化を現代に

滑らかに織り込ませた、

今の世代のデザイナー達のセンスは清々しい。

名だたるコレクションのランウェイでも

自然界の風を吹かせていただろう印象です。


IMG_2754



このドレスは好きだわ。。。




常設展では、それぞれの民族の衣食住についての展示が
日常を概観できるようなコンパクトさで空間を彩ります。


これはバイオリン。

『....音(をかなでるもの)はコミュニケーションを支えるもの…』

IMG_2759



カラフルなバイオリンで交わされる会話は、
より相手に伝わる音の波に溢れていたのではないのでしょうか。。。



予報はあすも雨。

博物館を満たす、惹かれ続けているこの氣に

洗われたあとにみる、慈雨に濡れた緑は一段と瑞々しい。

数多存在する少数民族の中でとりわけ惹かれる

イヌイット、アイヌ民族への思いも一段洗われ顕になる。。。


曇りのち雨、旅3日目です。。




☆異なる民族の間に微差で重なる類似性。似ていないようで似ているそれぞれの文化の細部。
境界線は不明瞭であるものの、根底に流れているただ一つのことは共通している確かに。
上下左右なく、己らの存在は自然界の一部であり、それに寛ぎながら生きていたこと。
自然体の人生、が確かにそこにありました。

mak5 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心もよう | 
image

惹かれる、気になる、知ろうとする

何度でも。。


... イヌイットとアイヌ民族に

惹かれるのよね。


何故だろう。


そこにある、ずっとある、私の中にある

叡智や文化.....を想う時間。




At National Museum of the American Indian.


mak5 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  | 心もよう